logo

 / ツイート
img01.jpg

ラカン精神科学研究所 福岡 forスマートフォン




Page Top



訪問御礼




Page Top



精神分析


「精神分析」とは対話療法(カウンセリング・セラピー)であり、精神分析者と被分析者(クライアント)が1対1の対話によって無意識を意識化し、コンプレックスを解消する療法です。このため「言葉のみによる洞察的気付き療法」ともいいます。いわゆる、犯罪容疑者に関して行う「精神鑑定」とは全く別物です。

フロイトは「人間の行動を決定するのは、その人すら知らない無意識である」と言いました。無意識を知る手立てとして夢分析を行います。夢は無意識によって形成されるものだからです。

クライアントは精神分析を通して自分の様々な側面に気付き、それを意識化し、内面化し再組織化して、自己を統合していきます。その結果、クライアントは自己を肯定し、自己決定能力が高まり、物事の判断に迷いや葛藤がなくなります。これは、クライアントから「生きるのが楽になった」という言葉がよく聞かれる事からも証明されています。

精神分析は契約治療であり、最低月1回の面談を維持し「時間」「場所」「料金」が設定されその枠内で行います。直接面談を原則としますが、遠方であるとかクライアントが出かけられないなど特別な理由がある場合は電話や、パソコンの通話機能を使った精神分析も行っています。また交通費を負担していただければ、出張セラピーも行います。

精神分析家は、クライアントとの信頼関係を大切にし、精神分析治療が継続して行われることを約束します。しかし、クライアントがやめたいと言われた時には治療を中止します。こちらから無理強いする事はありませんので安心して下さい。精神分析治療による「転移」「抵抗」「逆転移」という精神のダイナミズムと、精神分析家の「理解」と「共感」による心の交流がクライアントの変容をもたらします。

多く一般の方は、精神科、心療内科で病名をつけられ、薬による治療が主であろうと思います。心の病は、何らかの心の傷つきや、固着・こだわり、心の歪みが生じています。これは薬によって脳内のホルモンを調整すること等では、根本的に治すことは難しいと思われます。「言える」ことは「癒える」ことであるため、精神分析者は対話により、自己を開放し、気付きを与え、クライアント自身が自分の歪み等を修正し、自分を再構成、再統合していけるよう支えていきます。

精神分析は自己探求の旅であり、自己発見のドラマであり、自己完成への道程です。「運命」とは「無意識」の別名であり、自分の運命・人生は自分で切り開いていくものです。あなたがこの分析の道を選ばれたことにより、きっと自らの尊厳に気付かれ、有意義な人生を送られることでしょう。

自分の人生をあきらめている方、どうしていいかわからない方、是非ご連絡ください。



Page Top



各種業務




Page Top



自己紹介




Page Top



連絡先等


ラカン精神科学研究所 福岡

住所〒812-0053
福岡市東区箱崎5-11-3 地図を見る

携帯:090-1971-7334

メルアド:lacan.msl.f@gmail.com

入金口座は別途お問い合わせ下さい。

営業時間/キャンセルについて

営業時間:9:00~23:00 
ご事情によっては、上記以降の時間に応じられる場合があります。

定休:休業日を設けていません。日祝日も可。

キャンセルについて:キャンセルの申し出につきましては、一週間前迄とし、前々日は料金の50%を、前日は70%を、当日は100%を負担していただきます。



Page Top



最新予定




Page Top



終わりに




Page Top



PC | スマートフォン