しくじり警視 天野栄一 福岡県警察タイトル画像

1、はじめに

みなさん、こんにちは、福岡県民太郎です。

img02.jpg

2016年平成28年03月29日夜、帰宅してパソコンを立ち上げ、いつもの様にヤフーでニュースチェックをしていた時の事。「元警察署長 ひき逃げ容疑で書類送検と処分へ」の見出しが目に入りびっくり!どこの警察の不祥事かと思い記事に目を通すと地元の福岡県警察で、ひき逃げしたのは、なんと先月まで糟屋警察署々長だった天野栄一との事。エープリルフールンには早いんですけど・・・・と、疑心暗鬼で記事に目を通した。

朝日新聞デジタル 3月29日(火)12時35分配信

福岡県警の天本栄一・前粕屋署長(60)=警視=が今月、福岡市内で乗用車を運転中にひき逃げ事件を起こしていたことが分かった。県警は29日、道交法違反(ひき逃げ)などの疑いで前署長を書類送検し、戒告の懲戒処分にした。

「突然の事故で気が動転してしまった」と供述しているという。県警は「私的な事案」などとして前署長の氏名を公表しなかった。

前署長は高速隊長など交通部門の幹部を歴任。2月まで粕屋署長だった。今月末で定年退職予定で、辞職は申し出ていない。

監察官室によると、前署長は03月22日午後05時50分ごろ、福岡市南区向野2丁目の市道交差点で乗用車を運転し、自転車と接触。自転車の男子高校生 (18)を転倒させ、手に1週間のけがを負わせたのに、救護や通報をせずに逃げた疑いがある。この日は休暇で、私用で外出していた。

前署長はいったん帰宅したが、タイヤがパンクしていたことなどから「重大な事故ではないか」と思い、事故の約20分後に自転車で現場に戻った。その後、目撃者の110番通報で到着した警察官に事故の当事者だと伝えたという。

県警の調べに「高校生が『大丈夫です』と言ったので安心し、届け出るまでもないと思った」と供述。道交法は、事故を起こした時は、けがの有無にかかわらず警察に報告しなければならないと定めている。県警は「逃走や証拠隠滅の意図はない」として逮捕はしていない。

△TOP

2、元警察署長のひき逃げ事故現場

テレビのニュース報道の動画をみたら事故現場もすぐにわかった。福岡市南区向野と言ってもピンと来ない人が多いかと思いますが、タモリを生んだ福岡県立筑紫丘高校と福田学園に挟まれた市道。筑紫丘トンネルの脇の側道を登ったところだ。道の右も左も自転車通学をする高校生のメッカ、それも片側1車線で、そもそも、鼻っからスピードを出す道ではない。「マナーの悪い自転車が脇から急に飛び出してくるかもしれない」と警戒しながら通行するのが当たり前の道。ね!所轄の南署の交通課のみなさん。僕の言っている事は正解ですよね。

img03.jpg写真は、南警察署を背にして、学校下(向野1丁目)交差点を野間方面に向かう。正面が筑紫丘トンネル入り口。向かって右が福田学園。左が福岡県立筑紫丘高校と言う位置関係になる。

img04.jpg天野栄一容疑者は、トンネルの一方通行の側道を登ったところで事故を起こしている。坂道を登ったところは交差点になっており、特に右からは自転車が出て来る可能性が高い。車線は1車線しかなく、そもそもスピードを出す場所ではない。

img05.jpg

警視は右折してきた自転車の高校生と衝突し、転倒させましたが救護などをすることなくそのまま走り去ったということです。

img06.jpg


△TOP