2016年9月アーカイブ

こんにちは、精神分析家 進志崇献@福岡です。

日韓文化交流にみる精神分析的考察をお送りします。

進志崇献(しんしそうけん): lacan.msl.f@gmail.com

ラカン精神科学研究所 福岡 公式サイト
http://lacan.agency-inc.com/

先日、京都から福岡に戻る深夜高速バスの車中での事。深夜高速バスの拘束時間が長いので隣にどんな人が座るのか?気になるところ・・と思っていたら、今回はサムスン電子のでっかいノートパソコンを抱えた若者。最初、肌が褐色で顔の彫りも深いのでアメリカ人かと思いきや、ノートパソコンの液晶画面に並ぶ文字は「ハングル文字」。ありゃ、韓国人?、おもむろに動画ファイルをアサインし「ジェイソン・ボーン」の鑑賞を開始した。字幕もハングル。あら、韓国人なのねと思いながら、英語で話しかけてみた。

Too heavy.(パソコン重たいでしょう) Oh Jason Bourne! 俺も好きだよ。me too.・・と適当にコミュニケーションをとっていたのだが、ん?と思ったのは車内消灯後。

どこの深夜高速バスでもそうだろうが、消灯後は、静かに眠りにつく時間なのだが、この韓国人何を思ったか?何も考えないのか?パソコンのワイド液晶画面で映画鑑賞を継続している。眩しくて困るんですけど。隣の席の人の安眠を妨げる事を想像できないのか?

直接文句を言って国際問題に発展するのも困るので、0時前のトイレ休憩時に乗務員さんのクレームをつけた。さて、休憩が終わってバス出発。消灯。相変わらず、ヤングコリアンの「ジェイソン・ボーン」鑑賞は終わらない。仕方がないなと思い・・。

This is too shine. It's sleeping time.

パソコン眩しいよ。もう寝る時間だよ。と伝えると・・・。

ヤングコリアンは通路の反対の窓際の席へ移動し、更に「ジェイソン・ボーン」の鑑賞を継続しようと試みたのだ。だが、その席は、交代運転する乗務員さんの仮眠席。ちょうどその時、女性乗務員の川本さんが・・川本さんの「ちょっと、あんた、私のねぐらで何してんの?」的な視線を浴びたヤングコリアンはさすがにシュンとなった、

You will not be able to use the notebook pc. You must sleep.
パソコンは使えないよ、ねなきゃ。と言ってやった。

そして、川本乗務員の厳しい視線に耐えられなかったヤングコリアンは大人しく自分の席に戻ったのでした。

公共の場での若者のマナー云々言われる事が多いが、まぁ概ね、日本社会は秩序有る社会である様に思える。

今回、登場したヤングコリアンは、まず自己の欲望優先の行動で、日本社会では受け入れられないのだが、去勢されまくって草食化した日本人の若者より韓国人の若者の方が魅力的と言う方も見受けられる。

かと思えば、どこから出てきたデータかは知らないが、ネット上では

「韓国は37,5%が暴力で解決するのを肯定」

「強姦等の発生件数でいえば、2010年の数字では韓国は19,939件で、日本の8,316件の2倍以上であり、韓国と日本の人口比を考えれば、人口当たりの件数でいうと5倍ぐらいになります。」

「09月28日、韓国社会を揺るがす法律が施行された。金品授受や不正な口利きを厳しく規制する内容だが、「3万ウォン(約2800円)以上のおごりは違法」など曖昧な適用基準が不安や懸念を招いている。」

・・・などなど、和を持って尊しの文化を2000年に渡り、四季のある列島(狭い国土)で連綿と集積してきた日本文化は、明らかに「大陸」や「半島」とは違うもの。よく言えば日本文化は「超自我」の文化、悪く言えば「去勢」「抑圧」の文化なのかも知れない。

ここから精神分析的語り

精神分析の世界では、精神発達論をもとした子育て法として「オールOK子育て法」を提唱している。

まず、0歳時から3歳時まで、母が24時間体制で子育てをし、子どもの「自我」を健全に育て「基本的信頼」「自己肯定感」「万能感」を獲得した後に、父親が、掟、社会性、ルールを教え「超自我」という自分を律する自我を育てます。

今回、登場したヤングコリアン君は、自分の欲望を優先して満たそうとする自我、俺はなんでも出来ると言う万能感、自己肯定感は獲得できた様ですが、残念ながら、社会性、ココで言うところの「超自我」を育てるには至ってないようです。

理屈は理解できてもいざ実行しようとすると難しいと言われる「オールOK子育て法」。お近くの精神分析家、セラピストの指導とアドバイスを受けながら頑張るのがお勧めです。

ラカン精神科学研究所 福岡 公式サイト(スマホ対応)
http://agency-inc.com/for-pad/

精神分析家のセラピー日記(進志崇献)
http://agency-inc.com/journal/

進志崇献(しんしそうけん)公式フェイスブック
https://www.facebook.com/lacan.msl.f

進志崇献(しんしそうけん)公式ツイッター
https://twitter.com/lacan_msl_f

オールOK子育て法 再考察
http://agency-inc.com/all-ok/

こんにちは、精神分析家 進志崇献@福岡です。

映画「タイタニック(1997年)」をチェックしていてフロイト博士が登場する件がありました。

進志崇献(しんしそうけん): lacan.msl.f@gmail.com

ラカン精神科学研究所 福岡 公式サイト
http://lacan.agency-inc.com/

Amazonプライムビデオのお陰で、見逃していた過去作が手軽にチェック出来るようになりました。隙間時間でチェックしていくのもなかなか大変ですが、今回、取り上げるのは・・。

「タイタニック(1997年)」主演はレオナルド・ディカプリオとケイト・ウィンスレット。この作品でレオナルド・ディカプリオは日本でも大人気。「レオ様」と呼称され絶大な人気を誇った。今、作品を見返すとなんとも若々しいレオ様(22歳位でしょうか?)が初々しく感じます。

浮沈船と言われたタイタニック号がその処女航海(1912年4月14日深夜)で氷山に衝突し沈没してしまうと言う実話をもとにした作品である事は皆さんご存知だと思います。

さて、フロイト博士が登場するのは、登場人物の紹介を兼ねた冒頭のシーン。

ヒロインのローズは借金まみれのブケイター家のひとり娘。父を亡くした今、残っている財産は家名のみ。母ルースは、上流階級の人間として生き残るため、娘を資産家のキャルドン・ホックリーと無理やり婚約させた。家のために結婚させられるローズにとって、タイタニックは奴隷船にしか見えなかった。

乗船後、ローズは、タイタニックの建造会社社長のイズメイ、設計者のアンドリューズ、成金のモリー、母ルース、婚約者キャルドンらと共にテーブルを囲む。

話題はタイタニックの巨大さ、豪華さについて。

自分にとって奴隷船同然のタイタニックの話題は退屈なローズがタバコを吸い始める。「私が嫌いなの知ってるでしょ?」と母にたしなめられても吸い続けるローズからタバコを取って勝手に消すキャルドン。ついでにメニューをとりにきたボーイには「二人ともラムだ。レアで」と、ローズの好みも考えずに勝手に注文。

それを目聡く見ていたモリーが「彼女のために肉も切ってあげるの?」とキャルドンに皮肉を浴びせる。

*建造会社社長のイズメイが「船のサイズやスクリューのサイズが最大である」という自慢話をすると、ローズは「*フロイト博士の論文をご存知? 男性が大きさにこだわる理由について面白い分析をなさってるの」と返し、さっさと退席してしまう。

*「フロイトの説:性的なコンプレック(ペニスが短小)が、やたらデカイもの好き指向の原因とする説」

モリーは、笑って「なかなか大胆な娘さんね」と言う。モリーは実力でのし上がった成金であるため、剛胆で自由奔放なローズをかえって好ましく見ている。その一方で、キャルドンの行き過ぎた行動をたしなめるかのような言動が見受けられる。

モリーはこの一件から、ローズが上流階級の窮屈さにうんざりしていることを悟ったようだ。つまり、彼女はローズに最初に同情し、理解した人間。ジャックよりも先にだ。なお、フロイトの件では、タイタニックを設計したアンドリューズも笑みを浮かべている。モリーと同様、アンドリューズもローズの「味方」であることが、この時点で観客のために明らかにされており、後のための伏線になっている。

モリーとアンドリューズだけではない。このシーンは、これら登場人物の特徴を観客に知らせるためのものとして機能している。まず、イズメイはフロイトの名を知らず「乗客の誰かか?」と間抜けなことを言っているうえに、ローズから揶揄されたことにすら気づいていない。当時フロイトの名はそうそう一般的ではなかったと思われ、あのテーブルにはイズメイ以外にもフロイトを知る者はいなかったろうが、ともかくもこの件はイズメイがどれだけ間抜けで鈍感かを示すエピソードである。

後に分かるように、イズメイはタイタニック沈没に関して責任ある立場の人間であるにもかかわらず、乗客と一緒にちゃっかり救命ボートに乗ってしまう「卑怯な」人物だ。また、キャルは婚約者の意向など無視して自分本位に行動する人物であることが表明されている。

以上、作品の冒頭のシーンの説明。できれば動画でチェックして頂きたい。

ここから精神分析的考察

タイタニック号の沈没事故が起こったのは1912年4月14日深夜。精神分析学の創始者ジークムント・フロイト(1856年5月6日生まれ )は55歳であった。脂が乗っている頃ですね。

もともと、フロイトは、オーストリア出身の医者でヒステリーの研究をしていた。その過程で催眠や対話療法を施したり、性的病因説と抑圧理論の提起という、精神分析の基礎理論ができあがることとなった。20世紀初頭のヨーロッパ社交界はタイタニックでも描かれた通り、男尊女卑の社会で、女性は抑圧の極により、そのストレスにより病理が身体化してしまった人が多くいたようだ。

フロイトは研究の成果として、ヒステリーの原因を性的な欲望の抑圧としたものだから、社交界からは疎まれていた。しかしながら、その論は的を得ていて治療の成果を上げている部分もあった。100年も前の事を想像するのは難しいのだが、そういう上流階級の中で、自己の欲求を抑圧されながら生活している「タイタニックのヒロインのローズ」の様な人々はフロイトの論をチェックし陰ながら支持していたのではなかろうか?

「生き延びるためのラカン 斎藤環 2006年」に目を通すと「ペニス羨望」が評判のよろしくない概念として紹介されていますが、「ファルス」や「リビドー」とか「エディプスコンプレックス」とか並べられても、ヨーロッパ社交界にはすんなり受け入れられないだろうなと素直に思います。

ちなみに、我らがジャック・ラカン(1901年4月13日生まれ)は、事故当時、11歳でまだ小学生でした。

コンプレックス・心の病・親子関係・引きこもりのご相談承ります。

ラカン精神科学研究所 福岡 公式サイト(スマホ対応)
http://agency-inc.com/for-pad/

精神分析家のセラピー日記(進志崇献)
http://agency-inc.com/journal/

進志崇献(しんしそうけん)公式フェイスブック
https://www.facebook.com/lacan.msl.f

進志崇献(しんしそうけん)公式ツイッター
https://twitter.com/lacan_msl_f

オールOK子育て法 再考察
http://agency-inc.com/all-ok/

こんにちは、精神分析家 進志崇献@福岡です。

荻野目慶子さんの「女優の夜(2002年)」を読んでいると、つくづく人の業を感じてしまう。

進志崇献(しんしそうけん): lacan.msl.f@gmail.com

ラカン精神科学研究所 福岡 公式サイト
http://lacan.agency-inc.com/

Amazonプライムビデオのお陰で、見逃していた過去作が手軽にチェック出来るようになった。隙間時間でチェックしていくのもなかなか大変ですが、今回、取り上げるのは・・。

「いつかギラギラする日(1992年)」深作欣二監督作品。たまたま視聴可能リストに出ていて、懐かしくてチェックしました。初見は劇場ではなくレンタルビデオだったと思います。出演者は「萩原健一」「木村一八」「荻野目慶子」「石橋蓮司」「千葉真一」豪華キャストで、現金輸送車から強奪した現ナマをめぐる仲間割れを描く。荻野目慶子は犯人グループの男どもをたぶらかすルパン三世の峰不二子的な役回り。

道内をぶっ飛ばす真っ赤なムスタングが印象的。

劇中の「荻野目慶子」の演技を見ながら「そう言えば、荻野目さんは深作欣二監督の愛人だったんだよな」と思いながら、ネット上の情報を拾って彼女の著書「女優の夜(2002年)」の入手へ至った。

ネットで「荻野目慶子」=「魔性の女」と評されている件が目につく。

簡単に言えば、妻子ある映画監督:河合義隆氏と2年半の同棲後、河合氏は荻野目さんのマンションで首吊り自殺、1990年4月30日。当時、大スキャンダルとしてマスコミを騒がせ、実妹の荻野目洋子さん(ダンシング・ヒーロー:1985年で有名)が姉の代わりに謝罪会見を行うなどスッタモンダした。

更に「いつかギラギラする日(1992年)」の撮影中、深作欣二監督(もちろん妻子あり)とも男女の関係になり不倫関係を10年近くに渡って継続。

深作欣二監督は「バトル・ロワイアルII 鎮魂歌 (2003)」を撮影中に前立腺ガン-肺炎により亡くなる。撮影は長男の深作健太(長男)監督引き継いだ。「女優の夜(2002年)」は深作欣二監督が亡くなる1年前に出版された事になる。

「女優の夜」に目を通すと、男を誑(たぶら)かし自滅へと追い込んでいく「魔性の女」と言う生き方でなく、男性が求めるものを与えた結果そうなったと言う記述が目立つ。河合義隆に関して言えば、職なし、金無し、奥さんと別れる事もできず、荻野目慶子のマンションに入り浸っているヒモ状態、更に暴力をふるうDV男で、親からみたら「さっさと別れてしまいなさい」と言う男でしかない。

深作欣二監督にしても立派な妻子持ち。妻は「女優:中原早苗」で長男は「深作健太」。「いつかギラギラする日(1992年)」撮影時、深作欣二監督は62歳、荻野目慶子は28歳で34歳もの歳の差があるのだ。世間からすれば「なんでまた一線で活躍している女優さんがそんなお父さん以上の歳の人と不倫しなくても」と言う評価になるであろう。

ここから精神分析的考察----

「女優の夜」に荻野目慶子さんが書いたフレーズでこういうのがあった「私は男性の元に跪(ひざまず)きたいと願った。これは身体だけでなく、精神的にも、だ。」特徴的である。彼女の養育史を詳しくきいた訳ではないのだが、異性に対して「支配されたい欲求」や「従属したい」と言う欲求があったのだと推測できる。

更に、既婚者と関係を繰り返し継続しているのは、自分の父との関係の焼き直しと受け取れる。だって、自分の母と結婚している一番身近な人(既婚者)は「実父」以外に他ならないのだから。つまり、荻野目慶子さんにとって河合義隆監督も深作欣二監督も「実父」の代用品であったと理解すればこの不可思議な関係性を納得できる。不倫の相手でありながら、無理難題を要求されながらも、それを受け入れ継続できたのは、それが「父」-「娘」の近親相姦関係であったと解釈すれば釈然とします。

