決着をつける

1、はじめに

みなさん、こんにちは。月刊 精神分析 編集部Aです。今回のテーマは「決着(けり)をつける」です。

ここ数ヶ月、月刊精神分析シリーズは、私、編集部Aの自己分析シリーズが続いています。読み物としては、色々な症例を紹介した方が面白いのですが、精神分析の性格上、その症例の殆どは一個人の心の病に根ざしたものであり、公にする事が難しいのが実情です。一部、精神分析家の先生とクライアントの間で了解を得て掲載しているものもありますが、それは、ほんの一部に過ぎません。そう言う事情もあって、最近は編集部A自身の病歴や事故歴や育った家庭環境など公にできる範囲で記事にしている次第です。

今月号は私が受けた精神分析(セラピー)の中でてきた「決着(けり)をつける」がテーマです。

平成23年08月31日 月刊 精神分析 編集部A

△TOP

2、登場人物プロフィール

惟能創理(いのうそうり)
日本初のインテグレーター(精神分析家)
編集部Aのスーパーバイザー 。

1951(S.26)年 埼玉県熊谷市に生まれる
1992(H.04)年 大沢精神科学研究所設立
1992(H.04)年 道越羅漢(みちおらかん)となのる
2008(H.20)年 研究所の名称を「LAKAN精神科学研究所」に名称を改める
2008(H.20)年 分析者名を惟能創理(いのうそうり)に改名する

著書紹介:
月刊精神分析 2009年01月号 運命は名前で決まる
月刊精神分析 2010年01月号 心的遺伝子論 産み分け法

-------------------------------------------------------------------------------

編集部A(へんしゅうぶえー)
月刊精神分析(げっかんせいしんぶんせき)編集部員。
ラカン精神科学研究所福岡支所
1963(S.38)年3月12日生まれ
出身:福岡県福岡市。
コンピューター会社のシステムエンジニア。食品工場の生産管理業務に従事。
飲食店の経営、飲食店の営業職、旅客運送乗務員を経た後、月刊精神分析編集部。
宗教色の強い家庭に生まれ育つ。
二十代の頃、原因不明の疾病に苦しむが転地療法にて完治した経験から、心の作用に興味を持つ。
ひょんな切っ掛けから「精神分析」の世界を知り、約三年半色々な書籍を読み漁る。

現在「月刊精神分析」の編集に関わりながら、惟能創理先生のセラピーとインテグレーター養成講座を受けている。
連絡先:lacan.fukuoka@gmail.com

△TOP

3、決着(けり)を付けるとは?

本題に入る前に、この時の自分の精神状態を報告しておきますと、久しぶりに、唇の周りや鼻の周りに炎症が起こって赤く腫れ、ヒリヒリしていました。私の場合、何かしら無意識が刺激されると皮膚が反応してしまう様です。

精神分析の世界では「皮膚=自我」といいます。

興味のある方はこちらを参照下さい。

月刊精神分析バックナンバー 2010年12月号 特集:皮膚と自我

炎症が起こった後は、キリンの体の模様の様に皮膚が荒れ、ポロポロと剥けます。最近は私も心得たもので、なるべくダメージが少なくなるようにスキンケアに「馬油」を塗っています。顔の皮膚の様なところにも刺激が少なく、すぐに肌に馴染むの重宝します。^^

さて、今月のテーマは「決着をつける」です。

語源由来辞典にはこうあります。
-------------------------------------------------------------------------------------------------
けりをつける
【意味】 けりをつけるとは、決着が容易でなかった物事に結論を出して終わりにする。ケリをつける。

【けりをつけるの語源・由来】
和歌や俳句などの古典文章で、助動詞「~けり」を付けて終わるものが多いことから、結末を迎えることが出来たという意味で使われるようになった。
一説には、語り物や謡い物で「そもそも」と語りだし、「けり」で納められていたことに由来するともいわれる。
-------------------------------------------------------------------------------------------------

国語辞典には以下のとおり
-------------------------------------------------------------------------------------------------
けりを付・ける

結末をつける。決着をつける。「論争に―・ける」
-------------------------------------------------------------------------------------------------

