2017年5月アーカイブ

こんにちは、精神分析家 進志崇献@福岡です。

進志崇献(しんしそうけん):lacan.msl.f@gmail.com

ラカン精神科学研究所 福岡 公式サイト
http://lacan.agency-inc.com/

動画はこちら

https://youtu.be/VIXqFT66QtY

TBSラジオの宇多丸師匠のウィークエンド・シャッフル「ムービーウォッチメン」の影響でシャマラン監督のファンになってしまった。今回とりあげる「スプリット」の前作「ヴィジット(2015年)」は、Amazonプライムビデオで鑑賞する事ができるのでチェックをおすすめする。字幕・吹き替え版両方を楽しむことが出来る。ネタバレは嫌なので、ここでは言及しない。

今回の「プリット」・・・とは引き裂かれる等の意味がありますが、この映画「多重人格」今ふうに言うと「解離性同一性障害(かいりせいどういつせいしょうがい、英: Dissociative Identity Disorder ; DID)」がテーマの映画です。

23の人格を持つ多重人格者が3人の女子高校生を拉致し、24番目の人格「ヴィースト」の生贄にすると言う・・。さぁ大変何とかして逃げなきゃ・・と。

ハラハラ・ドキドキ・・鑑賞していて「早く終わって!」とお願いしたくなる疲れる映画でした。

でも、エンドロールが流れはじめても席をたたないで!最後にお楽しみが用意されています。

確かに癖のある作家性がでるシャマラン監督作品ですが、私は支持します。次作が楽しみ。

以下余談。

多重人格者を扱った古典は「ジキルとハイド」ですが、日本の代々木忠監督が著者の「マルチエイジレボリューション」も7つの人格を持つ女性と対峙したドキュメントとして有名です。