女優:荻野目慶子からすれば「監督」や「演出家」の類は、跪く対象であったと言う事。

ヤフー知恵袋をさらっとのぞけば、夫婦問題や、親子関係、親戚対応など問題のオンパレードである。婚姻届にサインして判子ついて結婚生活を始めたなら、大人しく夫婦関係と言う枠に収まっていればいいものを、精神という厄介なものを抱えた人間は、その「形式」の枠からはみ出し、色々な事をやらかします。

荻野目慶子さんの告白本「女優の夜」を読んでも「人間って身勝手で腹立たしいもの」と言う感想より「人間って難儀なものだなぁ」と言う感情が湧いてくる。荻野目慶子に旦那(河合義隆氏)を寝取られた格好の河合義隆氏の奥さんは、一言も荻野目さんを非難する言葉を吐かなかったそうだ。多分、奥さんには、河合義隆氏が家に戻らず荻野目慶子さんと不倫してしまう訳を理解し、自殺を選んだ訳も理解しておられる方だったのだろう。そうでなけば、P.58「この件に関しては、これ以上何人(なんぴと)も傷つけてはならない」という言葉でマスコミに対処し、全てを終わられてしまえたのだろう。・・・などという展開はありえない。

人の感情は、とったとられた・・よりずっと深いところで渦巻いているのだ。

あと、興味深かったのは、荻野目慶子さんが深作欣二監督とセックスした時に「あの音楽が聴こえたのだ。」と記述している件。

あの音楽ってどんな曲って荻野目慶子さんにきいても、それは口遊む類のものでは無い。
精神分析の世界に「共感覚」というのがある。

ある刺激に対して、それだけでなく異なる種類の感覚を同時に感じる知覚現象のこと。音を聴くと、色が見えるといった現象もこれに当たる。

アクメに達し時に「宙に浮いている様な感じ」がすると同様に、荻野目慶子さんには「あの音楽」が聴こえたと言う事なのだろう。

荻野目慶子さんの近況----

ネットの情報では2012年12月31日に、一般の男性と結婚されたとの事。

2015年04月10日 に公開されたYoutubeの動画には以下の注釈文が・・

アイ・ヘルパースクールの介護職員初任者研修修了生で、女優の荻野目慶子さんが音楽クリエー-ションをもって介護施設へ慰問。利用者さんに好まれる歌のベストテンを発表トークしています。

荻野目慶子さんどうぞお幸せに。

コンプレックス・心の病・親子関係・引きこもりのご相談承ります。

ラカン精神科学研究所 福岡 公式サイト(スマホ対応)
http://agency-inc.com/for-pad/

精神分析家のセラピー日記(進志崇献)
http://agency-inc.com/journal/

進志崇献(しんしそうけん)公式フェイスブック
https://www.facebook.com/lacan.msl.f

進志崇献(しんしそうけん)公式ツイッター
https://twitter.com/lacan_msl_f

オールOK子育て法 再考察
http://agency-inc.com/all-ok/

こんにちは、精神分析家 進志崇献@福岡です。

貴方は「死にそうになった体験」はありますか?

進志崇献(しんしそうけん):lacan.msl.f@gmail.com

ラカン精神科学研究所 福岡 公式サイト
http://lacan.agency-inc.com/

自分の事故体験を書き留めておこうと思う。なにぶん古い話で心身ともに受けた衝撃が激しく記憶が綾ふやな点があるのはご容赦願いたい。

今から18年前、1998年(平成10年)06月20日夜の事、私は長崎方面から福岡方面に自家用車で移動していた。佐賀県唐津市の虹の松原を通過していた時に急に眠気がさして居眠り運転状態のまま道路左側の松の木に車体の左を引っ掛けるように衝突。車体はその場で180度反転し、事故後、気が付いた時は、長崎方面を向いていた。多分、衝突速度は50~60キロ/h位だったのでなかろうか?

衝突直前に顔を上げてブレーキを踏もうとした記憶はあるのだが時既に遅し、衝突直後の景色は不思議と覚えていて、ラジエターから水が吹き上がり、フロントガラスにヒビが走っていくところまでは記憶がある。

事故後、気がついて、車外に出ようとしたのだが、ドアが開かない。力まかせに押すと何とか脱出スペース分があいた。「あんた!大丈夫ね?同乗者はおらんと?」多分、後続車の方だろうか?心配して助けに来てくれた。頭を振りながら「一人です。大丈夫です」と答えたものの、しこたま胸部を圧迫していてうまく呼吸ができない。事故車の側で四つん這いになって「ハァハァ」と呼吸をしていた。

落ち着いてきてクルマの状態をチェックすると、タイヤは全てパンク。前後のバンパーは吹っ飛び、フロントガラスはネジれた様に破損。一見して車体の左側が大きく歪んでいた。素人が見ても廃車状態で有ることは一目瞭然。

呼吸が苦しい以外は体へのダメージはない・・様なのだが、念のため救急車で唐津日赤病院へ。救急車の車内ではなぜか母ではなく妹の顔が浮かび、胸にメスが入れられて大量に出血するシーンばかりが頭に浮かんだ。

レントゲンチェックも問題なし。全身打撲で、チェックできた外傷は両足の踝(くるぶし)のところのかすり傷。シートベルトの圧迫よる脇腹辺りの内出血。・・くらい。3、4日間、首に寝違えた様な感覚があったが、鞭打ち症にはならなかった。

唐津日赤病院の看護師さんの言葉を今でも覚えている「今夜はワールドカップの日本の試合があってるから急患はこないいわよね・・と話していたら貴方が担ぎ込まれてのよ。」私が単独事故をおこしたのは、1998年、FIFAワールドカップ フランス大会開催中の06月20日、現地時間14:30(日本時間21:30~)の日本-クロアチア戦の最中に事故を起こしたのである。日本チームの監督は岡田武史氏で世間では「おかちゃんブーム」が巻き起こっていた。

事故後、事故を起こした場所(単独事故の多発場所らしい)を知っている人からは「あそこは慰霊碑の近くやけん(あの世から)呼ばれたとよ」と真顔で話す人がいたが、後々よく考えると、虹の松原は玄海国定公園の一部であり、街灯が設置されておらず暗い。防風林としての松林が密集しており、防音効果を発揮し急に静かになった様に感じる。つまり、暗い、静か・・が睡眠導入の環境を揃えてしまい結果、ドライバーが居眠り運転をしてしまうのでは?と自分は解釈している。

ここから精神分析的語り

もし、シートベルトをしてなかったら、ハンドルで胸部を痛打したか、最悪、フロントガラスを突き破って車外に放り出されて単独死亡事故になっていた筈。事故後のクルマの状態をみればとてもかすり傷で終わった様な事故ではなかった。

事故を起こした時、私は35歳であった。当時、精神分析的知識を持っていなかったのだが、さすがにこれだけの心的ダメージを受けると、日頃の自分の有様を省みる機会となった。他人様を巻き込む事故にならなかったのが唯一の救いで、その後、興味の対象、趣味嗜好も変わったし、人間関係も変わったし、家族関係の変わった。長らく自分を苦しめた持病が完治し再発する事はなかった。住宅ローンの残債も4年後には完済した。

精神分析的知識を有した今、18年前の自分自身の事故体験は「生まれ変わりの儀式」であったと言う意味付けができる。

自分の場合は、無意識がこの様な派手な生まれ変わりの儀式を演出した形になったが、たまたまシートベルトしていてそうなっただけで、シートベルトをしていなかったらその場で人生終了となっていた筈だ。

逆を言えば、この様な「生まれ変わりの儀式」なんて施さなくても、きちんと精神分析を学んだセラビストと対話療法に取り組む事によって、自分の人生の軌道を修正し、生まれ変わったかのような体験をする事は可能なのである。

大ヒット映画「バック・トゥ・ザ・フューチャー」のマイケル・J・フォックスの自伝「ラッキーマン (ソフトバンク文庫) 」を読んで見るとよい。マイケル・J・フォックスは、一躍、ハリウッドのスターダムに上り詰めるものの、30歳で若年性パーキンソン病に掛かり、アルコール中毒状態だった彼が、妻の勧めで、セラピストのジョイスのセラピーで蘇生する様子が綴られています。

参考:月刊 精神分析 2010年09月号 マイケル・J・フォックス と セラピー
http://agency-inc.com/michael/

精神新分析は、対話療法で、無意識を意識化して、無意識に支配されたあなたの運命を変えます。

コンプレックス・心の病・親子関係・引きこもりのご相談承ります。

ラカン精神科学研究所 福岡 公式サイト(スマホ対応)
http://agency-inc.com/for-pad/

精神分析家のセラピー日記(進志崇献)
http://agency-inc.com/journal/

進志崇献(しんしそうけん)公式フェイスブック
https://www.facebook.com/lacan.msl.f

進志崇献(しんしそうけん)公式ツイッター
https://twitter.com/lacan_msl_f

オールOK子育て法 再考察
http://agency-inc.com/all-ok/

こんにちは、精神分析家 進志崇献@福岡です。

今回は「欲望」の話です。

進志崇献(しんしそうけん):lacan.msl.f@gmail.com

ラカン精神科学研究所 福岡 公式サイト
http://lacan.agency-inc.com/

ネットで配信されるニュースをチェックしていたら以下のニュースをみつけた

以下転載

「レアポケモン」求め、お台場大混乱 ルール無視に警察も出動 フジテレビ系(FNN) 9月19日(月)19時59分配信

以上転載

海の向こうでは、09月17日米国NYマンハッタンで29人がけがをする爆発事件(テロ認定)があって、人々が逃げ惑う状況であるのにも関わらず、日本では・・・。

ネットのニュースをみていたら何かと話題の「ポケモンGO」の話題。レアキャラの「ラプラス」が出現したと、お台場に500人以上のポケモントレーナーが集結。マナー違反のトレーナーが原因で「レインボーブリッジ」に続く道で渋滞が発生し、警察が指導に入っている・・・と言うものでした。

手に手にスマフォを持った数百名の群衆が、「レアポケモン」を捕まえるために、右往左往している様子は、何か気味悪さを感じさせましたが、渦中のトレーナー達はお祭り(興奮)状態だったのでしょうか?ネット上の動画をみると、パトカーのサイレンと「~しないで下さい!」と大声で呼びかける警察官?の声。歩道から溢れた群衆が「渋谷のスクランブル交差点」状態で移動していく様はなんとも奇異な感じがしました。スマフォでポケモンがいる位置を確認しての移動なので、ある一定の方向へ群衆が動いていくわけですが・・・。

私はこの動画をみながら「ハーメルンの笛吹き男」の話を思い出しました。ハメルーンの町から沢山の子どもたちを連れ去った「笛吹き男」の話を。

昔は、近所の人達の噂話がもとで、住民が集団で動くような事はありえた。僕の記憶の中にある例はこんな感じ・・・

僕が小学校低学年の時、クラスに「学校1階のトイレに赤ちゃんの死体がある」という話が飛び込んできた。「え?うそ!」と思いながらも確認してみないと気がすまない。友人と一緒にトイレへいくと沢山の児童が・・・みな各々ぼっちゃんトイレを覗き込んでは「何もないやん」と呟き教室へ戻っていった。それでも、結局は自分の目で便槽をみてみないと気がすまなかったのだから相当な心的欲動が発生した事になる。

心理学的には「群衆心理」と言う言葉で片付けられそうだが、現代はSNSの発達により、不特定多数の人々同士のネット上の繋がりやツイッターでの情報の共有も強力なものとなる。

バーゲンセールで買ったものは、買う事が目的になってしまい、クローゼットに収納しっぱなし、廃棄しようと思っていた備品を他者から「捨てるなら頂戴」と言われた瞬間なぜか廃棄するのが惜しくなる。ファミレスで料理を注文する時、つい他のお客が食べているものが気になってしまう。それって本当に自分自身が必要なものなのだろうか?他者との関係性の中で不必要なものをに対して欲望が向かっていないだろうか?

精神分析学の中にこういう言葉がある。「人の欲望は他者の欲望である」。

興味を持った方はセンスのある方ですね。

高校時代に読んだ「星新一のショートショート」の作品で「遠大なる計画」と言うのを思い出しました。人としての主体を失い、他者からの指示を無条件に受け入れる事の恐ろしさ。

コンプレックス・心の病・親子関係・引きこもりのご相談承ります。

オールOK子育て法 再考察
http://agency-inc.com/all-ok/

ラカン精神科学研究所 福岡 公式サイト(スマホ対応)
http://agency-inc.com/for-pad/

精神分析家のセラピー日記(進志崇献)
http://agency-inc.com/journal/

進志崇献(しんしそうけん)公式フェイスブック
https://www.facebook.com/lacan.msl.f

進志崇献(しんしそうけん)公式ツイッター
https://twitter.com/lacan_msl_f

こんにちは、精神分析家 進志崇献@福岡です。

進志崇献(しんしそうけん):lacan.msl.f@gmail.com

ラカン精神科学研究所 福岡 公式サイト
http://lacan.agency-inc.com/

ネットで配信されるニュースをチェックしていたら以下のニュースをみつけた

以下転載

かつては"高嶺の花"ニュータウン いまは地価8分の1 一挙に高齢化〈AERA〉09月21日(水)11時30分配信

鉄道会社がニュータウン開発を始めて1世紀。阪急電鉄の創始者、小林一三が作り上げた経営モデルが岐路に立っている。ニュータウンの光と影を追った。かつて「多摩の田園調布」の異名をとった高級住宅地が、東京都多摩市にある。その名は「桜ケ丘住宅地」。最寄り駅は、新宿から京王線特急で約30分の「聖蹟(せいせき)桜ケ丘駅」。駅を出て坂道を上ると、山を切り崩して造成された場所に家々が整然と並んでいる。実はこの住宅地、ジブリファンにとって「聖地」ともいえる場所で、ジブリ映画「耳をすませば(1995年7月15日から劇場公開)」の舞台として知られる。映画は中学3年の女の子、月島雫の初恋を描いた物語。駅から住宅地に向かって歩くと、映画に出てきた坂道や神社、ロータリーなど映画そっくりの風景が点在する。丘からは、雫が「空に浮いているみたい」と感激した美しい街並みも広がる。

以上転載

「聖蹟(せいせき)桜ケ丘駅」「桜ケ丘」って、私がこのブログ-File.015 テレビドラマ「おくさまは18歳」岡崎友紀 精神分析的考察-で取り上げたテレビドラマのロケ地でもあります。偶然やん!。

ストリートビューでご当地をチェックして、「おくさまは18歳(1970年9月29日から放送開始)」「耳をすませば」に登場するバス停(桜ヶ丘4丁目)のあるロータリーの存在も把握していました。

ウィキペディアで更にチェックすると・・この地区中央部にあるロータリーは、2014年の改正道路交通法の施行に伴い、法令上初の環状交差点(ラウンドアバウト)に指定された(東京都下唯一)。かなり珍しいロータリーであります。

時の流れを象徴する事柄を述べると1970年の「おくさまは18歳」の放映中、何回もこのロータリーが番組中に登場します。1995年の「耳をすませば」に登場する聖司のおじいちゃんが営む「地球屋」もこのロータリーにある設定になっています(実際には多摩市のデイサービスセンターがある場所)。

リアルなこのロータリには特徴的なお店が4軒あります(1970年、ありました)。ビューティーサロン、魚屋さん、八百屋さん、肉屋さん、今(2016年)この4軒のお店がどうなっているかと言うと、ストリートビューで観てみると。

