事故と精神分析

1、はじめに

みなさん、こんにちは。月刊 精神分析 編集部Aです。今回のテーマは、2010年11月の特集「事故と精神分析」と2011年06月の特集「事故と精神分析2」に続いて、1年ぶり&半年ぶりに「事故と精神分析3」です。

精神分析を語る上で、自身の事故体験が半年に一度続くのは、好ましい事ではないのですが、偶然にしては気味の悪い事故を体験しましたので、惟能創理先生の分析を解説します。

ここ数ヶ月、月刊精神分析シリーズは、私、編集部Aの自己分析シリーズが続いています。読み物としては、色々な症例を紹介した方が面白いのですが、精神分析の性格上、その症例の殆どは一個人の心の病に根ざしたものであり、公にする事が難しいのが実情です。一部、精神分析家の先生とクライアントの間で了解を得て掲載しているものもありますが、それは、ほんの一部に過ぎません。そう言う事情もあって、最近は編集部A自身の病歴や事故歴や育った家庭環境など公にできる範囲で記事にしている次第です。

平成23年11月30日 月刊 精神分析 編集部A

△TOP

2、登場人物プロフィール

惟能創理(いのうそうり)
日本初のインテグレーター(精神分析家)
編集部Aのスーパーバイザー 。

1951(S.26)年 埼玉県熊谷市に生まれる
1992(H.04)年 大沢精神科学研究所設立
1992(H.04)年 道越羅漢(みちおらかん)となのる
2008(H.20)年 LAKAN精神科学研究所に名称を改める
2008(H.20)年 惟能創理(いのうそうり)に改名する
著書紹介:
月刊精神分析 2009年01月号 運命は名前で決まる
月刊精神分析 2010年01月号 心的遺伝子論 産み分け法

-------------------------------------------------------------------------------
迎意愛近影

迎意愛(むかいあい)
精神分析家。シニフィアン研究所(埼玉県上尾市)主宰。1954年和歌山県生まれ
連絡先:signifiant1@gmail.com




-------------------------------------------------------------------------------
安情共恵近影

安情共恵(あんじょうともえ)
精神分析家。ラカン精神科学研究所(滋賀県大津市)主宰。1958(S.33)年4月22日生まれ。
出身:滋賀県大津市。二女の母。
神戸親和女子大学児童教育学科(兵庫県神戸市)卒業。
会社勤務の後、結婚し専業主婦になる。
二女の子育てに悩み惟能創理先生の精神分析治療を受ける。
インテグレーター(精神分析家)養成講座を受講の後、独立開業。
現在、新進気鋭の分析家として、引きこもり不登校の子供を持つ母親を全力で支援している。
同研究所は「京都府ひきこもり支援情報ポータルサイト」の支援団体として登録。
メルマガ発行:子育てメールマガジン 育児法 引きこもり 家庭内暴力 非行 不登校
連絡先:lacan.msl@gmail.com
QR-CD






-------------------------------------------------------------------------------

編集部A(へんしゅうぶえー)
月刊精神分析(げっかんせいしんぶんせき)編集部員。
ラカン精神科学研究所福岡支所
1963(S.38)年3月12日生まれ
出身:福岡県福岡市。
コンピューター会社のシステムエンジニア。食品工場の生産管理業務に従事。
飲食店の経営、飲食店の営業職、旅客運送乗務員を経た後、月刊精神分析編集部。
宗教色の強い家庭に生まれ育つ。
二十代の頃、原因不明の疾病に苦しむが転地療法にて完治した経験から、心の作用に興味を持つ。
ひょんな切っ掛けから「精神分析」の世界を知り、約三年半色々な書籍を読み漁る。

現在「月刊精神分析」の編集に関わりながら、惟能創理先生のセラピーとインテグレーター養成講座を受けている。

性格分析:自己分析、コンピューターのSE(システムエンジニア)をしてきただけあって、緻密な作業ができるA型(血液型)人間である。自分の部屋はちらかっていても許されるのだが、漫画本の1巻から・・はきちんと順番通り並んでいないと気が済まない。物事は手順を考えて、1から順番に進めていく。よって「適当にやってみて駄目でした」という事は出来ない人で、やるからには成果が出ないとかっこ悪いと感じ、失敗を恐れるタイプである。
連絡先:lacan.fukuoka@gmail.com