読者の皆さんのは、今まで生きてくる中で、決着を付けずに棚上げしている問題や、何かしらもやもやしているものを抱え込んでいませんか?何も行動を起こさなければ、問題は未解決なままなのに・・・

今月は、私の無意識の中で起こった、ある変化について解説します。

△TOP

4、今月のセラピー

毎月、惟能先生の精神分析(セラピー)を受けている。ここ数ヶ月は睡眠中の夢をみていないので、生活上起こった錯誤行為(誤り)や、事件、事故、自分が感じた事、思った事を先生に伝えている。

今月も日々起こった事をメモし報告した。

1、毎日、野菜ジュースを作るために使っているジューサーが壊れた(スイッチを入れても動かない)。
2、自転車で走行中、脇道から飛び出してきた自転車と衝突する。
3、壊れたジューサーの代替品を購入した。
4、壊れたジューサーをキッチンの隅に置いていた。私が不用意にキッチンのパイプ椅子をけってしまった。私に蹴られたパイプ椅子が壊れたジューサーに当ってしまい、結果として、ジューサーのガラス部分が割れ、ジューサーは修理不能になった。

今月のセラピーで先生の分析センサーにひっかかったのは「4」のジューサーのガラス部分が壊れた件。

先生は、きいてくる。

「そのジューサーは貴方にとってどういうものですか?」

以下、私の語り。

そう言えば・・・。

数年前、私は小さな飲食店を営んでいました。壊れたシューザーは、その飲食店でミックスジュースを提供する為に購入したジューサーです。飲食店を閉店した後は、自宅で野菜ジュースを作る為に常用していました。

先生は更に突っ込んでくる。

「その飲食店は貴方にとってどういうものですか?」

私は連想する。

そうそう、その飲食店は、私が関東での会社員生活に見切りをつけて、故郷に戻ってきて、小資本で始めた飲食店であった。もう若くない私は思うような企業に再就職できず(当時から既に世間は不況期に突入していた)、自前で自身が働く場所を確保したかったと言う意味と、実家にはひきこもっている弟がおり、飲食店が軌道に乗れば、引きこもりの弟の雇用対策にもにもなるのでないか?と言う一縷の望みをかけた店であった。

ジューサーのガラス部分が壊れた時に私の中に広がった感情はこうである。

「あぁもう、もとには戻らない」

貧乏性で物持ちのいい私は、不動化したシューザーでさえキッチンの隅に置いていた。何かの拍子に使える様にならないか?何か他の事に使えないか?良く言えば「もったいない」「捨てるのには未練がある」・・と言った無意識があった様な気がする。

ところが、さすがにガラス部分が壊れると、ジューサーとしては致命的で「もう、もとには戻らない」「あきらめて・・」。廃品として早く片付けなければ・・壊れたガラスで自分が怪我を負うかもしれない。「始末しなければ」、早く掃除機をかけないといけない。・・と言った感情に変わった。

私は先生に言った。

「先生、私が引きもりの弟がいる実家の事を考えて開店した店で使っていたジューサーを無意識に壊したと言う事は、私の無意識の中で、自家との関係が終わったと言う事を表しているのでしょうか?」

先生は言った。

「その通りです。貴方は、けりをつけましたね。実家との関係に・・」。

なるほど、私が無意識にパイプ椅子をける事によって、ジューザーのガラス部分を破壊した。それは、結果として私と実家をつなげていた象徴的な店のシューザーは破壊したのである。そして、それは、もうもとには戻らない。私はけりをつけた(決着をつけた)のである。

そして先生は更に・・

「次のステップに進めますね」「貴方には次の飛躍が待っていますよ」「過去に決着をつけたのだから」と言った。

フロイトは「現実的事実と内的事実」があるという。

あるサイトには以下の記述があった。
-------------------------------------------------------------------------------------------------
「あれや、これや」と思ったり、感じたりしている世界。この世界を外的現実(物的現実)と云います。つまり意識されている世界ですね。それに対して、自分自身でも意識できないところで、現実とは無関係な自分だけの心の世界を展開しているのが無意識で、この世界のことを内的現実(心的現実)と云います。心の奥底と云われる無意識の世界です。
-------------------------------------------------------------------------------------------------