ビューティーサロン・リラー→テナント募集中
魚屋さん→司法書士事務所へ
八百屋さん→廃業に伴う改装工事中
肉屋さん→継続営業中

まるでバック・トゥ・ザ・フューチャーの世界。

調べてみると、この「桜ヶ丘」は山肌を造成してできた住宅地なので、高低差が50mもあり、お年寄りが徒歩で昇り降りするにはキツイ立地。現在では交通の便として最寄りの駅までは殆どの住民がスクーターか乗用車で移動する状況になってしまい、徒歩で移動後バス利用する人達向けの商店としては、魚屋さんも八百屋さん成り立たない?もしくは後継者不足で閉店と言ったところでしょうか?今の御時世、どこも個人商店は立ち行きません。

1970年台(40年以上前)にこの町に移り住んだ人達は既に高齢者となっており、桜ケ丘1~4丁目の現在の人口は約6千人だが、高齢化率は約38%と、3人に1人以上は65歳以上になっているそうです。バブル期、住宅地は1坪当たり400万円の値がついたが、現在では50万円と言うところらしい。

多摩市桜ヶ丘地区は、隣接する「多摩ニュータウン」より早く造成された。高度成長期の日本にあって、住宅不足を解消し、理想的な住環境を提供しようと京王帝都電鉄(当時)が計画し、1960年に工事がスタート。1962年に第1期分譲が開始された。一区画平均100坪で分譲され、分譲開始から4年間に第7期までで全体の約1300区画のうち約1200区画を販売、1971年には全区画が完売した。当時は住宅ローン等という支払い方法はなく、まとまった資金をもつ富裕層しか住民になる事は出来なかったのである。

庶民にはまったく関係ない地域ではあるが、時の流れは残酷で、華々しい住環境(都市ガス設備など)を提供した憧れの町も、高齢化の波にさらされる時がやってきたと言う事なのだろう。

「おくさまは18歳」で主演:高木飛鳥を演じた岡崎友紀(1953年7月31日 )さんは現在63歳。「耳をすませば」の主人公:月島雫、劇中で中学校1年生は21年経過した現在、33歳。人が歳をとれば地域も歳をとるって事ですね。

Google mapで「JR東京駅」から「おくさまは18歳」の高木さん宅への道のりをチェックすると・・
JR東京駅から中央線 快速豊田行
JR新宿駅から京王線 特急 京王八王子行
聖蹟桜ヶ丘駅 バス 永山駅行
浄水場前[多摩市]
徒歩220m 到着 時間にして1時間あまりで到着できる様です。

いつか行ってみようかな。

<精神分析的語り>

「ライフサイクルの心理学」と言う本があります。

人の精神の発達の過程で発生する「思春期の心の葛藤」「アイデンティティの獲得」は世間によく知られたところでありますが・・・。

昨今の自殺者統計(警察庁生活安全局生活安全企画課)を眺めてみても、自殺者の内訳は、男性が全体の7割、年齢別では、50歳代が20%、60歳代が20%、40歳代が15%・・自殺の原因は健康問題、経済問題、家庭問題、勤務問題となっている。この割合は近年固定化されているらしい。

つまり、40歳以上の男性で、心身ともに健康を害した人、金銭問題を抱えた人は非常にリスキーなのである。

「ライフサイクルの心理学」では、人生半ばの過渡期の人の危うさを説いています。仕事で目一杯の人がある日突然・・うつ状態になって・・心療内科通いはザラにあるそうです。人生80年時代です。心の病をこじらせる前に是非ご相談下さい。

コンプレックス・心の病・親子関係・引きこもりのご相談承ります。

オールOK子育て法 再考察
http://agency-inc.com/all-ok/

ラカン精神科学研究所 福岡 公式サイト(スマホ対応)
http://agency-inc.com/for-pad/

精神分析家のセラピー日記(進志崇献)
http://agency-inc.com/journal/

進志崇献(しんしそうけん)公式フェイスブック
https://www.facebook.com/lacan.msl.f

進志崇献(しんしそうけん)公式ツイッター
https://twitter.com/lacan_msl_f

File.017 事故現場にみる「無意識」の考察

こんにちは、精神分析家 進志崇献@福岡です。

進志崇献(しんしそうけん):lacan.msl.f@gmail.com

ラカン精神科学研究所 福岡 公式サイト
http://lacan.agency-inc.com/

今回はたまたま遭遇した事故現場で感じた事。

みんな「他人が残酷に殺された話を傍観する」のは好き。でも「ひょっとしたら我が身に降り掛かってくるかもしれない面倒な火の粉の話」は敬遠する。

似たような形式でコンテンツを作っても、アクセス数が全然異なっている事実を垣間見ると、ここでも人の心の有様が浮き彫りにされる。

無意識を発見したウィーンの精神科医:ジークムント・フロイトはフェヒナーが作り上げた「快楽原則」:人間が快楽を求め苦痛を避けることを精神分析学の概念として導入し、人は基本「快楽原則」に従うものの現実を見きわめ、後に「現実原則」:現実生活に適応するために、快楽だけを追い求める本能的欲求を、一時的または永久にあきらめる事に至る・・と説いた。

普通にパソコンやスマフォで情報検索しているだけで、新車のプロモーション動画からドライブレコーダーに記録された壮絶な事故動画まで無差別に目前で再生される。

さて、これからリアル貴方の目前で再生されるのは「車窓に流れる素晴らしい景色」だろうか?それとも「部品飛び散る凄まじいクラッシュシーン」だろうか?

某日水曜日、朝8時前、私は、以下の景色に遭遇した。-----

交差点の角のセブンイレブンの駐車場に救急車、歩道にノーズを突き出したワンボックスカーとその傍らに書類を持って佇む若い女性。救急隊員は地べたに倒れ込んだ中年男性の手を引き、担架へ・・。交差点の向こう側は派出所。はてさて、一体どのような事故なのだろうか?

以下推測

時間から察すると、ワンボックスカーで通勤途中の女性が、コンビニに寄り、国道に戻る際、よく確認をせずにコンビニ敷地内にいたか歩道を通行中の歩行者(中年男性)をはねた・・と言う事か?

以上推測

午前8時台は通学通勤で人が忙(せわ)しなく移動する時間帯なので、よくよく注意しないといけないのだが、往々にして、人は自分の見たいように景色を見てしまう精神構造なので「そこに人がいるのが見えませんでした」と弁解する事態に陥ってしまう。急いでいるからと言って人をはねていいと言う事にはならない。

冷静に考えれば、車を運転中、他者に怪我を負わせれば、事故検証、警察署への出頭、御見舞、示談交渉と時間のロスはもちろん、刑事責任、罰金や点数の減点、免許の取り消し、交通刑務所。民事においては損害賠償・・云々と大変大変面倒な事態が巻き起こって何の為に車を運転しているのかわからなく程のマイナスが発生する事は意識している筈なのに、もう少しゆっくりいけば良いものを、ちゃんと停止すればいいものを、何かに操られるかの如く簡単に事故を起こしてしまう。事故はあらぬ事態が巻き起こるので事故なのだが、Youtubeの事故動画をみると、あまりにも不用意な運転のオンパレードで、動画を観た後は、外出するのが怖くなる。

私の住む福岡県の交通事故死亡者数(事故発生から24時間以内)は年間300人時代が長らく続いたのだが、現在は半減して152人(2015年実績)となっている。それでも、宝くじに当たるより事故で亡くなる確率の方が遥かに高いのである。

リアルな数字をみれば「宝くじ当たらないかなぁ」と言う願望より「事故で死亡する」事の方が遥かに現実味があるのに、人は「まさか、事故に遭うなんて」と我が身に降り掛かる危険性を簡単に「私は大丈夫」と跳ね除ける事ができる。人の精神とは摩訶不思議なものである。

精神分析的語り

加害者女性の無意識(コンプレックス)はどう言う状態だったのだろうか?本人の語りをきいていないので憶測の域を出ないが・・・出勤前に何かコンプレックス(無意識)を刺激されるような出来事はなかったか?

加害者は若い女性、被害者は中年男性、親子ほどの年の差がみてとれる。ひょっとしたら加害者の若い女性は父の置き換えの被害者:中年男性に何らかのプロセスを経て攻撃性を向けたのではなかろうか?

年2回、体の健康診断を受けていますよね。人の心の状態をチェックする事も大事です。無意識(コンプレックス)を表象させて、思わぬ事故や錯誤行為に陥らないように、セラピストと言う心の鏡でチェックされる事をお勧めします。心の状態も体と同様に、こじらせる前に、定期的にチェックされる事をオススメします。自分の心の状態をわかっておく事は大きな安心に繋がります。

コンプレックス・心の病・親子関係・引きこもりのご相談承ります。

オールOK子育て法 再考察
http://agency-inc.com/all-ok/

ラカン精神科学研究所 福岡 公式サイト(スマホ対応)
http://agency-inc.com/for-pad/

精神分析家のセラピー日記(進志崇献)
http://agency-inc.com/journal/

進志崇献(しんしそうけん)公式フェイスブック
https://www.facebook.com/lacan.msl.f

進志崇献(しんしそうけん)公式ツイッター
https://twitter.com/lacan_msl_f

こんにちは、精神分析家 進志崇献@福岡です。

進志崇献(しんしそうけん):lacan.msl.f@gmail.com

ラカン精神科学研究所 福岡 公式サイト
http://lacan.agency-inc.com/

数年前から気になっていた謎のラーメン屋さんがあった。正確には「ラーメン屋」かどうかもわからない店構(みせがまえ)。普通のマンションの1階で開店直前(11時から12時頃?)までシャッターが閉じられていて、店の看板、のれん、提灯・・一切なし。知ってる人しか、そこがラーメン屋と認知する事ができない店・・私自身周辺の人からそういう噂話をきいているに過ぎなかった。

ただただ昼時が近づくと、大通りに面しているわけでもない通りの、あるマンションのシャッターの前に行列ができ始める。不思議な光景である。

某日、たまたま昼時に、謎のラーメン屋?の前を通りがかり、思い切って列に並んでみた。僕の前に並んでいる人は台湾からの観光客で、謎のラーメン店の紹介がされているスマホの画面をみせてくれた。「ほー既に謎は国際化しているのか」。

開店。入店して、お品書きの「普通のラーメン」700円を注文した。店内は普通のラーメン屋の風景。普通に清潔感を感じた。そんな大袈裟な感じではなく、ラジカセからはKBCラジオのナカジー(中島浩二)氏の語りが聴こえていた。壁の「スープにこだわったラーメンを提供する旨」の張り紙が目を引いた。

現在、デフレの世の中なのだがラーメンブーム以降、ジワジワ・・博多ラーメンの値段も上がってきていて、ちょっと何かトッピングすると簡単に千円超するラーメン店が増えてきた。一風堂や一蘭など。スタンダード店でも500円超が普通になってきているが、アンチの店もあって「膳」は280円。「博多ラーメン はかたや」は290円・・この辺が、小腹がすいた時にちょっと食べようか感覚のラーメン屋である。

さて、謎のラーメン屋で出てきたラーメン。店内の張り紙に従って「スープ」から。ほー濃厚です。それでいて雑味や臭みを感じない。・・と言う事は、豚骨を煮出す時にマメにアクを取り除いて作った手間をかけたスープって事です。何を隠そう、私自身ラーメンスープ作りの経験者ですのでその作業の大変さはよくわかります。これが北九州の「魁龍」のスープになると濃厚さの中にギリギリのクドさや臭さ味を感じます。

博多ラーメンのスープは豚骨スープ「白湯麺(パイタン)」にタレを加えて仕上げます。このタレには醤油や味醂(みりん)や旨味調味料が入っていて、ぼんやりした白湯麺の味を引き締めて店独自の味を作り上げるのですが・・・「謎のラーメン屋」のタレは塩分が多めで、小ライスが欲しくなります。今のご時世では炭水化物×炭水化物は敬遠されますので、もう少し塩分控えめがいいのでは?と思いました。まぁこの辺は個人の嗜好で好みの問題です。

私、現在は、基本的に炭水化物を避ける生活を送っているので、率先してラーメン&ライスを食べる事はないのですが、市井の人々の「欲望の根源」を探るために、謎のラーメン屋の列に並んでみました。

<ラーメンに纏わるちょっと気になる話題>

阿藤快(69歳)大動脈破裂胸腔内出血(2015年)俳優でグルメリポーター
武内伸(48歳)肝硬変(2008年)日本ラーメン協会副会長
佐野実(63歳)多機能不全(2014年)「支那そばや」創業者
北島秀一(51歳)胆管癌(2014年)ラーメン評論家

ネット検索すると上記の人々がラーメンの食べ過ぎで早死したと評されていますが、平均寿命に届かず亡くなった事とラーメンとの因果関係は明示できていません。ラーメンの栄養分は炭水化物と塩分と脂肪。過ぎたるは及ばざる如しで・・。また、博多ラーメンには、豚骨スープにコラーゲンが含まれているから美容に良いと言う話も、コラーゲン(タンパク質)経口摂取-アミノ酸に分解-タンパク質に再構築・・されるので、必ずしも「お肌」に良いと言えるのかどうか怪しいと言う論があるそうです。

<精神分析的語り>

かつて、日本経済がバブルであった時代。1988年。コピーライターの糸井重里氏が西武百貨店のコピーを考えた『ほしいものが、ほしいわ。』これこそ、人間の欲望の本質をとらえた名コピーと言える。

安いものが欲しい。ブランド品が欲しい。便利グッズが欲しい。・・どれも違う、私(主体)に欲しい理由はない。ただただ「欲しいものが欲しい」のだ。もう少し突っ込んだ説明をすると、精神分析の世界に「他者の欲望」と言う言葉がある。他人が何を欲しようと関係ない筈なのだが、精神分析の世界では欲望の本質は「他者の欲望を欲望す」と説く。

ちょっと考えてみて下さい。急に貴方の心中から湧き上がって来る欲望。その欲望の源泉を適切に説明できますか?「どうしても~したい」「どうしても~が欲しい」と欲望に支配された貴方はその欲望の意味を説明できますか?