Amazonで購入可能ですのでチェックしてみて下さい。

シャマラン監督の最新作「スプリット」オ・ス・ス・メです。

心の病、親子関係、引きこもり、子育て、子どもの問題行動、オールOK子育て法など、ご相談承ります。

ラカン精神科学研究所 福岡 公式サイト
http://lacan.agency-inc.com/

オールOK子育て法 再考察
http://agency-inc.com/all-ok/

ラカン精神科学研究所 福岡 公式サイト(スマホ対応)
http://agency-inc.com/for-pad/

精神分析家のセラピー日記(進志崇献)
http://agency-inc.com/journal/

進志崇献(しんしそうけん)公式フェイスブック
https://www.facebook.com/lacan.msl.f

進志崇献(しんしそうけん)公式ツイッタ
https://twitter.com/lacan_msl_f

こんにちは、精神分析家 進志崇献@福岡です。

進志崇献(しんしそうけん):lacan.msl.f@gmail.com

ラカン精神科学研究所 福岡 公式サイト
http://lacan.agency-inc.com/

動画はこちら

https://youtu.be/MNIgRZ5wLdw

TBSラジオの宇多丸師匠のムービーウォッチメンでリスナー推薦枠からのウォッチ対象となった本作品。

福岡ではKBCシネマいわゆるマイナー館で上映中である。

原題はスペイン語で「砂漠」となっている。

以前、予告編は観ていたので作品の雰囲気は知っていたのだが、いざ上映が始まると銀幕に釘付けとなった。

アメリカとメキシコ人国境地帯で、密入国する15人のメキシコ人。付近を縄張りにするハンターにそれこそ獲物の様に次々と射殺される。

丁度、米国トランプ大統領がメキシコ国境に壁をつくって不法移民を排除するという政策を掲げているのでタイムリーと言えばそうかもしれない。

不法移民にしてみれば「なぜ?」等と考える暇などない。もたもたしていると銃弾が飛んでくる。

とにかく逃げるのだ。移民に感情移入して震えていたらあっという間に終了した。

実は自分は2010年にバイクでの大陸横断の旅を経験しており、ロスアンゼルスからグランドキャニオンを抜けて、ニューメキシコ州を走った事を思い出した。

http://agency-inc.com/route66/

地の果てまでも続く一本道で車の往来など無い。もしエンジンがかからなくなったら=死と言った環境で、無性に怖かったのを覚えている。何しろ一人旅だったので。

特に日本社会は普通に銃が存在しない日常生活を送っているので、ちょっと寂しい観光地の標識に当たり前の様に銃痕があるのが怖くて仕方なかった。

ただ、目前に広がる広大な景色だけが自分を支えているのだった。

この映画オ・ス・ス・メです。

心の病、親子関係、引きこもり、子育て、子どもの問題行動、オールOK子育て法など、ご相談承ります。

ラカン精神科学研究所 福岡 公式サイト
http://lacan.agency-inc.com/

オールOK子育て法 再考察
http://agency-inc.com/all-ok/

ラカン精神科学研究所 福岡 公式サイト(スマホ対応)
http://agency-inc.com/for-pad/

精神分析家のセラピー日記(進志崇献)
http://agency-inc.com/journal/

進志崇献(しんしそうけん)公式フェイスブック
https://www.facebook.com/lacan.msl.f

進志崇献(しんしそうけん)公式ツイッタ
https://twitter.com/lacan_msl_f

映画 追憶(2017年) の考察(File.389)

こんにちは、精神分析家 進志崇献@福岡です。

進志崇献(しんしそうけん):lacan.msl.f@gmail.com

ラカン精神科学研究所 福岡 公式サイト
http://lacan.agency-inc.com/

動画はこちら

https://www.youtube.com/watch?v=VU0ydaDDVy0


映画「追憶(2017年)」降旗康男監督作品、岡田准一、小栗旬、長澤まさみ、柄本佑、木村文乃、吉岡秀隆など豪華キャストが出演。

邦画の王道を行く作品で十分堪能できました。

実力者揃いの俳優と降旗康男監督作品なので安心して観ていられまいた。

さて、物語の設定は、家庭環境に恵まれない3人の少年(岡田准一、小栗旬、柄本佑)が、ある女性に拾われ共同生活を送るのですが、ある事件がおこり少年たちはバラバラに。そしてその事件は少年達は関わらなかった事として過ぎてしまうのですが・・。

25年経ったある日、岡田准一(刑事)と柄本佑(東京での自営業:ガラス店)が偶然ラーメン屋でばったり再会。柄本佑は家業が上手く行ってないので小栗旬に借金を申し込みに来たのだ。

ところが、柄本佑は東京に戻る前に何者かによって刺殺されてしまう。刑事である岡田准一は小栗旬の犯行を疑うのだが・・・。

25年経って、各々が何かしらの問題を抱えながらも家庭を築いている。この事件によって、岡田准一は彼の中で大切に思い抱え続けていた「それ」に出会う。

物語の大どんでん返しと、ラストシーンで貴方は何を思うだろうか?

母性喪失状態で育った少年達の25年後が描く家族模様とは?

この映画オ・ス・ス・メです。

心の病、親子関係、引きこもり、子育て、子どもの問題行動、オールOK子育て法など、ご相談承ります。

ラカン精神科学研究所 福岡 公式サイト
http://lacan.agency-inc.com/

オールOK子育て法 再考察
http://agency-inc.com/all-ok/

ラカン精神科学研究所 福岡 公式サイト(スマホ対応)
http://agency-inc.com/for-pad/

精神分析家のセラピー日記(進志崇献)
http://agency-inc.com/journal/

進志崇献(しんしそうけん)公式フェイスブック
https://www.facebook.com/lacan.msl.f

進志崇献(しんしそうけん)公式ツイッタ
https://twitter.com/lacan_msl_f

こんにちは、精神分析家 進志崇献@福岡です。

進志崇献(しんしそうけん):lacan.msl.f@gmail.com

ラカン精神科学研究所 福岡 公式サイト
http://lacan.agency-inc.com/

TBSテレビの火曜ドラマの枠は社会現象を巻き起こした「逃げ恥」、マニアを唸らせた「カルテット」に引き続いて現在「あなたのことはそれほど」が放送中。現在第3話まで放送。

動画はこちら

あなたのことはそれほど 第3話 感想
https://youtu.be/VeflonNOCQU

普段テレビを殆ど見ない私もオンデマンドのおかげで最新回はチェックできるのでありがたい。

さて、この「あなたのことはそれほど 」は前回までのシリーズとは打って変わって、不倫ものである。まさか不倫ダンスで社会現象・・?は無理で、優しい旦那さまを蔑ろにして不倫に走る波瑠さん演じる渡辺美都にネットの住人は非難轟々らしい。