そして先生はここでトポロジーを言う言葉を発した。
-------------------------------------------------------------------------------------------------
topology
―【名詞】
位相幾何学(いそうきかがく), トポロジー; 位相, トポロジー《位相幾何学における, 各部のつながり方などの面から見た図形の性質》; トポロジー《ネットワークを構成する装置(=node)の幾何学的な接続の形態》.
-------------------------------------------------------------------------------------------------

別のサイトには、位相 (言語学)には、次の説明があった。
-------------------------------------------------------------------------------------------------
例えば、水は、液体時は「水」、気化すると「水蒸気」、固化すると「氷」と変化する。つまり、同じH2O(エッチツーオー)でも、外的状況によって変化するし、呼び名も変わると言うこと。
-------------------------------------------------------------------------------------------------

以上の事を組み合わせると次の事が言える。

現実の世界で、私はジューサーを壊した。もちろん意識的に破壊したのではなく、誤って無意識に破壊した。その、現実の世界で起こった事象を踏まえ、私の内的世界(無意識)をさぐったのが先生の問いである。

「ジューサーを破壊した」外的世界の事象を、トポロジー(位相:いそう)して内的世界(無意識)探り、言語化し、更に、無意識を書き換える。・・・それがセラピー:精神分析の目的である。

ジューサーを破壊した瞬間、私の意識上に「あぁもう、もとには戻らない」と言う感情がわきあがってきた。その事実をもとに、セラピー:精神分析を行う事によって、私の無意識は、未練タラタラの実家との関係に決着をつけたのである。

私の潜在意識上、大きな手かせ足かせとなった実家との関係に踏ん切りをつけたのであれば、それ以降の私は「次のステップに進む事ができる」「次の飛躍が待っている」というのが先生の分析であり、私への無意識の書き換え作業なのである。

△TOP

5、私の考察

今回は、ジューサーが壊れた事から、私の無意識の言語化と書き換えを行いました。これが精神分析の真骨頂です。

すっと流すと「何も時間と費用をかけて、する事でもないんじゃないの?」と思われる方もおられる思います。つい先日まで私もその一人でした。

心理学や精神分析の知識を吸収すると、私たちの何気ない行動や発言の多くは無意識に支配されている事がわかります。

例えば、長きに渡って愛用した電気製品が壊れる事は不思議でもなんでもありません。ただ、なぜ今壊れるのか?なぜ私が無意識にパイプ椅子を蹴った事によって壊れたのか?・・と言う意味を考察する事によって、自己の内的世界(無意識)を解き明かし、無意識を言語化する事によって、それを書き換える、内的世界の無意識を書きかえる事は、当然、外的世界に影響を及ぼします。

まるで、コンピューターの誤っったプログラム(ソフトウェア)を修正、更新(書き換える)する様な作業ができるとしたら、それは、大変有意義な事ではないでしょうか?

無意識を書き換える事は自分の「運命を書き換える」事に直結するわけです。

話を日常生活に戻します。

例えば・・・・

何か一つ家庭内の電化製品が壊れると、立て続けに他の家電製品も壊れる・・。

他人との思い出の品が破損する。

ある人がAと言う土地への旅行の話をきいたら、特に希望をしたわけでもないのに、その土地Aへ出張する事になった。

ふとある人の事を思い出して「どうしているだろう?」と思ったら、その訃報が届く。

・・・そんな事がありませんか?そしてその意味を考えた事がありますか?