東京では行列が出来る店が美味しいお店と認知されているらしい。並んでまでも食べたい状態になっている店が良いお店と言う事なのだろう。私の住む福岡では「かつれ」と言う方言があります。ひもじくて頭の中が食べ物の事で一杯で食欲に支配されている状態の事を指します。

飲食店に並んでいる人達に向かって「この、かつれが!」と卑しさを非難する様な使い方をします。行きつけの食堂が満席だったら「ごめん、おばちゃん、今日、別の店にいくけん」とさらりと別の店に向うのが博多っ子っで、並んでまでも食べるのは卑しいと言う文化なのでしょう。そもそも気が短い人達が多い土地柄でありますが。

よって、一風堂に列をなしているのはガイドブック片手のお上りさん。一蘭に列をなしているのは韓国人のツアーの人達と言う認識になります。博多でランチ難民が問題化したと言う話はきいた事がありません。

「他者の欲望を欲望す」に関してはまた別の回に取り上げます。

コンプレックス・心の病・親子関係・引きこもりのご相談承ります。

オールOK子育て法 再考察
http://agency-inc.com/all-ok/

ラカン精神科学研究所 福岡 公式サイト(スマホ対応)
http://agency-inc.com/for-pad/

精神分析家のセラピー日記(進志崇献)
http://agency-inc.com/journal/

進志崇献(しんしそうけん)公式フェイスブック
https://www.facebook.com/lacan.msl.f

進志崇献(しんしそうけん)公式ツイッター
https://twitter.com/lacan_msl_f

こんにちは、精神分析家 進志崇献@福岡です。

進志崇献(しんしそうけん):lacan.msl.f@gmail.com

ラカン精神科学研究所 福岡 公式サイト
http://lacan.agency-inc.com/

Amazonプライムビデオのお陰で、見逃していた過去作が手軽にチェック出来るようになった。隙間時間でチェックしていくのもなかなか大変ですが、今回、取り上げるのは・・。「おくさまは18歳」1970年9月29日から1971年9月28日までTBS系列で全53回が放送された超人気テレビドラマ。主演:高木哲也役(石立鉄男)と高木飛鳥役(岡崎友紀)。

許嫁(いいなずけ)同士で結婚した夫婦。おくさまは18歳、旦那さんは高校教師(歴史)が同居して新婚生活を始めるものの同じ高校(北辰学園)で生徒と教師と言う立場で転校・赴任。学園長から固く約束させられたのは、学園内では二人が結婚している事は絶対に内緒にする事。約束を破ると、夫婦諸共放校処分の憂き目に・・。隣の奥さんや学園関係者を巻き込んで騒動に発展していくと言うお話。まぁ構造的には元祖「翔んだカップル」と思ってもらってよい。

<精神分析的語り>

人から「ライフサイクルの心理学」と言う本を借りて読んでいた。当時、私は百貨店で物販の仕事をしており、食事は社員食堂を利用していた。ご存知の通り百貨店は女性の職場であり、写真食堂で食事をしていると視界に中にいるのは全て女性という時もままある。「ライフサイクルの心理学」の中で人は「無意識」に操られていると言う件を読みながら「あぁそう言うものかな」と思い、ふと自分が見ている光景を意識した。

・・・「そう言えば、なぜか自分はショートカット(髪型)」の女性ばかりを無意識に追っているな」と気が付いた。「もし、自分が付き合うとしたら彼女の髪型はどんなのがいい?」ときかれれば、迷わずに「ショートカット」と返答した。日常会話でも「異性の好みのタイプは?」ときかれれば「明るくて、場が華やぐような人」と答えていた。その時「なぜ?」ときかれたら「ん・・なんとなく」としか答えられなかったのだが、自分の無意識を自己分析してわかった。「自分は岡崎友紀症候群である」と。

私は1963年生まれだから。「おくさまは18歳」放映時、07歳で小学校1年生。精神発達論の段階で言えば、エディプス期(終了)から潜伏期の時期となる。私の場合はちょっと家庭環境が複雑で、母子関係を経て、すんなり「基本的信頼」を獲得できた筈もない発達不全状態で、毎週テレビにかじりついて「おくさまは18歳」の劇中の超キュートは高木飛鳥(たかぎあすか)こと岡崎友紀さんに熱い視線を注いでいたのだから、岡崎友紀さんが理想の女性像として刷り込まれない筈はない。

ちなみに「おくさまは18歳」は放送が始まると同時に人気を獲得し、最高視聴率33.1%を記録。このため2クール26話の最初の放送予定が1年間53話に延長された(全体の平均視聴率は25%)。ちなみに、現在放送中のNHK「とと姉ちゃん」の平均視聴率は22.7%と言うデータをみれば、その国民的人気度も理解してもられるだろう。ちなみに1970年のプロマイド売上ナンバー・ワンも「岡崎友紀」が奪取。その後、1974年まで売上ベスト5にランクインし続ける。今のショートカットアイドルと言えば「剛力彩芽」、今から46年前の「剛力彩芽」が「岡崎友紀」と思ってもらえばよい。

通常、男は基本マザコンで無意識に母の幻影を求め続けるものと理屈付けされているが、私の場合は理想の異性像として「岡崎友紀」が採用されたのであった。現実に、50年以上生きて来たのにも関わらず「ロングヘアー」の異性を好きなった事がない。私も知らず知らずに求める理想的異性像を無意識(コンプレックス)に操られていたのだ。これって結構重要な事実の様な気がする。これを意識できていれば「ロングヘアー」の異性に興味関心を持つ機会を失わなかったのかもしれない。人生の伴侶を選ぶ事は重大事なのだが、にもかかわらず自分が意識していない無意識に左右されている現実がある。

こう言う事実も自分が「精神分析」に大いなる興味を持った要素の1つではある。

<おくさまは18歳よもやま話 キャスト編>

46年前・・ほぼ50年前の作品なので、出演者も既に亡くなられている人がいて愕然をする。「あぁ50年経てばそうだよなぁそうだよなぁ」と納得するものの、ネットで調べれば愕然とする事実がでてくる。

まず、夫役の高木哲也:石立鉄男さんは2007年6月1日、就寝中に急性動脈瘤破裂のため静岡県熱海市にて死去。64歳没。高木飛鳥:岡崎友紀さんは現在63歳。2010年7月に行われた第22回参議院議員通常選挙で民主党から非拘束名簿式比例代表制でタレント議員候補として出馬したが落選した。岡崎友紀さんにはいつまでも元アイドルでいて欲しかったので、正直、落選の報をきいてホッとしました。岡崎友紀さんの最初の夫はソニー共同創業者盛田昭夫の長男の盛田英夫氏(典型バカ息子)なんだけど、僅か3年で離婚。それなりの波乱万丈の人生を送られています。共演者に目をやると三枚目の教師(海沼)役に寺尾聰。寺尾氏は約10年後の1981年に、ヨコハマタイヤのCM曲だった「SHADOW CITY」に続き「ルビーの指環」が大ヒット。社会現象を巻き起こした。クリーニング屋役に荻島真一さん。僕の記憶に残っているのはNHKの銀河テレビ小説「僕たちの失敗(1974年)」に酒井和歌子と共演。いい味を出しておられたのですが、調べてみると2004年11月11日に胆管がんで死去58歳没。更にハイミス教師(渋沢民子)役で出演しておられた冨士眞奈美さんは、映画版の「紙の月(2014年)」に独居老人役で出演。現在のお歳は78歳。なんかため息が出てきました。

<おくさまは18歳よもやま話 時代編>

鑑賞していて撮影時の時代背景が読み取れて面白い。劇中でラーメンは1杯70円で、サッポロラーメンは1杯130円、お隣さんに建て替えてもらった新聞代が月額760円、レストランの高校生のウエイトレスのアルバイト代が日給千円。

劇中に登場する車達も今ではクラシックカー。パブリカ、コロナ、カローラ、ブルーバード、キャロル、車史を語る上での重要な資料にもなります。

あと、作品中に学生運動のパロディーでデモ行進やヘルメットが描写されています。あさま山荘事件が1972年2月19日なので、もちろん番組中に学生運動の活動家が出てくる事はありませんが、それなりに世相を反映していると言えます。番組で主人公たちが宿泊に向う「浮かぶホテル スカンジナビア号」と言う船が登場するのですが、この「スカンジナビア号」2006年09月02日和歌山県潮岬沖で沈没しています。詳しくは検索してみて下さい。・・歴史ですなぁ。

<おくさまは18歳よもやま話 ロケ地編>

ネットで検索すると既に「おくさまは18歳」のロケ地探訪をされている方がおられます。ロケ地は東京都多摩市桜ヶ丘4丁目周辺です。文明の利器「Google地図」や「ストリートビュー」を駆使してみると・・。ありました!主人公夫婦の愛の巣。ファンの方が探訪した時、写真撮影されたのが2001年。あぁそれから既に15年経過。愛の巣の周辺は鬱蒼と緑が茂り、50年近い時の流れを感じさせます。そりゃ、当時は携帯もスマフォもコンビニも影も形もないですからねぇ。小学校1年生の時みていたテレビ番組のロケ地を50年後にパソコンの航空写真でチェックする時が訪れようとは、まるで映画「バック・トゥ・ザ・フューチャー」のような感覚でパソコン画面に見入ってしまいました。

そりゃ、高木哲也(石立鉄男)と高木飛鳥(岡崎友紀)の間に子どもがいて、孫がいてもおかしくない時が経過しているんですものね。

僕達世代は、この年の3年後、1973年に祥伝社から発行された「ノストラダムスの大予言」著:五島勉によって1999年でこの世が終わると信じ込まされ「40歳までは生きられない」と暗示にかかる不幸な世代でありました。

コンプレックス・心の病・親子関係・引きこもりのご相談承ります。

オールOK子育て法 再考察
http://agency-inc.com/all-ok/

ラカン精神科学研究所 福岡 公式サイト(スマホ対応)
http://agency-inc.com/for-pad/

精神分析家のセラピー日記(進志崇献)
http://agency-inc.com/journal/

進志崇献(しんしそうけん)公式フェイスブック
https://www.facebook.com/lacan.msl.f

進志崇献(しんしそうけん)公式ツイッター
https://twitter.com/lacan_msl_f

こんにちは、精神分析家 進志崇献@福岡です。

進志崇献(しんしそうけん):lacan.msl.f@gmail.com

ラカン精神科学研究所 福岡 公式サイト
http://lacan.agency-inc.com/

Amazonプライムビデオのお陰で、見逃していた過去作が手軽にチェック出来るようになった。隙間時間でチェックしていくのもなかなか大変ですが、今回、取り上げるのは・・。名作「おくりびと」2008年の邦画です。第81回アカデミー賞外国語映画賞、第32回モントリオール世界映画祭 グランプリを受賞し日本でもブレークした。

かつて、伊丹十三さんの初監督作品に「お葬式(1984年)」と言うのがあったが「おくりびと」納棺師は、死者が天国に旅立つお手伝いをするお仕事で、主に、遺族や参列者等が故人と対面できる様に遺体の見栄えを整える。ドライアイス等で内臓や体全体を冷やし腐敗の進行を抑えたり、表情を整え臭いを抑える含み綿、経帷子等の衣装に着替えさせ顔剃りや化粧をする。

おくりびと:納棺師(のうかんし)を演じるのは本木雅弘。僕達中年世代からすると、1980年代にアイドルグループ シブがき隊(ジャニーズ事務所)の一員:モックンとして歌って踊っていた彼を懐かしく思い出す。

僕の記憶によれば、TBSテレビの「ザ・ベストテン」にデビュー曲(NAI・NAI 16)がランクインし初登場した時に、ヤックンかモックンが滑ってコケちゃうアクシディンとがあったんだよねぇ。覚えている人がいたら教えて下さい。

現在の芸能ニュースではSMAPの解散が取り上げれているが、シブがき隊のアイドル活動は1981年から1988年の僅か7年間であった。その後、メンバーの布川敏和氏はアイドルのつちやかおりと職場結婚するものの2014年に離婚。薬丸裕英氏は1996年から2014年まで、17年半に渡り「はなまるマーケット」の司会を務めた。1990年、アイドル時代より交際を続けていた石川秀美と結婚。本木雅弘は1995年内田也哉子と結婚(婿養子)。岳父はロックミュージシャン内田裕也、丈母は女優の樹木希林。1992年シコふんじゃった。 おくりびと(2008年)。日本のいちばん長い日(2015年)どの昭和天皇役 。天空の蜂(2015年)。・・今や実力者俳優としての評価を手中に収めている。

さて、この「おくりびと」、「HiGH&LOW THE MOVIE」と「スーサイド・スクワッド」を劇場で鑑賞した後にみると「あぁ日本はなんと情緒の豊かな国なのだろうか」と感慨にふけってしまう。

いかなる宗派であれ死者に寄り添い旅立ちの儀式を滞りなくすすめるのが納棺師:おくりびと。遺族の死者への生前コンプレックスが露わになる瞬間。悲喜こもごものシーンが展開される。事故死した娘に「こんな死に方をするなんて」と後悔を吐露する両親。死に化粧をしたお爺ちゃんの顔にキスマークをつける妻と娘と孫娘。お葬式とは思えないホノボノ感が伝わってくる。各々の場面での本木雅弘君の納棺までの所作の描写(演技)が素晴らしい。

劇中でも幾度となくこのセリフを聴いた「人間、誰でも死ぬんだよ」と。いつかは我が身か・・と、なるべくそう言う事や事態を想像の域から追い出し「縁起でもない」と避けてはいるが、いつか確実に突然その瞬間はやってくる。

精神発達論を学習すると・・エロスとは、性本能・自己保存本能を含む生の本能をさす。死の本能(衝動)であるタナトスと対になる概念。メラニー・クラインは、乳児のタナトス(破壊衝動)が思い通りにならない母親の乳房に投影されると考えた・・などと言う件が出てくる。生きていく事に使える知識です。

あ、それから、石井聰互監督の出世作「狂い咲きサンダーロード(1980年)」で主役を演じた山田辰夫(魔墓呂死特攻隊長の仁役)さんが、劇中で遺族役で登場:納棺師の到着が予定より5分遅いことに文句を言うものの、納棺後、妻について「あいつ、今までで一番綺麗でした」と感謝を述べるシーンがある。この作品の公開が2008年。山田辰夫さんが亡くなったのは翌年2009年7月26日。胃がんで死亡(53歳)でした。誠に残念。

日本映画:邦画が面白くないと言われ、テレビの普及もあり、人々の映画館離れが急激に進んだ1960年から1995年頃まで、邦画暗黒の時代であった。ところがである、今年2016年、映画(邦画)が面白い。精神分析的視点でお話の背景や主人公の立ち位置、心情、精神構造など考察するのが楽しくなってしまう。

<今年(2016年)に入って私が劇中でみた邦画一覧>

ちはやふる -上の句-:「海街diary(2015年)」広瀬すずが輝いている。
アイアムアヒーロー 2回鑑賞:有村架純 が好演。後半寝てますけど。
ちはやふる -下の句-
64-ロクヨン-前編/後編-
テラフォーマーズ
世界から猫が消えたなら
海よりもまだ深く
ヒメアノ~ル
ディストラクション・ベイビーズ
サブイボマスク
クリーピー
葛城事件
TOO YOUNG TO DIE! 若くして死ぬ
日本で一番悪い奴ら
シン・ゴジラ 4回鑑賞
ケンとカズ
君の名は。

精神分析の分析対象にもってこいなのは、やはり「葛城事件」ですかね。
月刊 精神分析 2016年10月号 葛城事件考察
http://agency-inc.com/kasturagi-incident/

ライムスター宇多丸氏や、町山智浩氏の映画批評は大変面白いです。ネットで検索してみて下さい。色々な気付きがあると思います。みなさん!まず映画は劇場でみましょう!