精神分析的には婚姻と言う制度も社会に存在する「形式」の1つに過ぎない。結婚したからと言って既婚者から「恋愛感情」が喪失するわけでもなく、何十年もの時の流れを所詮は他人の異性が連れ添うのはなかなか難しい。

1985年に男女雇用機会均等法が施行されてからは、職業による性差が撤廃されたので、男らしさや女らしさがぼやけてしまって、変な世の中が到来してしまった。

子育てに関しても、母と父をまったく同列の育児労働者の如くあつかい、子育をある種の労働に様にみなし、男女が相応に分業することが正しい理想的なあり方の様に認知しようとしている。

ちょっと心理学を学んだ人なら、肛門期とか基本的信頼とか、母子関係の上で育まれるプロセスがある事を記憶している筈だ。

父親が社会規範やルールを教えるのはそのまだずーと後の事とされている。

「あなたのことはそれほど」を観ていると波瑠さん演じる渡辺美都は基本恋愛体質で妻としての自覚もなく「ずーと、子どもはいらない!」と断言する。

美都の不倫相手の有島光起を演じる鈴木伸之は妻が妊娠出産で実家へ戻っている事をいいことに、不倫相手の美都とやりたい放題で・・・あのゲス育メン衆議院議員の宮崎謙介(京都3区)まんまの醜態を晒す。父になる自覚も意識も責任感もない。妻の実家からの出産祝い金で美都とレストランでお食事。後に上階のホテルの部屋で不倫行為。思い出してみると、ばったり再開してから、毎回会う度に不倫セックス。

父や母どころか、それ以前の夫&妻の自覚もなし。こんなんだったら「さっさと離婚して独身に戻って、恋愛生活を謳歌したほうが他者に迷惑をかけないのに」と思うのは私だけだろうか?

原作の漫画ではこの後、二人のダブル不倫はお互いの配偶者が知る事になり泥沼化して修羅場を迎えるのだと言う。

第4回以降の展開がどうなるのか?不倫願望のある皆様は我が事として手に汗を握っての鑑賞となるのだろう。

精神分析家としては、職業柄、登場人物の養育環境や養育史をチェックしてしまうのだが、波瑠さん演じる渡辺美都も仲里依紗演じる有島麗華も離婚したシングルマザーが養育した言う設定になている。あぁここでも父不在である。

もはや、シナリオ作家も「父」をどう描いていいのかわからなくなっているのであろうか?父を演じる役者もいないのだろうか?

存在はあっても父としての役割を果たしている父が存在しないのか?いたとしても存在が希薄なのだろうか?

劇中では既に有島夫妻にはアコちゃんという女の子が誕生しているのだが、彼女は誕生した途端に、不倫野郎の有島光起の娘なわけで、有島夫妻が離婚となれば、この時点で親子二代に渡ってシングルマザーによる養育となり、連綿と「父不在」の精神構造の被養育者が誕生していく事になる。

私からみると「父性」が存在しない世の中が当たり前となっていくドラマを見せられていると言う事になる。

世の中を見渡せば、毎度毎度離婚と不倫のニュースばかり。

普通に考えても「世の中危ない方位にいっているな」と思うのが妥当ではないだろうか?
今や新婚カップルの3割が離婚に至り、更に、その新婚カップルの3割はどちらか片方が再婚者であるという。

「共に白髪の生えるまで」・・なんてフレーズも嘘くさいご時世で、その時々で一番好きな人が夫であり妻であるような制度を導入した方が、波瑠さん演じる渡辺美都も面倒な嘘をつかなくていいのでよっぽど実情に則った制度ではないとか思う。

現実にフランスではPACS(パックス)と言う緩いパートナーシップが存在しているという。詳しくはネット検索してみてね。

心の病、親子関係、引きこもり、子育て、子どもの問題行動、オールOK子育て法など、ご相談承ります。

ラカン精神科学研究所 福岡 公式サイト
http://lacan.agency-inc.com/

オールOK子育て法 再考察
http://agency-inc.com/all-ok/

ラカン精神科学研究所 福岡 公式サイト(スマホ対応)
http://agency-inc.com/for-pad/

精神分析家のセラピー日記(進志崇献)
http://agency-inc.com/journal/

進志崇献(しんしそうけん)公式フェイスブック
https://www.facebook.com/lacan.msl.f

進志崇献(しんしそうけん)公式ツイッタ
https://twitter.com/lacan_msl_f

このアーカイブについて

このページには、2017年5月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2017年4月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。