セラピー:精神分析とはそういう世界です。

「それって面白そう」って思える貴方は、自分の未来を書き換える事ができます。

△TOP

6、主体の錯覚

子供の頃(小学生)の不思議(不可解)なエピソード

読者のみなさんは、子供の頃、同級生とケンカしましたか?僕は、体が小さくて腕力が無かった割には、取っ組み合いのケンカをした記憶が残っています。

気に入らない事や考えの相違から衝突しました。

当時、小学生の価値観として「泣いたら負け」って言うのがありました。特に男の子は泣いてはいけない。泣くのは相手に弱みをみせる事と同じ。・・・そんな考えを持っていました。

そんな私ですが、実は、ケンカをしている時に、第三者から自分を支持する様な発言を聞くと泣き出す事がありました。他者からも「Aは同情されるとすぐ泣く」と指摘されました。ケンカして体の痛みで泣き出す事はないのに、なぜか、同情されると、ある感情が込み上げてきて泣いてしまう・・・。なぜだか理由はわかりません。

今でも時々思い出しては「なんであの頃、同情されて泣いたりしたのだろう?」と考えたりします。そこで、今回のセラピーの時に幼少期の記憶として先生に上記の事象を説明して「どういう事なのでしょうか?」と問うてみた。

先生:「同情するとは『相手を可哀想に思う事、憐れむ事』です。貴方は、他者から可哀想に思われて、憐れまれて泣いたのですか?」。

私:「ケンカしている最中ですからねぇ。更に、第三者は私を支持してくれたのですから、可哀想に思われたわけでもなく、泣くのはオカシイですね」。

先生「貴方は、同情と愛情をすり替えたんです。」

私「え?」

先生「当時の貴方は、同情を愛情すり替えた。それ程、愛情が不足していたんです。」

私「・・・そうなんですか」(愕然)。

そもそも、小学生の子供が「同情」と「愛情」の違いなんてわかっている筈がない。笑。
ネットで検索してみると「同情」と「愛情」の違いを簡潔に書いている人がいた。(以下引用)
-------------------------------------------------------------------------------
同情→相手を可哀想だと思う事
愛情→好きで好きでたまらない事
-------------------------------------------------------------------------------

wikiには「同情」の説明がある。
-------------------------------------------------------------------------------
同情(どうじょう)とは、他者の感情に対し共感する感情の同一性を指す。ただし、共感とは異なる。

同情の一般的な用法としては、不幸な状況や、苦難に対しての感情共有の際に用いられることが多い。しかし、ポジティブな感情に対しても用いられる事もある。広義の用法としては、共産主義賛同者(communist sympathiser)のように、イデオロギーや政治的な引用もされ得る。
-------------------------------------------------------------------------------

wikiには「愛情」の説明はない。国語辞典の説明はこうだ。
-------------------------------------------------------------------------------
あい‐じょう〔‐ジヤウ〕【愛情】 1 深く愛し、いつくしむ心。「―を注ぐ」
2 異性を恋い慕う心。「ひそかな―をいだく」
-------------------------------------------------------------------------------

Google検索で「母子」を入力すると、規定検索ワードとして「母子 愛着形成」が出てくる。そのまま検索すると、種々雑多な情報が山ほどでてくる。

出てくる資料を眺めていると「愛着障害」等と言う言葉もでてくる。資料を斜め読みしていると、人の精神の発達にはあるプロセスが存在すると書いてある。更に、もちろん母の役割が大であると・・。誕生後の幼児の精神発達には、母の愛情が欠かせない。もし、母がいなければ・・。

私達が生まれ育った日本は、戦後の敗戦から立ち上がり、東京オリンピック、新幹線開通、カラーテレビ、モータリゼーション (motorization) 、スピード時代、大阪万博、高度経済成長、日本列島改造論・・と言った新しい価値観が勃興した。そんな中で、政治的には55年体制が定着するものの、一般庶民には政治は程遠く、戦中の皇国思想にとって変わったのは、雨後の筍の様に現れる新興宗教であった。

そして、戦争の為に産めよ増やせよの子育てから、経済成長下、三世代同居環境の中での子育てが始まった。

経済活動優先から子育ては蔑ろになり「夫婦共働き」「鍵っ子」「おばあちゃん子」「テレビっ子」と言う言葉もうまれた。

私の子供時代を振り返ってみても、大人は「仕事」と「組合活動」「宗教活動」に邁進。子供は、「鍵っ子」「おばあちゃん子」「テレビっ子」になった。笑。

現在は、そんな環境で生まれ育った子供たちが成人し、世帯を持ち、子育てをする時代となっている。いや、今、乳児がいる家庭は、その次の世代かもしれない。

普通に考えて、ちゃんと親から育てられていない子供達が、ちゃんと子供を育てられるであろうか?パチンコに夢中で、子供を車中に放置する親。・・そうそう、そういう親は子供時代に、親は仕事で忙しく、独りでテレビに集中していたよね。自分が構ってもらってないのに子供に構ってられない。