心の病・親子関係・引きこもりのご相談承ります。

オールOK子育て法 再考察
http://agency-inc.com/all-ok/

ラカン精神科学研究所 福岡 公式サイト(スマホ対応)
http://agency-inc.com/for-pad/

精神分析家のセラピー日記(進志崇献)
http://agency-inc.com/journal/

進志崇献(しんしそうけん)公式フェイスブック
https://www.facebook.com/lacan.msl.f

進志崇献(しんしそうけん)公式ツイッター
https://twitter.com/lacan_msl_f

こんにちは、精神分析家 進志崇献@福岡です。

進志崇献(しんしそうけん):lacan.msl.f@gmail.com

ラカン精神科学研究所 福岡 公式サイト
http://lacan.agency-inc.com/

今回、取り上げるのは・・。

しらずしらず 著者:レナード・ムロディナウ 訳:水谷純 です。

武田鉄矢・今朝の三枚おろし(文化放送)で偶然「無意識」について語っておられたので、本を購入して考察した。

https://www.youtube.com/watch?v=EBj6ErMCUfc

2013年12月に第1刷発行なので、心理学関係の本にしては新しい部類である。

人間を絶滅の危機から救ったのは「無意識」である。こういう切り口から話が始まる。

心の領域は「意識」と「無意識」に分けられる。

例1)食べにくい小さな器の美味しいポップコーン。食べやすい大きな器の美味しくないボップコーン

実験すると、本人が美味しいと思っているポップコーン、実は「小さな器」の方なのだが、往々にして「大きな器」の方を平らげてしまう事になるという。意識的上「俺は美食家」と自認している人でも実は食の嗜好は器の形によって左右される無意識に支配されている。

例2)洗剤の入った箱の色。「黄色」「青色」「青地に黄色」の3パターンだと、使用者は「青地に黄色」の箱の洗剤が圧倒的に汚れ落ちがよいと評価する。もちろん実験では箱の中の洗剤は同じもの。Google検索て「箱入り洗剤」画像を探すと、基本「青系に黄色や赤のロゴ」で、トップは変わっていて赤基調ですね。

例3)ペプシパラドックス。目隠ししてコーラを飲むと「ペプシコーラ」が美味しいと判定されるが、目隠し無しでテストすると必ず「コカ・コーラ」が美味しいと評価されるパラドックス。人は先入観や広告効果で味覚が左右される。

例4)武田鉄矢氏は、かつて、荒川土手で「3年B組金八先生」の撮影中、早朝からの仕事で、本当はずっと、視界に首吊死体があった筈だったのに全く目に入らなかった。

両眼視野闘争とは、左眼と右眼が異なる画像を見たとき、左眼が見ている画像と右眼が見ている画像のどちらかのみが意識に上り、それがランダムな時間間隔で入れ替わる現象のこと。

人の目は見えているものをみるのではない。見たいものをみるのである。それが心である。

例5)生後6ヶ月の赤ん坊でさえ、劇中に登場する○△□の行動原理を読み取り。親切/不親切を理解する。

人が心を機能させるようになったのは僅か5年万年前。

例6)「ゴミ捨て禁止のキャンペーン」は、ゴミをすてているという集団規範(無意識に対して)を伝える事になり、かえってゴミのポイ捨てを増やす結果になりがち。意識への呼びかけは時にして無意識を呼び覚ます事がある。

例7)狭心症患者に対して架空の手術をしても症状の改善効果がある。プラッシーボ効果が期待できる。思い込み。

例8)武田鉄矢家が木村秋則さんのりんご園(奇跡の林檎)を訪問した時の事、三内丸山遺跡(縄文遺跡)、青森 温泉宿 星野リゾート(奥入瀬渓流ホテル)、岡本太郎のレリーフ。棟方志功記念館・・・すべて、しらずしらずの内に「縄文」繋がりで動いていた。

例9)スティーブ・ジョブズは天ぷら学生をしていた時代に自分の興味のあったカリグラフィーの授業にはまる。それ故に「僕が大学を中退していなかったら、現在のあらゆるパソコンには豊かなフォントの機能は装備されていなかっただろう」と語っている。この経験が後に複数の書体を選ぶ事ができる世界初のパソコン・マッキントッシュの開発につながる。「人生の中でしらずしらず偶然に起こった様に思える点(ドット)を結べ」。

現代において正しい自己評価を持つ人の大半は軽度のうつ病に罹っている。自分自身にとって「前向きな錯覚」を抱くこと、それが個人と社会に対して素晴らしい事を次々におこす。自分に対して自惚れてないと人間って弱くて脆い生き物である。正しく錯覚し、正しく失敗することが命を元気にしていく。想定外の出来事のみが人間を成長させる。

対話療法(セラピー)によって、無意識を書き換える事は、あなたの運命を変える事と同意であります。

心の病・親子関係・引きこもりのご相談承ります。

ラカン精神科学研究所 福岡 公式サイト(スマホ対応)
http://agency-inc.com/for-pad/

精神分析家のセラピー日記(進志崇献)
http://agency-inc.com/journal/

進志崇献(しんしそうけん)公式フェイスブック
https://www.facebook.com/lacan.msl.f

進志崇献(しんしそうけん)公式ツイッター
https://twitter.com/lacan_msl_f

こんにちは、精神分析家 進志崇献@福岡です。

進志崇献(しんしそうけん):lacan.msl.f@gmail.com

ラカン精神科学研究所 福岡 公式サイト
http://lacan.agency-inc.com/

映画「HiGH&LOW THE MOVIE」を鑑賞したので感想を報告します。TBS RADIO ライムスター宇多丸のウィークエンド・シャッフルの「週刊映画時評 ムービーウォッチメン」で取り上げる映画の抽選(ムーヴィーガチャ)でEXILE TRIBEメンバー総出演のエンターテイメント巨編「HIGH & LOW THE MOVIE」が当たったので、私も慌てて観る事にしました。

実は、私は鑑賞した後で出演者が「EXILE TRIBEメンバー」と言う事を知りました。疎くてすみません。

私達、中年世代が、街の自治のパワーバランスの変化によって若者グループが抗争を繰り広げる映画と言えば、地元福岡出身の石井聰互監督の出世作「狂い咲きサンダーロード(1980年)」でしょうか?

主演の山田辰夫さんは、既に2009年7月26日に他界。名脇役と評価が高かったのに惜しい人を亡くしました。Youtubeで偶然出てきた「オン・ザ・ロード(1982年)」にガソリンスタンドの給油係のバイク少年役で山田さんが出ているのを偶然発見し笑ってしまいました。ちなみに「オン・ザ・ロード」は渡辺裕之さんの映画デビュー作品。

「HiGH&LOW THE MOVIE」物語的には、かつてこの街を支配していたMUGENグループのリーダー「琥珀」が実弟を抗争の犠牲にしてしまった罪悪感を軸にした構成。実弟の敵討ちをしたいと言う欲求と、かつての仲間たちとの関係の葛藤(板挟み)に苦しむ様子が描写される。

久しぶりに日本の道を大型バイクが徒党を組んで走るシーンを観た。なかなかの迫力で楽しませてもらった。ちょっと前では「ワイルド7(2011年)で観たような記憶がある。深田恭子可愛かったなぁ。若者のバイク離れが言われて久しい。実際、昔の様に大型バイクが列をなして国道を走っている様をみる事は殆どなくなった。爆音族でさえ、たまに耳にする位で・・・。

劇中に登場するのは、殆ど若者で、保護者的な立場の人は出てこない。終盤に、小竹(小泉今日子)と寿子 (YOU)がカウンターで語り合うシーンで「ちょっと、あのこ達ケンカし過ぎじゃない?」「そうねぇ、でも恋愛でも仕事でもなんでも、自分でケンカして自分の道を勝ち取っていくものでしょう」的な会話がなされる。

昔は、暴走族的な若者グループはもうすぐ犯罪者的な扱いを受けてきた。不良グループ→暴走族→チーマー→半グレ→暴力団の見習い→立派な構成員・・というコースが定められたかの様に。

確かに暴力団用語に「親分子分」「兄弟分」「親子の盃」など擬似家族的な関係性が伺える。人として生まれて来た以上、血縁関係のある両親がいて、兄弟がいる筈なのだが、家族関係をうまく構築できず、表社会にも適合できなければ、裏社会において擬似家族の中に身を置かなくてはならなくなる。「ヤクザ者」と言った表現もある。一般的な会社に勤務できず月々の収入が安定しない者をさす。

月刊 精神分析 2014年06月号 萩原流行・まゆ美 Wうつ
http://agency-inc.com/hagiwara-nagare/

先にバイク事故で亡くなった「萩原流行」さんの自伝的著作の「Wうつ」に目を通すとまさしく、暴力的な父との間に家族関係が構築できず、妻のまゆ美さんを母の代わりとして生きている様子がよくわかる。萩原さんの場合、俳優業と言うヤクザな職業を生業としたわけだが、まゆ美婦人が内助の功で萩原さんを支えていた。その萩原氏も都内を大型バイクで移動中、高井戸警察署の護送車に接触されて転倒し、後ろから来た乗用車に胸をひかれ病院に搬送されたが死亡が確認されると言う残念な結果になってしまった。2015年4月22日、62歳没。

精神発達論を学習すると人の精神が発達する過程において「母の役割」「父の役割」がよく分かる。母子関係、父子関係を抜きにしては人の心は育たないのである。

「HiGH&LOW THE MOVIE」では雨宮三兄弟の関係性は描写されても・・「父」の姿は一切出てこない。この街の産業は何?みなさんどうやって収入を得て、バイクを購入したり、革ジャン買ったりしているの?国民健康保険の保険料の支払いは?などと野暮な疑問を思い浮かべてしまう。すみません。現在の日本社会を象徴して、劇中には「父」も「父性」も登場しません。物語の構成上登場しなくて当たり前なのかもしれませんが・・。

架空の街で展開されるチームの抗争、友情、バイクアクション、乱闘アクションが売り物でしょうか?初見時に予備知識はなくても、じゅうぶん楽しめる作品です。映画「HiGH&LOW THE MOVIE」意外とオ・ス・ス・メです。

心の病・親子関係・引きこもりのご相談承ります。

ラカン精神科学研究所 福岡 公式サイト(スマホ対応)
http://agency-inc.com/for-pad/

精神分析家のセラピー日記(進志崇献)
http://agency-inc.com/journal/

進志崇献(しんしそうけん)公式フェイスブック
https://www.facebook.com/lacan.msl.f

進志崇献(しんしそうけん)公式ツイッター
https://twitter.com/lacan_msl_f

こんにちは、精神分析家 進志崇献@福岡です。

進志崇献(しんしそうけん):lacan.msl.f@gmail.com

ラカン精神科学研究所 福岡 公式サイト
http://lacan.agency-inc.com/

みなさんの記憶の中ではもう風化してしまいましたか?8年前の2008年6月8日の「秋葉原無差別殺傷事件」東京・秋葉原で起こった無差別殺傷事件で、7人が死亡、10人が負傷(重軽傷)した。加害者の「加藤智大」(事件当時25歳)は現在、死刑囚として服役中。

事件発生当時、私は丁度、精神世界に興味を持ち始めていた時期で、月刊 精神分析にも精力的に原稿を提供しました

月刊精神分析 秋葉原無差別殺事件シリーズ

http://agency-inc.com/akihabara4/
2013年08月号 秋葉原無差別殺傷事件4 加藤智大 解+
http://agency-inc.com/akihabara3/
2012年10月号 秋葉原無差別殺傷事件3 加藤智大
http://agency-inc.com/akihabara2/
2011年03月号 秋葉原無差別殺傷事件2 加藤智大
http://lacan-msl.com/akihabara/
2009年09月号 秋葉原無差別殺傷事件 加藤智大

実は、加藤智大君は、青森県立青森高校出身で、中日本自動車短大(岐阜県)・・自動車整備士を養成する専門学校を卒業後、高校時代の友人頼りに仙台市で暮らす事になります。2003年02月~05年02月 人材派遣会社「東洋ワーク」(仙台市)警備事業部からの派遣で同市内の警備業務につく。入社半年後、準社員扱いで内勤へ。この時、半年先輩で先に東洋ワークに入社していて、一緒に働いていたのが「大友秀逸」氏なのである。

以前、大友さんが、月刊 精神分析の記事をご覧になった時に、精神分析的考察に興味を持たれたとの事で、その時に連絡先は教えて頂いていて、今回のご対面となりました。随分遅くなってすいません。

普通、凶悪犯罪者の昔の同僚と言う立場は、世間からバッシングの対象になるので、普通に考えたら、匿名や仮名を条件に証言するのが普通なのだが、大友秀逸さんは実名で活動されている。

事件発生時、大友さんはマスコミの偏向報道ぶりに驚いたという。大友さんの話によると「職場での加藤くんの暴力的な言動だけを抜き取り再現ビデオ」を作成したり真実を伝えるには程遠く、一時期、大友さんはマスコミに不信感を持ち沈黙するのだが、ある時期からニコニコ動画などに出演し、自分の知っている加藤智大像を語るようになる。

私が、大友秀逸さんの事を知ったのはこの頃だ。

今回、一緒にごほんを食べながらと言う話になり、某日JR御茶ノ水駅近くのファミレスでの話となった。

特に私が質問しなくても、積もる思いがあるのか?大友さんの語りは続く。私は立場上、加藤くんの心の機微に目が行ってしまうのだが、大友さんは一緒に働いていただけあって、加藤くんが経済的にも大変だった事を語ってくれた。仕事を凸辞めした件も経済的な理由もあると。彼の、相当彼の凝り性な性格も災いしているとの語りであった。実際、大友秀逸さんは加藤智大同僚が「もう丸2日食べてません」て呟き、見かねた上司が1000円札をこそっと渡しているシーンを観たと言う。

加藤君の仕事ぶりは、どの職場でも「良好」の評価だったのだが、大友秀逸さんによると「20歳やそこらでブラッキーな会社の仕事の割り振り担当を任されて加藤君は本当に大変だったと思います。彼が社会人になって初めて勤務した会社が、もっと努力が報われる職場だったらと思うとやり切れなさが込み上げます。」と語った。

秋葉原無差別殺傷事件の客観的事実を羅列すると、職場で作業着のツナギが紛失し、私生活では居心地の良かった携帯電話の掲示板を荒らされた加藤智大が逆上し、当時住んでいた静岡県裾野市から福井市のミリタリー輸入雑貨店までダガーナイフ(凶器)を購入に出かけ、所持していたゲーム機&ソフトを処分し、引っ越し用のトラックをレンタルし、東京都千代田区外神田(秋葉原)まで自走し、歩行者天国にいる人々をはね殺し、トラックが使えなくなると、所持していたダガーナイフで殺傷するという、前代未聞の派手な事件だった。この件についても、大友秀逸さんは「加藤君の暴力性が露わになっても、それはほんの一時(ひととき)、一次的なもので、人を殺す動機付け(モチベーション)として加藤くんの暴力性が機能した事が未だに信じられないと語る。

今「秋葉原事件 加藤智大の軌跡(朝日新聞社版)」著:中島岳志を読み返すと、職場にもいられない、心を寄せる場所もない、どこにも自分のいる場所がない(引き返せない)って事が最大の動機であった様な気がします。

あと、半年前の加藤智大君のトピックスを提供していただきました。

秋葉原事件・加藤智大死刑囚が「死刑囚表現展」に作品を応募し、受賞した

「加藤智大」「作品」と検索すると出てくるそうです。

秋葉原無差別殺傷事件に関しては、加藤智大君の弟が自殺するなど、未だに余波が続いている様です。

いずれまた、月刊 精神分析 で、

心の病・親子関係・引きこもりのご相談承ります。

ラカン精神科学研究所 福岡 公式サイト(スマホ対応)
http://agency-inc.com/for-pad/

精神分析家のセラピー日記(進志崇献)
http://agency-inc.com/journal/

進志崇献(しんしそうけん)公式フェイスブック
https://www.facebook.com/lacan.msl.f

進志崇献(しんしそうけん)公式ツイッター
https://twitter.com/lacan_msl_f

こんにちは、精神分析家 進志崇献@福岡です。

進志崇献(しんしそうけん):lacan.msl.f@gmail.com

ラカン精神科学研究所 福岡 公式サイト
http://lacan.agency-inc.com/

平成不況の昨今だが、あのバブル時代より一人当たりの名目GDPとやらは遥かにハイレベルで安定しているらしい。パソコンで検索してみると、右肩上がりで安定しているグラフを参照する事ができる。