△TOP

3、不穏な動き

一ヶ月前から右手の親指の先が硬くなって、皮膚が白く浮き上がりめくれている。末端が縦にヒビ割れした。敏感な指先だけにピリピリする。指先だけ「尋常性乾癬(じんじょうせんかんせん)」に罹ったのか?と思ったが、とりあえず、指先にソンバーユ(薬師堂)を塗り、出勤時には絆創膏(リバテープ)をはってごまかす。

参考サイト:月刊 精神分析 2010年12月号 皮膚と自我

親指はカッターシャツのボタンを締めたり、買い物の時のお釣りのやり取りなど細かな作業をするのに使う指だし、強く押す時に使用したりする。通称「お父さん指」である。父を意味する指に異常が発生している。

これも自分に内在したコンプレックス(複合観念体)が何かを訴え「身体化」しているのだろうか?と薄らぼんやり考えながら日々の生活を送っていた。


ちなみに「Wikipedia」には以下の呼称が掲載してある。

以下引用
-------------------------------------------------------
標準呼称        幼児語
親指(おやゆび)    お父さん指(おとうさんゆび)
人差し指(ひとさしゆび)お母さん指(おかあさんゆび)
中指(なかゆび)    お兄さん指(おにいさんゆび)
薬指(くすりゆび)   お姉さん指(おねえさんゆび)
小指(こゆび)     赤ちゃん指(あかちゃんゆび)
-------------------------------------------------------
以上引用

そうこうしていると、数日後、近くのスーパーマーケットで実父にあってしまった。何分、疎遠な実父との予期せぬ遭遇なのだから、何を話したのか覚えていない。何を話しかけられても目線を合わす事もない。事実上、祖母から実父への支配権の移譲により、今現在も、私の主体を奪い続けている実父がそこにいた。・・ただそれだけの事・・にしたかった、のだが、私に内在するコンプレックス(複合観念体)は思いっきり刺激を受けたようだ。

さて、事件(事故)は数日の後に起きる。

お客様をお迎えに行った際の出来事である。

マンションの前に車両を停車していると、マンションの住人が帰宅したらしい。「車両を移動させろ!」とばかりにクラクションを鳴らされる。神妙な顔でさっさと車両を前方に移動させた。

先ほど、クラクションを鳴らした中年の男性・・今度はマンションの隣のコンビニの商材宅配車両(歩道に乗りあげて停めている)の運転者側のドアを開け、けたたましく宅配車両のクラクションを鳴らしている。宅配車両のドライバーは商材の搬入の為か不在である。

マンションの住人の中年の男性は「コンビニの商材宅配車両」が邪魔でドライバーに文句を言いたいのだろう。なんとも、無敵の所業である。マンションの住人であるから、あたかも生活圏を犯された様に、接する人々にクラクションを鳴らしまくるのだろうが・・小心者の私にはとてもできない事で、ある種、感心しながら中年男性の行動を目で追っていた。

そうこうしている内に、宅配ドライバーが戻ってきた。中年男性もひと通り文句を言って気がすんだのだろう、宅配車両が歩道から車道にでてきた。

今度は、私の車両が、宅配ドライバーの邪魔になっている。さっきは前進、今度は後退してスペースを開けようとした・・その時。

「あっ」何かが車両の後部バンパーに接触した。後方に金属製の車止めがあったのは意識していたのだが、前進、後退するうちに目測が狂ってしまったのだ。

はい。自分の不注意で後退による自損事故一件が発生した。もう、何を思っても後の祭り。別にバンパーが凹んだわけでもなく、角の塗装が少し剥げただけなのだが、事故報告書類は記入して、会社幹部の承認判子をもらってまわらなくてはならない。

思いっきり精神的ショックを受ける。これも、自分の内在化してるコンプレックスが何か悪さをしているのだろうか?「これは、近々、惟能先生のセラピーを受けて報告した方がいいのではないだろうか?」等と考えていた。