話をもとに戻すと、先生に言われて愕然としたのは、子供時代の私は、他人からの「同情」を「愛情」にすり替えていたという事。

言い換えると、子供時代の私は、他人から同情されて泣き出す程「愛情を欲していた」という事実を今頃認識した自分の哀れさを痛感しました。

主体の錯覚・・・先生はそう言った。

私が泣いたのは、同情されたのを、愛されたと錯覚したと言う事か。(つづく)

△TOP

7、虐待児の見分け方(時事ネタ)

セラピーが終了し、先生が得意げに私に言った。

「私は、見ただけでなんでもわかるんです♪」

その時、私の脳裏に浮かんだのは、昨今の子供の虐待の事件。近所の人々の通報の遅れや、児童相談所の判断ミスから、本来保護されなければ児童が保護されず、手遅れで死に至るケースがマスコミから報道されている。

私は先生に問うてみた。

「先生、じゃぁ先生は、子供を見ただけで、その子供が保護が必要な児童か否か?わかりますか?」

すると、先生は、無言で素早く私の頭の上に先生の手をかざした。

私が「キョトン」とした顔をしていると、先生は、

「もし、貴方が虐待をされている児童だったら、私が手をかざしただけで、怯えて避けた筈です」と言った。

マスコミ報道では、むしろ虐待を受けている子供の方が、虐待の加害者の親をかばって、体にできた傷を「転倒してできた傷」と称するケースもあると言う。

無意識に体が反応する挙動ならごまかされないと言うわけか。

なるほどね。妙に納得してしまった私だった。

「真実は無意識に訊け」と言うのが先生の言いたかった事なのかもしれない。

以下、最近の児童虐待死亡事件 ネットから引用
-------------------------------------------------------------------------------------------------
<大阪7歳虐待死>「逆恨み怖かった」 隣家通報ためらう

毎日新聞 9月2日(金)9時42分配信

 SOSはまた、見過ごされた。大阪市西淀川区の市立大和田小2年、藤永翼君(7)が死亡した虐待事件。数カ月前から近所に怒声や泣き声が響いていたが、誰も通報しなかった。児童相談所は情報をつかみながら積極的には動かなかった。児童虐待の対策は強化されているはずなのに、なぜ、悲劇は繰り返されるのか。事件発生1週間を機に検証した。

 「お便所に行かせていただいてよろしいでしょうか」。隣家の60代女性は最近、翼君のか細い声を耳にした。直後に継父の怒鳴り声が響いた。「逃げるんとちゃうんか」

 翼君の家は木造の棟続きの借家。翼君が引っ越した今年春ごろから、女性は壁越しに、虐待の様子を耳にするようになった。

 「普通のしつけじゃない」。女性は虐待を疑ったが、通報したことはなかった。「人様のことに口出したら、あかんと思っていた」

 近所の男性(80)も、パン、パンと平手でたたくような音が耳から離れない。翼君はその度に「ごめんなさい」と泣き叫んだ。「通報したのがばれて、逆恨みされ、トラブルに巻き込まれるのが怖かった。今は後悔している」と肩を落とした。

    ◇

 翼君は先月25日夜に病院に搬送され、26日未明に亡くなった。「プロレスごっこで放り投げた」。大阪府警西淀川署は26日、継父の無職、森田勝智(まさとも)(44)と実母の良子(りょうこ)(29)の両容疑者を傷害致死の疑いで逮捕した。

 捜査関係者らによると、翼君は生後間もなく、児童養護施設に預けられた。「(良子容疑者の)養育が困難」という理由だった。しかし、良子容疑者は今年2月、勝智容疑者と再婚すると、翼君の引き取りを望み、児相が許可して3月末に同居が実現した。

