映画 シャマラン監督「スプリット」の考察(File.391)

こんにちは、精神分析家 進志崇献@福岡です。

進志崇献(しんしそうけん):lacan.msl.f@gmail.com

ラカン精神科学研究所 福岡 公式サイト
http://lacan.agency-inc.com/

動画はこちら

https://youtu.be/VIXqFT66QtY

TBSラジオの宇多丸師匠のウィークエンド・シャッフル「ムービーウォッチメン」の影響でシャマラン監督のファンになってしまった。今回とりあげる「スプリット」の前作「ヴィジット(2015年)」は、Amazonプライムビデオで鑑賞する事ができるのでチェックをおすすめする。字幕・吹き替え版両方を楽しむことが出来る。ネタバレは嫌なので、ここでは言及しない。

今回の「プリット」・・・とは引き裂かれる等の意味がありますが、この映画「多重人格」今ふうに言うと「解離性同一性障害(かいりせいどういつせいしょうがい、英: Dissociative Identity Disorder ; DID)」がテーマの映画です。

23の人格を持つ多重人格者が3人の女子高校生を拉致し、24番目の人格「ヴィースト」の生贄にすると言う・・。さぁ大変何とかして逃げなきゃ・・と。

ハラハラ・ドキドキ・・鑑賞していて「早く終わって!」とお願いしたくなる疲れる映画でした。

でも、エンドロールが流れはじめても席をたたないで!最後にお楽しみが用意されています。

確かに癖のある作家性がでるシャマラン監督作品ですが、私は支持します。次作が楽しみ。

以下余談。

多重人格者を扱った古典は「ジキルとハイド」ですが、日本の代々木忠監督が著者の「マルチエイジレボリューション」も7つの人格を持つ女性と対峙したドキュメントとして有名です。

Amazonで購入可能ですのでチェックしてみて下さい。

シャマラン監督の最新作「スプリット」オ・ス・ス・メです。

心の病、親子関係、引きこもり、子育て、子どもの問題行動、オールOK子育て法など、ご相談承ります。

ラカン精神科学研究所 福岡 公式サイト
http://lacan.agency-inc.com/

オールOK子育て法 再考察
http://agency-inc.com/all-ok/

ラカン精神科学研究所 福岡 公式サイト(スマホ対応)
http://agency-inc.com/for-pad/

精神分析家のセラピー日記(進志崇献)
http://agency-inc.com/journal/

進志崇献(しんしそうけん)公式フェイスブック
https://www.facebook.com/lacan.msl.f

進志崇献(しんしそうけん)公式ツイッタ
https://twitter.com/lacan_msl_f

このブログ記事について

このページは、hirofumiが2017年5月15日 07:40に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「映画「ノー・エスケープ 自由への国境」の考察(File.390) 」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。