一旦、ズレた歯車は更に狂いだす。

その翌々日の事。

先の事故の報告書を記入してグループ長を一緒に、会社の幹部の方々に深々と頭をさげ事故報告をしてまわり、更に、後進技術講習会の参加を命じられる。

後進技術講習会とは、自動車学校に自分の休日に出向き、朝から夕方まで丸一日、後進の技術向上を目的に、様々に課題を設定され、みっちり鍛えられる講習会である。

事故を起こした事だけで、ショックを受けているのにもかかわらず、これから更に少ない休日をやりくりして講習会に参加しなくてはならない。身から出たサビとは言え、ダブルショックである。

気を取り直して通常業務に戻った矢先に第二の事件(事故)は起きた。

都市中心部から数キロ離れたマンションにお客様をお迎えに行った。

年配の方をお乗せして都市中心部の歓楽街に向かった。年配のお客様は後部座席で携帯電話でずっと他者と話をされている。

事故がおこる時は、夕方が多いという。

事件(事故)現場は、橋のたもと。緩やかな上り勾配。前方に信号がある為に、全車が少し進んでは停止、少し進んでは停止を繰り返した。車線の右側は緩やかに流れている。いつもは追突する事など有り得ないのだが、前者にぶつかってしまった。バンパーにうっすら跡が残る程度だが、確かに私が運転する車両が全車を数十センチ押し出してしまった。
詳細は省略するが・・・

前者の運転者は、腰が痛いが、仕事で行かなくてはいかないところがあるので、救急車は呼ばないでくれ。早く警察を呼んで事故処理をしてくれとの事だった。

前車のバンパーも凹んだわけでなく、うっすら衝突した痕跡が残っている程度だった。

さて、ここで、私は固まった。

事故の加害者(私)と事故の被害者(相手)の連絡先を免許証で確認した。相手の免許証をみると誕生日の月日が私の父親と一緒であった。それから、前回事故を起こした時のセラピーで惟能先生は被害者の年齢も聞いてこられたので、相手の生年月日をメモした。

△TOP

4、事故の意味

私の身に次々と起こる不可思議な事。

このまま、今のままで仕事を続けていて大丈夫か?昔の人なら「お祓い」に行くのだろうが・・私は意味不明の宗教行事を行おうとは思わない。

惟能先生に時間をとってもらって急遽電話セラピーをお願いしようとしたのだが、先生は多忙で、なかなか即、電話セラピーも受け付けてもらえない。

まず、無意識の言語化が大切だと思い、日頃から連絡をとっている精神分析家の方々からご意見を頂戴した。シニフィアン研究所の迎意愛先生。ラカン精神科学研究所の安情共恵先生等。

後日、電話セラピーを受ける事ができた。

惟能先生事の次第を説明し「被害者の誕生月日が、私の父を一緒だった事」を伝えた。

すると先生は「被害者の年齢」を問うた。

私が「29歳です」と答えると、先生は「Aさん、貴方はその年令の時、何をしていましたか?」と問うてきた。

「あぁ、その歳は私が結婚した年齢です」と答えた。

ここで半年前の事故と先生のセラピーを思い出した。

参考サイト:月刊 精神分析 2011年06月号 事故と精神分析2 事故の意味

以下引用
---------------------------------------------------
私「私は29歳で結婚しましたから丁度、結婚生活を送っている最中ですね。ただ結婚生活は5年で終わりましたけどね。今から思えば、実家の宗教に反撥して、宗教に迎合しそうもない女性と結婚しただけでしたので、殆ど偽装結婚の様なものでした。そうそう、当然、宗教中心主義の実家には反対される結婚でしたので、家には内緒で結婚しました。当時、実父は私にこう言いました。「裏切られた様だ」と。それをきいた私は心の中でこう言い返しました。『不可能を可能にする宗教』『一家和楽の宗教』等々・・と散々私を裏切り続けたのは貴方達ではないか!と・・・。」

先生曰く「それだ!正しく(まさしく)『裏切り』です。」
---------------------------------------------------
以上引用

先生「それだ!今回の事故は、あなたのコンプレックス(複合観念体)が、父と一体感を求めた上の事故です。被害者の方が、あなたのお父さんと一緒の誕生日なのは、言わなくてもわかりますよね。そして、被害者の年齢が29歳なのは、貴方が父へのコンプレックスを抱いた、あの日、貴方が29歳の時に戻るという事です。

