福山雅治 SCOOP! 知りたい欲望の精神分析的考察(File.038 )

こんにちは、精神分析家 進志崇献@福岡です。

福山雅治主演の最新作「SCOOP!」期待値は低かったのですが面白かったです。ユナイテッドキャナルシティで観てきました。

進志崇献(しんしそうけん): lacan.msl.f@gmail.com

ラカン精神科学研究所 福岡 公式サイト
http://lacan.agency-inc.com/

いわゆる、写真週刊誌のスクープカメラマンを福山雅治、コンビを組む新人記者を二階堂ふみ、情報屋のチャラ源をリリー・フランキー、副編集長でかつての恋人役を吉田羊。みなさんいい味だしておられました。

写真週刊誌とは

1981年に新潮社から「FOCUS」が創刊されたのを期に、「FRIDAY」「Emma」「TOUCH」「FLASH」等が相次いで創廃休刊。2016年の現在は、「FRIDAY」講談社、「FLASH」光文社の二誌体制。

写真週刊誌がらみで私の記憶にある報道は・・

○高部知子 ニャンニャン事件

ニャンニャン事件(ニャンニャンじけん)とは、1983年(昭和58年)、日本の芸能界で起こった事件(スキャンダルの一種)である。 当時、人気の絶頂にあった未成年の女性アイドルの、「ベッドで二人仲良くニャンニャンしちゃった後の、一服」している写真が写真週刊誌『FOCUS』に掲載されたことに端を発する。写真を掲載したことで『FOCUS』は部数を大きく伸ばし、1ヵ月後の部数が150万部を突破。

○酒鬼薔薇聖斗顔写真掲載事件

写真週刊誌『FOCUS』は、1997年に神戸連続児童殺傷事件が起こると、犯人である酒鬼薔薇聖斗こと少年Aの顔写真を掲載した。1997年7月9日号。

○細野豪志(民進党代表代行)と山本モナの不倫キス写真掲載

2006年09月21日、写真週刊誌「フライデー」では、2人が09月20日にJR品川駅から新幹線「のぞみ」号で不倫旅行に旅立つところまで報じており、その続編が雑誌を代え「フラッシュ」で報じられた形だ。不倫経験者は党首のにはなれず、蓮舫党首の代行。

映画「SCOOP!」は、何かと世間を騒がす話題を提供してくれる写真週刊誌の裏舞台が描写されておりなかなか面白かった。眠たくなる暇がなかった。

写真週刊誌は有名人のスキャンダルを動かぬ証拠=写真で世間に知らしめる媒体であるので、プライバシーや知る権利とセットで語られる。現状では、名誉毀損で民事訴訟で訴えても、賠償金額と裁判によるセカンドレイプ被害の天秤判断で有名人側が泣き寝入りするケースが多いようだ。最近では「週刊文春」の相次いでのスキャンダル報道を「文春砲」と呼称するまでとなった。

別に、芸能人が誰とセックスしようが、政治家が誰と不倫しようが、私達の生活には関係ないのだが、人々には「知りたい」と言う強い欲望がある。

特に、人々は他人の不幸が大好き「他人の不幸は蜜の味」。

不倫がばれたとか、破局したとか、事故にあったとか、ガンにかかったとか、株式投資で大きな損失を被ったとか、不幸の類はこの世に今この瞬間にも溢れているわけです。それが、遠い国の自分とは無関係の人の話なら「へー」の一言で終わるのに、例えば、同じ勤務先の同僚の話だと、途端にOLが給湯室で「知ってる?あの話」とビックニュースにされてしまいます。

精神分析の世界には「他者の欲望」と言う言葉があります。

噂話が私達の欲望を焚き付けるのは、それが「他人が知りたがっている情報」なのに「私が知らない情報」だからではありませんか?

職場に人達がみんな知っている「暗黙の了解」や「公然の秘密」を自分だけが知らなかったら?「それは困ります」と言うアンサーが声高にきこえてきそうです。

私は他者の欲望を浴する

ただし、パニック時にはデマや流言のい類に乗せられないようにしましょう。

以下おまけ

スキャンダルカメラマンといえば「不肖・宮嶋」氏

劇中のどこかで、オマージュ出演されているのでは?と目を凝らしていたのですが・・。本人のブログに以下の記述をみつけました。引用しておきます。

不肖・宮嶋はずかしながら銀幕にほんのほんのちょっとだけ登場した。もちろん乞われて出たのではなく、監督に拝み倒しださせていただいた。登場人物紹介のコーナーでは、主演女優の二階堂ふみさん演じる行川野火を輪姦しようする半グレ ぺーちゃん演じる阿部亮平氏の下、半グレとつるむ俳優石渡龍演ずる久保田悠来氏の右隣という角でうすぎたいツラをさらし恐縮している。映画は不肖・宮嶋が言うまでもないが、古今東西いままでのどの業界ドラマ、映画よりも現実のわしらのせかいに近くリアルで、おもしろい。見てきてや。

以上引用

人としての欲望の相談、親子関係、引きこもり、子育て、子どもの非行など、ご相談承ります。

ラカン精神科学研究所 福岡 公式サイト
http://lacan.agency-inc.com/

オールOK子育て法 再考察
http://agency-inc.com/all-ok/

ラカン精神科学研究所 福岡 公式サイト(スマホ対応)
http://agency-inc.com/for-pad/

精神分析家のセラピー日記(進志崇献)
http://agency-inc.com/journal/

進志崇献(しんしそうけん)公式フェイスブック
https://www.facebook.com/lacan.msl.f

進志崇献(しんしそうけん)公式ツイッター
https://twitter.com/lacan_msl_f

このブログ記事について

このページは、hirofumiが2016年10月 7日 17:51に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「File.037 ノーベル賞「大隅良典」名誉福岡市民の精神分析的考察」です。

次のブログ記事は「「君の名は。」性倒錯の悩みの精神分析的考察(File.039 )」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。