 ただ、勝智容疑者は昨年秋から職に就かず、生活保護を受けていた。捜査関係者は「翼君にとって初めての家庭は、決して安定したものではなかった」。翼君への虐待は同居後すぐに始まった。

    ◇

 翼君を救う機会は何度もあった。市こども相談センター(児相)には5月と6月、小学校から計4度、翼君の虐待に関する通報があった。7月には良子容疑者が「子育てにいっぱい、いっぱい」と電話してきた。

 しかし、児相は森田容疑者らと形式的な面接をしただけで、積極的な対応に乗り出していなかった。大阪市の担当者は会見で「危険な兆候を職員全員が見落としていた。子供のSOSを把握できる人材の育成をしないといけない」と述べた。【近藤大介、向畑泰司、稲生陽】
-------------------------------------------------------------------------------------------------
引用終わり

△TOP

8、おわりに

精神分析(セラピー)とは、就寝中にみた夢や、日常の錯誤行為から、コンプレックス(複合観念体)を探り、それを言語化して、解消しようと言う試みです。

今月のセラピーは、私が無意識に蹴ったパイプ椅子がジューサーにあたって、ジューサーのガラス部分が壊れてしまった事を切り口に私の無意識を分析しました。

蹴った→決着(けり)を付けるという様な一種の言葉遊びの様な捉え方もできますが、精神分析では「言語化」は最重要なプロセスです。

あるサイトにはこう記述してありました。
-------------------------------------------------------------------------------------------------
オーストリアの医師シグムンド・フロイト(S.Freud, 1856-1939)が創始した神経症を適応症とする精神分析療法の治療機序が『無意識の言語化・無意識の意識化』である。

フロイトは、共同研究者ブロイアーが対話を用いて治療した神経症患者O・アンナ嬢の症例を研究して、無意識領域に欲望や願望を抑圧することによって各種の心因性の神経症症状が発症すると考えた。抑圧されている心理的内容は、道徳的に容認されない性的欲望であったり、社会生活の中で表現できない非常識な願望であったりした。

そういった道徳的に容認されず社会的に否定される強烈な性的欲望や空想的願望は、本人もそういう欲求や願望があることを意識することが出来ない。それは、その欲求や願望が、精神分析の精神構造論でいう『無意識の領域』にあるからである。

自分自身の意識や知覚の及ばない無意識の領域に過去の欲求や願望は抑圧されているので、本人が自分自身で幾ら神経症の原因を探求しようとしても探し出せないのである。思い出すと不快や苦痛を感じる性的欲望(願望)を無意識の深層に抑圧すると、その情動のエネルギーであるリビドーが神経症症状に転換されてしまうというのがフロイトの神経症の病理学である。

O・アンナ嬢やエリザベートといった神経症患者は、自分でも思い出せなかった過去の不快な欲望や不道徳な願望を意識化して治療者に話すことで、神経症症状が改善し治癒した。O・アンナ嬢自身は、これを『心のエントツ掃除』といって、抑圧した情動や欲望が精神分析を通して浄化されることで治療効果を実感した。
-------------------------------------------------------------------------------------------------

最後に長々とした難しい文章を並べてみました。

毎月セラピーと称して「心のエントツ掃除」をするのはいかがでしょうか?
きっと貴方もスッキリすると思いますよ。

平成23年08月31日 月刊 精神分析 編集部A

△TOP

9、Webマガジン月刊精神分析&分析家ネットワーク



より大きな地図で インテグレーターマップ を表示

 精神分析(セラピー)を受け、インテグレーター(精神分析家)を目指し理論を学んだ人たちが、東北・関東・関西を中心に実際にインテグレーターとして活動しています。  夏には、那須で恒例の「分析サミット」が開かれ、症例報告・研究などの研修会も行っています。  私たちインテグレーターを紹介します。(敬称略)  メールに関して、☆を@に変換したメールアドレスにメール送信願います(スパムメール対策)

△TOP

Copyright (C)刻印 All rights reserved.
Powered by Movable Type 4.21-ja