経済のしくみはよくわからないが、経済は成長しなくても、僕らの生活は、暮らしやすく安定している・・たしかに、物資が欠乏して困っている状況があるとしたら凄まじい震災に見舞われた時くらいで、東日本大震災の時でさえ私の住む九州で「乾電池とレトルト食品」が品薄になったくらいのレベルと記憶している。

手続き関係も、たまに郵便局に行って待ち行列に並ぶとイラっとする位で、殆どの手続きはネットに接続したパソコン上で完結するし、お金の出し入れは手数料無料の24時間ATM、買い物もAmazon、商品の受取はコンビニ。確かに暮らしを便利にする社会インフラは大きく整備されたと思う。

20世紀は、工場のオートメーションがFA、事務所のオートメーションがOAと言って、僕達の世代はOAを推進するのがお仕事であったが、平成に入って家庭のオートメーションHOがネット環境の整備や、お掃除ロボットの普及で実現しているのだなと思う。

こんなに便利な世の中になると、あのバブル時代に戻りたいですか?と聞かれても・・いや、給料は増えないですけど、こっちの方がいいですと言う気になる・・多分、これが名目GDPが高いと言う状態なのだろう。

最近、Amazonプライムビデオで映画や昔のテレビ番組をレビュウーする機会が増えると「レンタルDVD」も終焉かな?」と言う気にさせる。車もバイクも不要。使う時にシェアすればよい。かつての、電話、電卓、カメラ、テレビ、ゲーム機、ウォークマン、メモ帳、地図帳、ストップウォッチ、スケジュール帳、本、すべてがスマートフォンやなんとかパッドで事足りるのならば、そりゃ、消費額は少なくなって当然だと思う。

さてさて、というわけで、電車に乗れば吊り広告に目をやっていた人々は今やスマフォから目を離さず、パズドラやポケモンGOやツイッターに支配されているかの様だ。

ここ数年、上京する機会がなかった私だが、リアル「スカイツリー」を拝もうと、福岡から羽田、新宿、御茶ノ水近辺の情報を集めてみた。

昔は、電車の出発時間を確認する事さえ面倒だったのだが、適切な検索ワードを入力すればGoogleが拾ってくれるし、乗り換えや所要時間、運賃までGoogle地図が教えてくれる。30年前は時刻表をめくっていたのにまさに「隔世の感」とはこの事だ。検索すると「駅すぱあと」と言うソフトはあるみたいだが、すっかり見にしなくなった。

精神分析的には象徴界の氾濫の中で生活していると言えよう。意味の氾濫である。

私たちは否が応でもでもこういった世の中とお付き合いしていかないと生きていけないのだ。

今回は「性倒錯の構造 フロイト/ラカンの分析理論 著:藤田博史」から以下の文章を引用する----

なるほど大自然は、あたかも精神分析における分析家のように機能してくれる。いやむしろ大自然こそが本来の意味での分析家なのかもしれない。わたしたちは大海原や、広大なサヴァンナや、高くそびえる山々の大きさのなかに身を置いたとき、そこに自己分析を導いてくれる不思議な分析家がいることを経験するのである。この大自然に対峙した時、確かに自己分析は自己分析の限界を超えることを体験する。

大量の商品と文字と音に包まれて、この過剰なサービスのなかでわたしたちは確実に疲れている。電車の中吊り広告だけでも撤去すれば安らぐことだろう。それでも快楽を求めて退行する欲望は、手の届くところすべての必需品が最良の形で存在することを求め続けているように見える。わたしたちはすでに過剰のサービスを要求する倒錯者であり、目眩(めくるめ)く文字に彩られた「文字フェティシスト」である。

わたしたちはここで文字情報を消去し、目の本来の機能を回復させることを試みよう。そのためには、街を捨て、大自然のなかへ出かけてゆくことである。

目は文字を読んだりテレビを見たりするためではなく、なによりも自然のなかに参加するために与えれた器官なのだから。

以上引用----

心の病・親子関係・引きこもりのご相談承ります。

ラカン精神科学研究所 福岡 公式サイト(スマホ対応)
http://agency-inc.com/for-pad/

精神分析家のセラピー日記(進志崇献)
http://agency-inc.com/journal/

進志崇献(しんしそうけん)公式フェイスブック
https://www.facebook.com/lacan.msl.f

進志崇献(しんしそうけん)公式ツイッター
https://twitter.com/lacan_msl_f

こんにちは、精神分析家 進志崇献@福岡です。

進志崇献(しんしそうけん):lacan.msl.f@gmail.com


ラカン精神科学研究所 福岡 公式サイト
http://lacan.agency-inc.com/

地元、福岡市東区筥崎宮では「放生会」が開催中です。名物の「新生姜」は秋の訪れ。

さて、ここでちょっと引っかかるニュース。

福岡市にとって「飲酒運転」は「トラウマ」。

以下報道記事引用----

酒気帯び運転で懲戒免職「違法」 福岡市の敗訴確定

2016年09月12日22時33分

福岡市水道局に勤務していた男性が、酒気帯び運転を理由に懲戒免職となったのは「処分が重すぎて違法だ」として、市を相手に処分の取り消しを求めた訴訟の上告審で、市の敗訴が確定した。最高裁第一小法廷(木沢克之裁判長)が08日付で、市の上告を退けた。

昨年12月の二審・福岡高裁判決によると、男性は2013年09月、同僚らと飲酒した後、バイクを運転して帰宅する途中に酒気帯び運転容疑で検挙され、罰金30万円の略式命令を受けた。二審判決は「男性の行為は、飲酒運転の中でも比較的軽い。公務員の地位を奪う処分には特に慎重な検討が必要で、免職処分は重すぎて違法だ」と判断。処分を取り消した一審・福岡地裁判決を支持した。

以上報道記事引用----

今から10年前、2006年08月25日「福岡海の中道大橋飲酒運転事故」が起こった。

飲酒運転の車に追突された行楽帰りの家族がのったRV車が、海の中道大橋から海に落ちて、幼い子ども3人が亡くなると言うショッキングな事故。おまけに、加害者の今林大(ふとし)は福岡市役所の職員で、2006年11月19日投開票の福岡市長選挙で3選を目指した現職・山崎広太郎氏の再選に悪影響を及ぼしたとされる。

以下当時の報道引用----

山崎氏は、多額の費用をかけた上、失敗に終わった五輪招致活動に対する有権者の反発は根強く、幼児3人が犠牲になった08月の市職員(懲戒免職)による飲酒追突事故でのイメージダウンも響き、得票を伸ばせなかった。

以上当時の報道引用----

福岡市では、職員の飲酒運転問題は、市政そのものに影響を及ぼす事案になっているのだが、その後も市職員が飲酒運転で捕まる事案が発生し、後任の吉田宏市政も1期で終了。現福岡市長の髙島宗一郎(元KBC九州朝日放送のアナウンサー)氏になってからも以下の行政の動きが話題となった。

以下ウィキペディアから引用----

福岡市職員の飲酒運転の不祥事が相次いだ2012年06月には、職員約13000人に1ヶ月間自宅外での禁酒を要請するが、これに対しては、職員から日本弁護士連合会に人権侵害救済の申し立てがなされ、2014年03月に日本弁護士連合会から移送を受けた福岡県弁護士会から「人権侵害に当たる違法な通知だ」として、市にこうした通知はしないよう求める勧告書が出された。2014年07月、これを受けた市職員から人権侵害に当たる違法な通知を受けたとして福岡市は提訴された。

以上ウィキペディアから引用----

2014年11月16日の福岡市長選挙で髙島宗一郎は再選されたものの「飲酒運転をやめさせるにはどうしたらいいか教えて欲しい」と発言するなど、問題の対応の難しさを露呈した。

2012年当時、私は深夜タクシードライバーをしていて歓楽街のお店の方から「市役所の人が中洲にきてくれないと、飲み友達まで来なくなるから影響が大きい」と言う話を聞いた記憶がある。飲食店の経営者にしてみたら迷惑な話である。

以下、精神分析的語り----

飲酒運転で問題なのは、普段は深層に沈んでいる「無意識」が表象してしまい、普段の当たり前の判断が出来なくなる事。攻撃性が露わになったり、些細な事が「カンに触った」と他者に因縁をつけたり、見えているものが見えなかったり、その逆もしかり。タクシードライバー時代は、トラ(泥酔者)の対応に泣かされた事が何度もある。職業ドライバーの僕達にしてみれば、警察沙汰となり時間をロスする事が何よりも痛いのである。

精神発達論的な観点で話すと、飲酒が止められない人は、依存症の部類なので、口唇期欠損。過度の飲酒で酩酊状態に人をみれば、誰でも「あぁこの人は赤ちゃんみたいになって、仕方ないなぁ」と思う筈=わざわざ自分で「幼児退行」している様。

それでいて酔が覚めたら「覚えてません」とアッケラカンと言ってのける。あれだけ他人に迷惑をかけておいて知りませんと言えるのが「無意識」の恐ろしいところ。

昔のテレビドラマ「3年B組 金八先生」の劇中で武田鉄矢氏も言っていたが「酒は気違い水」である。適量を嗜む程度にしておかないと、肝臓をやられます。腕のいい職人さんが仲間内の飲み会でいつも多量に飲酒して肝硬変で亡くなるのは勿体無いです。肝臓は体の解毒工場です。いつでも元気に動けるようにお酒は適量を嗜(たしな)みましょう。

心の病・親子関係・引きこもりのご相談承ります。

ラカン精神科学研究所 福岡 公式サイト(スマホ対応)
http://agency-inc.com/for-pad/

精神分析家のセラピー日記(進志崇献)
http://agency-inc.com/journal/

進志崇献(しんしそうけん)公式フェイスブック
https://www.facebook.com/lacan.msl.f

進志崇献(しんしそうけん)公式ツイッター
https://twitter.com/lacan_msl_f

こんにちは、精神分析家 進志崇献@福岡です。

進志崇献(しんしそうけん):lacan.msl.f@gmail.com

ラカン精神科学研究所 福岡 公式サイト
http://lacan.agency-inc.com/

暑さも一段落、秋雨状態ですね。

私も「君の名は。」観てきました。(ネタバレあり)

ノーチェックだった映画「君の名は。」。ネット報道の観客動員数で興味を持ちました。

私は50過ぎの中年オヤジ。若かりし頃に鑑賞したアニメ映画と言えば「宇宙戦艦ヤマト」「銀河鉄道999」等の松本零士作品群と、高校1年生の時の「風の谷のナウシカ」。日本のオタク文化勃興時の観客であり、当時から映画は「レンタルビデオ」で観るものと言う現在に続くレンタルDVD文化の消費者でありました。

そんな私が「ネットでの動員数半端ない」評判をチェックし、空き時間にユナイテッドキャナルで観ました。

いやぁ、めっちゃ綺麗な映画です。圧倒的な表現力。主役の男子:立花瀧(たちばなたき)に声をあてるのは人気俳優の「神木隆之介」だし、現役高校生のスマフォの利用状況の描写など「ほ~、へ~、そっかぁ」と感心しながら楽しく鑑賞でき満足でした。男女の高校生が入れ替わってしまうストーリーは「転校生」1982年の大林宣彦監督を彷彿。巨大隕石の飛来も、1985年のハレー彗星(阪神タイガース優勝)の接近を知っている世代にはリアリティあるし違和感はなかった。

ここから精神分析的考察----

<気になるのは家族構成。物語の設定>

立花瀧(たちばなたき)は東京の都心に父と2人暮らし。

宮水三葉(みやみずみつは)は山深い田舎町の岐阜県糸守町に住む女子高生。妹とともに宮水神社の巫女を務める。母親の二葉は病死、婿入り父のトシキが神主になる筈が、家を出て町長になってしまい、祖母の一葉、小学生の妹の四葉と3人で暮らしている。

どちらの家庭も母不在。違和感を感じないのは宜しくないのだが、現代の日本社会の有り様としては何処にでもある普通の情景となってしまう。

状況から察すると、宮水神社の神主後継問題が勃発するのは時間の問題で、姉:三葉か妹:四葉が婿養子で神主を迎え入れる事になるのだろうか?本来なら、そもそも婿入した父トシキが神主を継ぐのが当然なのだろうが、なぜか家を出ており、劇中では町長として選挙戦の最中と言う設定。

中年オヤジの感覚だと、立ち位置は保護者と同じ感覚になってしまって、この子達が近い将来直面するであろう事態を想定し先回りしてしまうのだった。

<性倒錯>

まぁアニメ世界の話なので、絵的に「キレイだなー」と言う高揚感だけでも物語の推進力となってワクワクして鑑賞できるのだが、ちょっとまてよ、男女の心と身体が入替ってしまうって・・・これって今の世の中に通用している言葉で言えば「性同一性障害」や「トランスジェンダー」と言う言葉が浮かぶ。

立花瀧の体に宮水三葉の心が描写される。やっぱ内股でうつ向いているさまは、なよっとして「おかま」チックな瀧君になってしまって笑える。

メディアに露出する「マツコ・デラックス」:男性同性愛者(ゲイ)で女装家。詳しくは知らないが「ミッツマングローブ」も男性同性愛者(ゲイ)で女装家らしい。ネットを検索していて初めて知った「佐藤かよ」は男性として生まれ、15歳の時に女性ホルモン注射を受ける様になる。性転換手術後、ほぼ心も体も女性として芸能界で活躍中。・・「はるな愛」も同様の経歴。

「性倒錯の構造」フロイト/ラカンの分析理論 藤田博史と言う本がある。ラカン理論の解説書としては解りやすい部類に属すると思われる。この本の第2章で男性同性愛の病理を解説していて「レオナルド・ダ・ビンチ」を同性愛者の症例として紹介している。

一読すると、モナリザの謎のほほ笑みの「背景」の一端をのぞくことができる。ちょっと前までは、LGBDと言えば、社会的には認められないものであったが、昨今では、東京都渋谷区で同性カップルを「結婚相当」とする条例が賛成多数で可決・・などと言う報道があったりする。

男の体に女の心。女の体に男の心。養育環境によっては誰しもがそうなる可能性がある。精神分析の世界では、そもそも「男とは何か?」「女とは何か?」と言う問いから入っていく。男も女も母と言う女性から生まれ、母との関係、父の介入である象徴的去勢を経て、男になり、女性は回り道をした挙句・・・・。

考えてみれば手塚治虫氏のテレビアニメ「リボンの騎士」の「サファイア王子」も女の子の体に男の子の体という設定でした。宝塚は手塚氏の地元で宝塚歌劇団の男装の麗人をヒントに物語を構成したもよう。

心の病・親子関係・引きこもりのご相談承ります。

ラカン精神科学研究所 福岡 公式サイト(スマホ対応)
http://agency-inc.com/for-pad/

精神分析家のセラピー日記(進志崇献)
http://agency-inc.com/journal/

進志崇献(しんしそうけん)公式フェイスブック
https://www.facebook.com/lacan.msl.f

進志崇献(しんしそうけん)公式ツイッター
https://twitter.com/lacan_msl_f

こんにちは、精神分析家 進志崇献@福岡です。

進志崇献(しんしそうけん):lacan.msl.f@gmail.com

ラカン精神科学研究所 福岡 公式サイト
http://lacan.agency-inc.com/

私も「シン・ゴジラ」を語っておきます。(ネタバレあり)

劇場で4回観ました。4DX、IMAX、スタンダード×2。

50過ぎの中年の私が。子どもの頃に観たゴジラ映画を脳内検索するとヒットしたのは「モスラ対ゴジラ」(1964年)・・て、あれ?1963年生まれの僕が小学生時代に劇場で観たのだから1964年の作品って事はない筈。・・と思って調べてみると、1970年冬期(冬休み)東宝チャンピオンまつりで公開されていたのはモスラ対ゴジラ(短縮再編集版リバイバル)と言う事でした。1971年夏期(夏休み)には、高度成長期日本の公害問題を取り扱ったゴジラ対ヘドラ(新作)が公開されており、当時の世相が投影されています。私は「東宝チャンピオンまつり」世代と言っていいのでしょう。

そもそも「ゴジラ」とは、大東亜戦争の記憶の生々しい1954年に東京大空襲や原爆投下、第五福竜丸事件など、日本人の戦争や核兵器に対するトラウマをモチーフに作り上げたのが「ゴジラ」でありました。

で「シン・ゴジラ」。「シン」のシニフィエは「新」か「真」か「神」か?解釈はお任せと言うところか?