子供が父に対して抱くコンプレックスを固有の呼び方で「エディプス・コンプレックス」と言います。

詳しくは、↑をクリックして内容をみてみて下さい。父親と息子の関係は、複雑な関係であります。

今、冷静になって昨今の自分の動きを顧みると、時折、無意識に支配されてしまった様な気がします。無意識は、意識にチェックされないように、巧妙に巧妙に動きます。さすがに自分の無意識ですから、無意識も自分をよくわかっています。自分の無意識は、自分の意識からチェックされないように本当に巧妙に動きます。

映画「オーメン」で、サタンが事故を装って、サタンにとっての邪魔者を抹殺していくさまの様に。

△TOP

5、対策

さて、これ以上、自分の無意識に自分が翻弄されない為にはどうしたらいいのか?

ここしばらく、セラピーを受けていたり、精神分析に関わっている私にはその答えはわかっている。

言語化。

言語化による無意識の意識化。これしかない。

これまでの私の体験でわかっている事がある。

人は社会的立場で生活を送っている。その時々の立場を意識して言葉を発し、歩を進めている。人は基本「意識」の上で生活をしている。

ところが、常に、この「意識」で人が動いていれば問題ないのかもしれないのだが、時折、この「意識」が希薄になる時がある。

就寝中。
寝ぼけている時。
慌てている時。
パニックになった時。
飲酒している時。
体調の悪い時。
激昂(興奮)しかっとなっている時。

言い方を変えれば「正気を失っている時」・・それが、人が無意識に支配される時なのであろう。

犯罪者は言う。

「魔が差した。」

私が思うには「魔が差した」・・それが、人が無意識に支配された瞬間なのだ。と。

となると・・・。

無意識に支配されない為に。

攻め:常に自分の無意識を意識化(言語化)して、自分が無意識に翻弄されないよう意識する。

守り:常に平常心を持つ。慌てない。体調管理をする。「常に平常心、平常心」と唱える。

・・・を心がけるしかない。

△TOP

6、その後の鹿沼クレーン事故

みなさんは、栃木県鹿沼市で起きた「鹿沼クレーン事故」をご存知でしょうか?
事故は、2011年04月18日に起きました。

以下ニュースの引用
----------------------------------------------------------
栃木・鹿沼市のクレーン車事故、死者6人に 病院搬送の男児も犠牲
2011/4/18 16:53
 栃木県鹿沼市の国道でクレーン車が小学生の列に突っ込み児童5人が死亡した事故で、病院に運ばれ手当てを受けていた市立北押原小6年熊野愛斗君(11)が18日午後、死亡した。死者は6人になった。

 鹿沼署は、自動車運転過失傷害の疑いで現行犯逮捕した同県日光市大沢町、運転手柴田将人容疑者(26)の容疑を同過失致死に切り替え、事故原因を調べている。

 同署によると、事故は18日午前7時40分ごろ発生。鹿沼市樅山町の国道293号で12トンのクレーン車がセンターラインを越えて歩道(幅約5メートル)に入り、十数人の列の真ん中あたりに突っ込んだ。死亡した6人ははねられたり、クレーン車の下敷きになったりした。

 熊野君は腰の骨を折って同県壬生町の独協医大病院にドクターヘリで運ばれたが、同日午後2時ごろ出血性ショックで死亡した。〔共同〕
----------------------------------------------------------
以上がニュースの速報です。

秋葉原無差別殺傷事件の死亡者が7名。こちらの被害者は幼い小学生ばかり6名。
この事故が報道された直後、事故原因は運転者の居眠りか?酒酔いか?とされていた。

このニュースについて、惟能先生は「多分、加害者の無意識に"小学生への復讐"があった筈」と言われていて、私は「そうかなぁ」と半信半疑であたのですが、以下のニュースの続報を知って驚きました。

以下ニュースの続報の引用
----------------------------------------------------------
【栃木・鹿沼市クレーン車児童6人死亡事故】