冒頭から河川を逆流して上って来る「プレジャーボート」「漁船」。押し流される「乗用車」「逃げ惑う人々」。これは、東日本大震災(2011年)の津波の惨状そのもの。で、登場するゴジラは生きている原子力発電所と言う設定で、ゴジラを停止させるのも、原子炉スクラムの理屈が適用される。血液凝固剤のゴジラへの経口投与にポンプ車を使うのも、福島原発の冷却水注水作業のメタファーなのは一目瞭然。「凝固剤を経口投与しても都合よく、ごくごく飲み込まないだろうに」と心の中で突っ込んでいました。ごめんなさい

「シン・ゴジラ」劇中で「ゴジラ」は「原子量発電所」のメタファー(隠喩)と言っていいでしょう。

想定外の災害対応の政府官邸の右往左往な様子も自衛隊、国連の動きもリアリティがあって面白かったです。劇中の結論としては「ゴジラ(核・原発)との共存に人類の英知の結集を」と言う事でメデタシメデタシ。

東日本大震災(2011年)から既に5年が経過。各電力会社は原発の再稼働に注力されている様子。Amazonプライプビデオで東京原発(2004年)を鑑賞したが、その先見性に驚いた。私は個人的に原発問題を考えるにあたって「シン・ゴジラ(2016年)」「東京原発(2004年)」オススメです!

・・と、ここまでの話はいくらリアリティがあると言ってもとりあえず実際には「ゴジラ」はいないし、電力会社に「原発の安全運転」に励んで頂いたら結構な事なのだが、現在の日本の最大の脅威は北朝鮮からの「ミサイル」である。秋田沖や北海道沖に着弾?地図をみたら距離的に既に日本の西日本地域は既に射程距離ではないか?おまけに核実験?素人の私でも核弾頭付きのミサイルが飛んで来る可能性を想像してしまう。こちらの方がよっぽどトラウマになりそうなのだが。日本は大丈夫?

心の病・親子関係・引きこもりのご相談承ります。

ラカン精神科学研究所 福岡 公式サイト(スマホ対応)
http://agency-inc.com/for-pad/

精神分析家のセラピー日記(進志崇献)
http://agency-inc.com/journal/

進志崇献(しんしそうけん)公式フェイスブック
https://www.facebook.com/lacan.msl.f

進志崇献(しんしそうけん)公式ツイッター
https://twitter.com/lacan_msl_f

こんにちは、精神分析家 進志崇献です。今日は、最近、起こった事件を分析します。小6の息子を勉強しないからと言う理由で包丁で刺殺した父親の件です。

加害者:佐竹憲吾(48)職業:トラック運転手
被害者:佐竹崚太(小学校6年生)

佐竹憲吾(父)は自分が卒業した東海学園(中学校)に佐竹崚太君(息子)を入学させようと自分の欲望を息子に投影したのだが、実の息子と言っても息子は父と別人格。崚太君は父のリモコン人形ではないので父の思うとおりには動かない(勉強しない)。多分、何か、父の逆鱗に触れる(コンプレックスを刺激する)言葉を息子がはいたに違いない。父は威嚇の為に持っていた包丁で息子の胸を刺して息子と一体化した。精神分析の世界では包丁はペニスに置き換えられる。父は自分のペニスを息子に挿入し、こうして父と息子は一体化した。更に、もう少し解釈すると、父は息子と分離せずに精神的に一体化していた。別ではなく同体。同体である息子が自分の考えを否定する事=自分の思いの否定=自分の抹殺である。父:佐竹憲吾は自分自身の抹殺を避ける為の息子:佐竹崚太を抹殺したのだ。この事件、父と息子の未分化が悲劇の原因と言えよう。

周辺情報からの考察-----

加害者:佐竹憲吾(48)はトラック運転者だが、実は地方で超有名な進学校:東海学園の出身者で、自家は薬局を営んでいる。なぜか家業を継承せず、自分は社会的なステイタスの低いトラックドライバー。佐竹憲吾(父)と実父実母(崚太からみるとジジババ)の関係に何らかの問題があった事がみてとれる。佐竹憲吾(父)はどんな手段を使っても(殺してまでも)息子:佐竹崚太君を東海学園に入学させ「医療関係」の仕事(医者?)に進ませたかったと供述している。自分の親子関係のトラウマの復讐的治癒を実の息子を手段として成し遂げようとした佐竹憲吾容疑者の悲劇的結末と見えなくもない。

定期的なセラピー(対話療法)が必要だったのは父親の方である。

確かなことは佐竹憲吾容疑者が如何なるトラウマを抱えていたのか佐竹憲吾容疑者の養育史や家庭環境を語ってもらわないとこれ以上は推測の域を出ない。

東海学園と林修先生「いつやるんですか?今でしょ!」-----

ネットからの情報だと「(佐竹憲吾容疑者は)東海中学高校同窓会名簿では高39回だから高校は東海。中学から東海の内来かは知らん。 大学と勤務先は空欄だった。」林修(1965年9月2日:51歳)氏は東海高36回生。佐竹憲吾容疑者は林修氏の高校の同窓生で3期下の後輩と言う事になる。テレビニュースで佐竹憲吾容疑者の横顔が報道されていたが確かに頭よさげであった・・・。林修氏は東進ハイスクール講師でワタナベエンターテインメント所属のいタレントでもある。今回、林修氏の経歴をウィキペディアで眺めてみたが「結構、紆余曲折で苦労された方なんだな」と認識した。

考察-----

子どもは親とは別人格。決して、親の都合で進路や生き方を強制してはいけない。と世間に通りのいい文言をはいてみても、そこら中に子どもを自分の分身化、奴隷化している一見、分別のありそうな(実は、無意識・コンプレックス・トラウマに支配された)親たちは沢山いる。

秋葉原無差別殺傷事件-17名が死傷(2008年06月08日)の加害者:加藤智大死刑囚の養育環境などは酷いもの。加藤智大死刑囚は「なんとしても青森高校入学させて有名大学にやる」と言う母親の強い学歴コンプレックスの犠牲者であると言う報道が大勢を占めた。両親は事件後、離婚。加藤智大の弟、加藤家の次男は既に自殺(2014年)。ちなみに加藤智大の両親は勤務先の青森の信用金庫での職場結婚であった。

参考:月刊 精神分析 秋葉原無差別殺傷事件
http://lacan-msl.com/akihabara/

親子関係・引きこもりのご相談承ります。

進志崇献(しんしそうけん):lacan.msl.f@gmail.com

ラカン精神科学研究所 福岡 公式サイト
http://lacan.agency-inc.com/

ラカン精神科学研究所 福岡 公式サイト(スマホ対応)
http://agency-inc.com/for-pad/

精神分析家のセラピー日記(進志崇献)
http://agency-inc.com/journal/

進志崇献(しんしそうけん)公式フェイスブック
https://www.facebook.com/lacan.msl.f

進志崇献(しんしそうけん)公式ツイッター
https://twitter.com/lacan_msl_f

以下、報道記事の抜粋----

中学受験をめぐって父親が小学6年生の長男を包丁で刺殺するという不可解な事件が21日(2016年8月)に名古屋であった。逮捕された佐竹憲吾容疑者(48)は自宅マンションで息子の崚太君の胸を包丁で刺し、あわてて自宅近くの病院へ運んだが、傷は肺まで達しており1時間後に死亡が確認された。

佐竹は「受験勉強しないので刺した」と話しているという。

教育熱心で子どもに過剰な期待。佐竹は妻と崚太君の3人暮らしで、事件当時、妻は仕事で外出中だった。同じマンションの住人によると、「すごく仲良くて、出かけるところをよく見ました。ほんとうに良い子で、お母さんもしっかりしていて本当に良いお母さんでした」。崚太君は学力優秀で、毎年、東大に20人ほど合格する私立の中高一貫校に来年は受験する予定だったという。佐竹もこの学校の卒業生で、薬局を営む実家では家業を継いでもらえると期待していたが、薬局を継がずにトラック運転手になった。佐竹は教育熱心で、崚太君に過剰なまでの期待をかけていたようだ。もともと佐竹は怒りっぽい性格で、近所に人の話では「よく怒られて外へ出されていた」「ベランダに締め出されて泣いている声が聞こえた」という。

精神分析的考察をします。

「後妻業の女」ネタバレあり。

「後妻業の女」観てきました。前回の上映終了後、劇場から出てくる既鑑賞者達の何か魂を抜かれたかのような表情をみて「あぁこりゃなかなか手強そう」と思いながらユナイティッドキャナルで初見に挑んだ。

主人公・小夜子を演じるのは、映画・演劇界で数々の賞を受賞、日本を代表する名女優・大竹しのぶ。小夜子と共に老人達を騙していく結婚相談所所長・柏木に、日本映画界で唯一無二の存在感を放つ豊川悦司。

大竹しのぶのナリキリ様にグイグイ引き込まれながらも、終盤の興信所調査員の本多(永瀬正敏:女優・歌手の小泉今日子の元夫)が脅迫行為をしだす当たりからエンディングまでが何かスッキリしなくて消化不良感は否めなかった。まぁ私も中年の域に達してますので充分世の中の世知辛さを感じ笑わせて頂きましたので「よし」としましょう。

ここからが精神分析的語り

母、後妻業の女、小夜子:真っ当に生きていない尊敬できない母、息子に愛情を注ぐ気もない。事実、30近くもなって自立せず金を無心する息子は邪魔くさい存在で早く「厄介払い」をしたいと思っている。

小夜子の放蕩息子・博司:既に30近くになっているのにも関わらず自立できず、常に見捨てられ不安を抱え、母からの愛情が受け取れないと諦め、愛情の代替物として金銭を要求する。自分の歳もわかってない母は全く自分に関心がないと受け取っている息子。当然、父不在で、世の中の掟もわかっていないし、成長する過程でのモデルも存在せず、自我脆弱。

当然の事ながら後妻業の小夜子には当たり前の夫は存在せず、夫の場所に居る人間は「金づる」であり、博司にとっての「父」は不在である。

例1)先に月刊 精神分析での記事にもなっていたが映画「葛城事件(2016)」で描かれる崩壊直前家族も同様で、主婦が家族の為に食事をつくるシーンは一切なく、家族の団欒の食事のシーンで登場したメニューは冒頭から「宅配ピザ」「コンビニ弁当」「カップラーメン」で母が調理の為に包丁を手に取るシーンは一切なかった。一家四人の生活が狂い始め、各々が破綻していく。

参考 葛城事件考察 月刊 精神分析 2016年10月号
http://agency-inc.com/kasturagi-incident/

例2)私が最近、Amazonプライムで鑑賞した映画「冷たい熱帯魚(2010)」の冒頭のシーンは主婦のスーパーでの買い物シーン。冷凍食品とインスタント白米、カップみそ汁を買い物カゴに無造作に次々と流しこむかの所作は異様な感じがした。家に帰れば電子レンジで加熱するだけ。そういったメニューなのだが、家族は普通に食事をし、セカンドシーンでは家に「娘が万引きをした」と言う連絡が入るのきっかけに、立て続けに家族関係が瓦解していく。

映画解説「フード理論」

映画関係の情報をネットで検索しているとYoutubeにアップされている「映画評論番組」を視聴してしまう。

その代表がライムスター宇多丸師匠のウィークエンド・シャッフルの「ムービーウォッチメン」であったり、たまむすびの町山智浩さんの「アメリカ流れ者」。

・・で、宇多丸師匠のラジオ番組内で取り上げられていたのが福田里香さんの「フード理論」である。

以下引用-----
・鼻持ちならない金持ちの子供は、食い意地がはっていて太っている。
・絶世の美女は、何も食べない。
・カーチェイスで、はね飛ばされるのは、いつも果物屋。
以上引用-----

「あるある」と納得させられる記載が並ぶ。精神分析的視点で追加したい項目は、

・「崩壊して行く家族・家庭の食事には母の手料理は存在しない。」・・である。

精神分析の世界では「食=母」と定義しています。

人は、乳児時代、母の胸に抱っこされ温かいまなざしの中でオッパイを吸い、満足感を味合う。そこで獲得した「基本的信頼」を基礎に「人間関係」や「自己肯定感」を作っていく。

その延長上にあるのが一家団欒の食事風景で、やはり家族同士が目をみて会話をしながら楽しく食事をするのが理想。出される母の手料理は「愛情」そのものです。

「後妻業の女(2016)」「葛城事件(2016)」「冷たい熱帯魚(2010)」どの映画の中の家族も崩壊中か崩壊前夜で、母の手料理の影もなかった。映画の描写でも、母の手料理のない家庭は愛の無い家庭と同意なのだ。。

例3)映画「後妻業の女」の中で、後妻業の女、小夜子が、放蕩息子・博司の厄介払いをするシーンには大量の「宅配ピザ」と「出前の寿司桶」が映り込み。「食べたらさっさと出ておいき!二度とこの家に来るんじゃないよ!」と言い放つ様子が描かれています。

精神分析的、映画における「フード理論」

「崩壊して行く家族・家庭の食事には母の手料理は存在しない。」

オススメです!

関係ありませんけど追伸、今朝、大濠公園を歩くと「福岡草笛吹こう会」の壮年部の活動に遭遇しました。遠くからでも「上を向いて歩こう」「手のひらを太陽に」がしっかり聴き取れました。草笛教室15周年だそうで・・こちらもお勧めです!