栃木・鹿沼市児童6人死亡事故3年前の事故後に「てんかんの持病」と母親が勤務先に説明
フジテレビ系(FNN)4月21日(木)6時38分配信

栃木・鹿沼市でクレーン車が歩道に突っ込み児童6人が死亡した事故で、逮捕された運転手の男が、3年前に同様の事故を起こしたあと、母親が「てんかんの持病があった」などと、勤務先に説明していたことがわかった。

柴田容疑者が勤務していた会社社長は「本人が事故を起こして、お母さんと一緒に来まして。こういうわけなんだっていう病気がわかったので、これはもう(仕事を)辞めて当然かと思いました。(その病気はてんかん?)そうです。聞いてはいなかったですね」と話した。

柴田将人容疑者(26)は、今回の事故の3年前の2008年にも、鹿沼市の国道交差点で、登校中の当時小学5年だった男子児童をはね、重傷を負わせる事故を起こしていたことが、すでに明らかになっている。
----------------------------------------------------------
以上ニュースの続報の引用

事故の加害者は、3年前にも小学生を被害者にした事故を起こしていたのでした。さらに、事故原因は居眠りではなく「てんかんの発作」と言う事もわかり、意識のない、無意識に支配された状態での事故という事もわかりました。


つい一週間前には下記のニュースが報道されていました。

以下ニュースの引用
----------------------------------------------------------
鹿沼クレーン事故7年求刑 遺族ら厳罰化求め活動 栃木

産経新聞 11月23日(水)7時55分配信

最高刑も「納得できぬ」

 児童6人の命が奪われた鹿沼市樅山町のクレーン車事故。宇都宮地裁(佐藤正信裁判長)で22日に開かれた元クレーン車運転手の柴田将人被告(26)=自動車運転過失致死罪=の裁判は検察側が懲役7年を求刑し、結審した。ただ、遺族の悲しみは癒えないまま。今後、厳罰化に向けた活動を始めるという。

「納得していないが、現行法ではこれが最高なので...」

 検察は最高の7年を求刑したが、熊野愛斗君=当時(11)=を亡くした父親の正則さん(42)は公判後の記者会見で、やりきれない思いを吐露した。

 遺族らは今後、最高でも懲役7年という現行法の厳罰化だけでなく、今回の事故では適用が見送られた危険運転致死罪の適用拡大などに向け、署名活動を進めることにしている。

 遺族にとって、「6人の命を奪っておいて最高でも7年の罪しか問えないのがおかしい」との思いが根強い。それだけに、この日の法廷に立った遺族が口にした子供たちの思い出には、深い悲しみがにじんだ。

 関口美花ちゃん=当時(9)=は綺麗なウエディングドレスをまとった花嫁さんを夢みていた。しかし、事故のあった4月18日の朝、一瞬にしてかなわぬ夢となった。

 「みんなに祝福されて着ることを夢見ていたのに、悲しみの涙に包まれることを美花は望んでいたでしょうか...」。美花ちゃんの母親の博子さん(35)は冷たくなった美花ちゃんに真っ白なウエディングドレスを着せた日のことを口にすると、手に持っていた意見陳述書を小刻みに振るわせた。

 伊原大芽君=当時(9)=の父親、高弘さん(40)は、「大芽との思い出、ずっと忘れないよ。ずっと大芽のお姉ちゃんだからね。だからずっと弟でいてね。大芽の分も2倍生きるね」という大芽君の姉(12)が大芽君に宛てた手紙を朗読した。

 柴田被告はその間、終始うつむいたまま。遺族からは「反省しているように思えない」との声が漏れた。
----------------------------------------------------------
以上ニュースの引用

事故とは家、幼い6名の命を奪って「懲役7年」名では、事故の被害者遺族にとっては、絶対受け入れがたいという事なのでしょう。

精神分析的視点でこの事件をみると、発作が起きる事によって、無意識に支配された事故加害者は、コンプレックス(複合観念体)に導かれ、小学生に向かって行ったという事になる。

これは、私の想像の域をでないが、多分、事故加害者は「小学生時代」に拭い切れないコンプレックスを無意識に刷り込んでしまったか、「小学生」を対象としたトラウマを持っていたにに違いない。