親子関係・引きこもりのご相談承ります。

進志崇献(しんしそうけん):lacan.msl.f@gmail.com

映画「後妻業の女」公式サイト
http://www.gosaigyo.com/

ラカン精神科学研究所 福岡 公式サイト
http://lacan.agency-inc.com/

ラカン精神科学研究所 福岡 公式サイト(スマホ対応)
http://agency-inc.com/for-pad/

精神分析家のセラピー日記(進志崇献)
http://agency-inc.com/journal/

進志崇献(しんしそうけん)公式フェイスブック
https://www.facebook.com/lacan.msl.f

進志崇献(しんしそうけん)公式ツイッター
https://twitter.com/lacan_msl_f

File.004 福岡 大濠公園にみる 子育て八景

9月に入って灼熱の暑さも一段落。食欲の秋に備えていよいよ「有酸素運動」を開始した。箱崎から大濠まで自転車で30数分。大濠公園を歩いて一周:20分。帰りは自転車で30分。帰りはスーパーに寄るので合計1時間半。だいたいこれ位の運動量でだいたい体重1キロ減ります。だからと言って1年で365キロダイエットできるわけではないのですが、基礎代謝が減少するお年頃。日々生まれ変わって若々しい自分で居られる(アンチエイジング)は心的にも大事だと思います。

さて、福岡市民の憩いの大濠公園。昨今は、外国人観光客の人気も高いようです。池の鯉や亀を眺めながら、散策するもよし、ジョギングするもよし、一応自転車?のレーンもありますのでサイクリングもできます。

そんな好環境な公園なので、乳幼児を抱っこしたお母さん、園児の手を引いたママさんの姿も多く見かけます。

周辺のマンションからは緑の木々と広い池が眼下に広がり、立地は153万都市福岡の中心部に隣接。春は桜。夏は花火大会と見どころは盛りだくさん。「大濠のマンション」と言う言葉の響きから即「家賃高そー」と言うワードが象徴界に響きます。

ボートハウスのレストランに集うママ友のグループのベビーカー。果てさて、主役の赤ちゃんはお母さんから「抱っこ」と「まなざし」の心の栄養をもらっているかな?

公園の遊具スペースでよちよち歩きを始めた幼児の君は、お母さんのまなざしの中で、ママとの距離を広げたり狭めたりしながら、少しずつ自分の世界を広げているね。転んでも大丈夫。そうそう「七転び八起き」。

口唇期(おおむね出生時から2歳まで)の君に必要なのは「抱っこ」と「おっぱい」。

子どもが母の胸の中でじっとしている時なんて、長い人生の中では本当に短いほんのひと時。

母子関係が最初の人間関係だから、ママ以外の人に「人見知りするのはむしろOK」。お母さんに抱っこされる「満足感」「安心安全」とオッパイを好きな時に好きなだけ飲める「万能感」から「基本的信頼」を獲得して、自我を育てるんだよ。

これから先は超長いんだから。

・・・と思いながらも、昨今の「ゼロ歳児保育ブーム」はいかがなものか?寄る辺ない存在の乳児を他者他人に委ねて働く事の是非は議論の土俵にすら登らないのであろうか?


子育てのご相談承ります。

進志崇献(しんしそうけん):lacan.msl.f@gmail.com

ラカン精神科学研究所 福岡 公式サイト
http://lacan.agency-inc.com/

ラカン精神科学研究所 福岡 公式サイト(スマホ対応)
http://agency-inc.com/for-pad/

進志崇献(しんしそうけん)公式フェイスブック
https://www.facebook.com/lacan.msl.f

進志崇献(しんしそうけん)公式ツイッター
https://twitter.com/lacan_msl_f

精神分析的事件の考察

俳優の高畑裕太が2016年8月23日、女性への強姦致傷の疑いで群馬県警に逮捕された。

私は、普段、テレビを観ないし、芸能界にも疎いので高畑親子がどのような立場にあったのか?どれくらい人気があったのかも存じあげていないのだが・・この事件、何か腑に落ちない。

まず加害者の高畑裕太容疑者は22歳。4年生大学を卒業して企業に入社していたら社会人1年生。被害者の群馬県内のビジネスホテルの女性従業員が40代。これって親子ほどの歳の差があります。

酒に酔った勢いとはい言え、普通に性的欲求の向かう先だったら20代でしょうに。

ここで出てくるのが、今回の事件は「息子:高畑裕太から母:高畑淳子への復讐説」。今回の事件で事件を起こした当事者である高畑裕太と同様、場合によっては当事者以上のダメージに見舞われるのは母:高畑淳子さんであるからです。

高畑家の家族八景

1954年10月11日:母:高畑淳子(現在61歳)誕生
1978年:最初の結婚。23歳。相手は劇団員 一年半後に離婚
1985年:一般人と再婚。30歳。
1986年11月22日:高畑こと美(現在29歳)誕生。母:32歳
1993年09月13日:高畑裕太誕生。母:38歳
2005年:高畑裕太が小6になる前に離婚
2016年8月23日:高畑裕太(現在22歳)、強姦致傷容疑で群馬県警に逮捕

姉:高畑こと美と弟:高畑裕太の7つの歳の差が気になって更に情報を検索してみると、週刊誌ネタで、姉と弟は異父姉弟である事を報じている。

以下引用--------

「高畑裕太の父親として突如名乗りを上げた大谷亮平はどのような人物なのだろうか。大谷亮介は1954年生まれの62歳(高畑淳子さんと同い年)。

「高畑淳子は、二人目の配偶者と別居後、大谷氏と五年半の事実婚関係にありました。しかし高畑が妊娠した後、大谷氏と別れることになり入籍はしていません。裕太が幼少の頃、大谷氏が裕太の学校行事などに参加したことはありましたが、大谷氏が別の女性と結婚されてから親子としての交流はありません」(青年座の回答より)

以上引用--------」

二人目の夫との離婚時期が明確でないので、ここからは憶測。高畑淳子さんは最初の結婚に失敗(23歳)した後、一般人と再婚(29歳)し、高畑こと美を妊娠出産(32歳)するものの夫婦生活はうまくいかず、再婚相手とは別居。かわりに事実婚状態になった相手は大谷亮平氏。お互い30代を事実婚で過ごす。再婚相手との離婚時期は不明。37歳で妊娠し高畑裕太を出産(38歳)するものの、入籍には至らず、別れる事となり、高畑淳子さんは女優業をしながら女手一つで二人の子どもを育てる事となった。

高畑淳子さんのウィキペディアを眺めてみると高畑裕太が3歳になるまでの、1993~1996年はTBS系のテレビドラマに出演されており「赤ちゃん時代の裕太はあばあちゃんに預けっぱなしでした」と言う高畑淳子さんの発言も頷ける。

精神発達の最重要時期の0歳から3歳時までを祖母に養育されたと言う「高畑裕太」。母の養育も無ければ、実の父から社会的規範を教えてもらう事も無かった「高畑裕太」。基本的信頼も獲得していないし、適切な「自我」の発達も怪しい。更に、父との関係によるエディプス・コンプレックス期の象徴的去勢も経ていないとしたら・・・一体、彼の精神構造はどうなっているのだろうか?

高畑裕太容疑者はテレビ画面の中で「僕は何より大きな母を沢山もらいました」と語っていたのだが・・・彼の心の奥底の無意識がどのような状態であったのは想像もできない

精神分析家としては、高畑裕太氏の乳幼児時代の養育史と、社会的規範の学び、思春期の様子など・・どういう養育環境にあったのか?興味津々である。

ここまで考察して私の頭の中に浮かぶのは、今回のレイプ事件の被害者の年齢が40代であった事、そして、高畑裕太容疑者を出産した時の高畑淳子さんの年齢が38歳であったのは偶然ではなくて、本来、母として高畑裕太氏に関わらなければならなかった40代の高畑淳子さんの置き換えが40代のホテル従業員で、今回の事件は、無意識による「息子:高畑裕太から母:高畑淳子への復讐説」が成立するのである。

愛と憎しみは表裏一体。この様な事件が起きる隠された背景には、本人さえも気が付かない無意識(コンプレックス)、心の奥底にある複合観念体の存在があるのだ。

親子問題のご相談承ります。

進志崇献(しんしそうけん):lacan.msl.f@gmail.com

ラカン精神科学研究所 福岡 公式サイト
http://lacan.agency-inc.com/

進志崇献(しんしそうけん)公式フェイスブック
https://www.facebook.com/lacan.msl.f

進志崇献(しんしそうけん)公式ツイッター
https://twitter.com/lacan_msl_f

いつもの様に最寄りのスーパーに買物に出かけた。イーオンとかマックスバリュとかの支払いをカード決済してポイントを貯めるトレンディーな24時間スーパーではなく、支払いは現金のみ。周辺地域にすむ中国人が好んで利用する安さで勝負のディスカウントスーパーである。

このスーパーに通っているといつも客は多いし、駐車場も車でいっぱい。日本は本当に不況なのか?と首を傾げる景況ぶりである。

私は数年間継続してこのスーパーを利用しているのだが、最近、レジは「単なるおばちゃん」ではなく、明らかに肌の色が違う東南アジア系の女性(たまには男性もいる)が担当している。最初は「ん?」と困惑したのだが、ちゃんと日本語で接客もできるしレジも普通に出来るし何の不都合もない。更にだ、タイ人だかインドネシア人だかフィリピン人だか知らない彼女達の笑顔が素敵なのだ。

私自身も百貨店で物販の仕事をした事があるが、シツコイくらいに「少し口角を上げて笑顔をつくる」ように営業指導された。それくらい「笑顔」が販売活動や接客や他者とのコミュニケーションをとる時に重要なのだ。

事実、よっぽどツンデレ趣味でない限り、ニコニコ笑っている人に敵意を向けたりしないし、取引をする上で好ましい関係をつくる取っ掛かりには必須なのである。

さて、ここからが心理学的な語りである。

我々は何故「笑顔」を好むのか?

精神発達論(エリクソン)の中に「基本的信頼」と言う単元がある。ネットで検索すると「文部科学省」のサイトには次の一文が掲載してある。

乳児は、外界への急激な環境の変化に対応し、著しい心身の発達とともに、生活のリズムの形成を始める。保護者など特定の大人との継続的な関わりにおいて、愛されること、大切にされることで、情緒的な絆(愛着)が深まり情緒が安定し、人への信頼感をはぐくんでいくが、特にスキンシップは大きな役割を果たすと言われている。乳児は、この基本的な信頼感(基本的信頼:ベーシックトラスト)を心の拠りどころとし、徐々に身近な人に働きかけ、歩行の開始などとともに行動範囲を広げていく。

・・・と。乳児が継続的な関わりを持つ特定の大人とは誰の事か?「母」以外に有り得るのだろうか?温かく柔らかい母の胸に抱かれ、愛情が満ち満ちた微笑みの「まなざし」の中に初めて自分の存在を意識し、オッパイを吸う。母と一体化し万能感を獲得する。これが我々の精神の発達の源なのである。

だから「笑顔」「微笑み」「まなざし」が信頼感・安心感とつながっていくのである。

精神発達論では3年間は実母が24時間体制で育児にあたる事が必要と説いている。

昨今、自己評価が低い人が多いと聞く。一度、自分が乳幼児時代に、どういう環境の中で養育されたか確認しておいた方がよい。自分の無意識(コンプレックス)を解き明かす鍵となる部分である。
スーパーのレジに並ぶと、自然と「乳幼児」が「まなざし」をさがしている様子を観察する事ができる。世の母親達がどれくらい意識して我が子を見ている(看ている)か?ちょっと心配になる瞬間でもある。

子育て相談承ります。

進志崇献(しんしそうけん):lacan.msl.f@gmail.com

ラカン精神科学研究所 福岡 公式サイト
http://lacan.agency-inc.com/

進志崇献(しんしそうけん)公式フェイスブック
https://www.facebook.com/lacan.msl.f

進志崇献(しんしそうけん)公式ツイッター
https://twitter.com/lacan_msl_f

漫画ファンの人には残念なニュースが飛び込んできた。少年ジャンプ連載中の「こちら亀有公園前派出所」は40年の長きに渡って連載を続けてきたのだが、2016年42号をもって終了するという。

まさに金字塔である。私事を書き綴ってみる。『こち亀』の連載開始当初私は13歳。中学生で地元の塾に通っていた。今はもうないが「若葉学習会」というマスク先生が開塾されていた。結構実家は厳しく、漫画本の購入を認める家ではなかったので、こそっと親に隠れて塾の帰り道に週刊ジャンプを買っていた。週刊プレイボーイを購入するのはもう少し後になる。

当時、ブレークしていた漫画は少年警察官の奇妙な日常を描いた「がきデカ」(週刊少年チャンピオン)山上たつひこ。「こち亀」の作者は秋本治なのだが「こちら葛飾区亀有公園前派出所」連載初期に「山止たつひこ」というペンネームを使用していた。

当時、中学生だった私は「山止たつひこって山上たつひこのパロディやん」と心の中で笑った。

そんなごくごく普通の中学生にみえた私の心身は・・実は既に変調を来していた。

時折、唇の周りに炎症が出てヒリヒリした記憶がある。ネットで検索すると「なめまわし皮膚炎」と言う病名がついている。ネット上の解説でも「精神的なものが原因の場合もある」と記述しているのもあった。

この皮膚病はずばり!口唇期欠損が原因である。単なる乾燥由来なら、なぜ口唇の周りだけが乾燥するのか説明がつかない。

私自身、この疾病を皮切りに「乾癬」「アレルギー血管炎」・・下肢静脈瘤で悪化した皮膚のような症状・・と矢継ぎ早に皮膚病にかかり、実家を離れる35歳まで悩み苦しむ事になった。

精神分析の世界では、皮膚=自我と言う捉え方をする。

家族の中に厄介な皮膚病患者がいたら、その根源は「心的なものかも?」と疑っていただきたい。

以下ネット上の文献を引用しておく

皮膚に対する新しい考え方 
 ① アメリカの有名な人類学者アシュレー・モンタギューは、生理学、心理学、人類学及び動物行動学のデーターをもとに次のようにまとめています。
 「人間の皮膚は恐らく脳についで重要な器官であり、これに触れて刺激することは酸素や睡眠と同じように身体にとって絶対に不可欠なものである。ことに新生児から幼児期にかけて皮膚接触が不足すると、その後の行動の発達に悪い影響を及ぼす。それ故、赤ん坊は可能なかぎり母の手に抱かれるべきであり、愛撫が過度になりすぎるという心配は無用であると」と。
 ② また、フランスの有名な精神分析学者ディディエ・アンジューは精神分析の新しい潮流として、「皮膚-自我」という概念を導入、発達の初期段階にある子供が、身体表面で起こった経験にもとづいて、自分自身を心的な内容を含む「自我」として表現することにスポットをあてています。
 ③ また、評論家・写真家として有名な港千尋氏は、皮膚を人間と環境が接する場としてとらえ、そこで生じる社会的、心理的、芸術的出来事を触覚文化という新しいジャンルから考察し、触覚の場である皮膚の文化性について述べていますが、それによると、「皮膚と脳は階層的な関係でなく、トポロジックな関係としてとらえられる。皮膚は従属的なものでなく、皮膚を脳のひろがりとし、脳を折り畳まれた皮膚として考えるもので、本質は皮膚にある」としております。

不登校、引きこもり、親子関係、各種精神由来疾病 相談承ります。

進志崇献(しんしそうけん):lacan.msl.f@gmail.com

ラカン精神科学研究所 福岡 公式サイト

進志崇献(しんしそうけん)公式フェイスブック

進志崇献(しんしそうけん)公式ツイッター

このアーカイブについて

このページには、2016年9月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

次のアーカイブは2016年10月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。