この事件加害者は、そう言った意味の、無意識(複合観念体)を持ち続けている限り、同様な事件や事故を繰り返す筈。

この事件加害者が自己の内面を見つめ、無意識を意識化してコンプレックス(複合観念体)を解消するしかない。

△TOP

7、不幸の連鎖

前回の月刊 精神分析 2011年06月号 事故と精神分析2 事故の意味でも、不幸の連鎖についての話もでました。

実は、私の実父も、コンプレックスから人身事故を起こしたのです。

私の実父は、無意識でわかっていたのか?これ以上、ハンドルを握り続けるとまた事故を起こすと予測した為か?私が小学生の時に事故を起こしてから、二度と車の運転をする事はありあませんでした。

もちろん、免許をとらず、車を所有せず、運転もしなければ事故を起こす事はなかったのですが、実父に内在化するコンプレックス(複合観念体)が解消されたわけではないので、我が実家の中の歪な形は継続し、その中で家族が生活し、また子供達は新たなコンプレックス(複合観念体)を内在化させるわけです。

実は、祖母、実父、実母、私、弟、妹の6人家族で、運転免許を有しているのは私だけで、この車社会において生活しておきながら、甚だ車社会とは距離をとっている家庭でした。

今にして思えば、車・・交通事故と言う巧妙な手段で、内在化したコンプレックス(複合観念体)が現象化してしまうと、とんでもない事がおきるとわかったいたので、車とは縁遠い家になってしまったのかもしれません。

車の様な利便性の高い利器を使って仕事をする事は、裏腹に大きなリスクを抱える事でもあります。常に平常心で、コンプレックスに操られる事が無いようにしなければ、とんでもない事が起きてしまいます。

惟能先生曰く「Aさんは、精神分析の知識を持って、セラピーを受けられているので、これくらいの軽い事故で済んでいますが、通常は、もっと大きな事故になるケースも十分考えられます」との事。

現実に、車が原型を留めない様になっている交通事故の現場をみかける事があります。「運転していた人や同乗者は大丈夫か?」と心配する様な事も珍しい事ではありません。

そう考えると、無意識(複合観念体)が巻き起こす事故の恐ろしさをまざまざと感じます。

人はいつも平常心ではないのです。今、ハンドルを握っている瞬間。無意識に操られている人は沢山いると思います。

常に平常心で、無意識が付け込む隙を作らないようにしなければならない。

△TOP

8、まとめ

惟能先生は、既刊で「運命は名前で決まる」と「心的遺伝子論 産み分け法」の2冊の著書を出版されている。Amazonで購入できる本ではないので、所謂、自費出版である。

現在、「事故と精神分析」(仮名)と言う3冊目の本を執筆されている途中だそうだ。彼が「事故」を精神分析を語る上でのテーマとして取り上げているのは「事故を装って現象化する人に内在化するコンプレックス」が大変興味深いに違いない。

事故の被害者、加害者となれば、「興味ふかい」というレベルで事が終わらないので大変なのだが、意識的には避けたい「事故」を起こすのはなぜか?どうして「事故」が起こるのか?惟能先生はわかりやすく執筆されるに違いない。

多分、私のこの一年間の間に体験した事故も事例として紹介されるのであろう。

もちろん、私としては、これ以上、事故の加害者にも被害者にもなりたくない。

全力で、日々、無意識に翻弄されず、常に「平常心」をモットーに、日々過ごしていきたいと念願する次第である。

平成23年11月30日 月刊 精神分析 編集部A

感想メールはlacan.fukuoka@gmail.comでお待ちしています。

△TOP

Webマガジン月刊精神分析&分析家ネットワーク



より大きな地図で インテグレーターマップ を表示

 精神分析(セラピー)を受け、インテグレーター(精神分析家)を目指し理論を学んだ人たちが、東北・関東・関西を中心に実際にインテグレーターとして活動しています。  夏には、那須で恒例の「分析サミット」が開かれ、症例報告・研究などの研修会も行っています。  私たちインテグレーターを紹介します。(敬称略)  メールに関して、☆を@に変換したメールアドレスにメール送信願います(スパムメール対策)

△TOP

Copyright (C)事故と精神分析2 All rights reserved.
Powered by Movable Type 4.21-ja