吉川精神療法研究所タイトル

1、ご挨拶

ようこそ吉川精神療法研究所へ

当研究所では「精神分析」という手法で心の悩みを治療致します。

精神分析家(インテグレーター) 鏡 容呼(かがみようこ)です。

1939年 神奈川県小田原市に生まれる。
2003年 インテグレーター養成講座終了
2004年 吉川精神療法研究所を開設
2010年 インテグレーター名を鏡 容呼とする。

自分はどうして こんな人間なんだろう?
分析すれば するほど 自分のコンプレックスが判り、ラカンの論理に照らし 合わせて見ていくと、寸分の狂いもなく 精神が形成されている事に気付きます。
一歩でいい、いや半歩でいい。前に進んでいけばいい。
その思いで やっていけばいい。
20年前の自分と、今の自分と比べると 大きく変わっているでしょう。
昔の自分は、マイナス部分を数えて 生活していたと気付いたとき 今は 楽しい部分を数え、楽しさを 追い求めていくでしょう。
人生は楽しむ場、これをモットーに生きていく。
運命は自分で作っていくものです。
立ち止まらないで 前に進みましょう。
その お手伝いは 自信を持って出来ます。
貴方が 人間らしく 楽しく 豊かに 生きるために。

△TOP

2、当研究所のお仕事

当研究所では 精神分析(セラピー)という、対話療法(催眠、薬物は使いません)により 心身の悩み、相談を受けています。

・不登校、引きこもり、非行、家庭内暴力などの問題
・うつ(抑うつ、躁うつ)、不安適応障害など対人関係の問題
・結婚、離婚、恋愛、DV、性障害など異性、夫婦間 問題
・就職、介護などの問題
・妊娠、出産、子育てに関する問題
・その他 心身に関する問題、不安、心配ごとに関する問題

人の心が癒されるとは

相談者(クライアント)の心の奥に封じ込め、持ち続けているものを対話により、言語で表出し、心の重荷を軽くするものです。分析者(インテグレーター)に指示、命令は勿論、批判はありません。唯唯クライアントは受け入れます。それがクライエントにとっての癒しになります。

△TOP

3、精神分析とは

精神分析とは、対話療法であり、これを「セラピー」と呼びます。

分析者と被分析者が1対1で言葉による対話によって、自分の無意識に気付き、意識化、内面化し、再組織化し、コンプレックスを解消する 信頼に基づいた療法です。催眠、暗示、薬物など、一切使いません。クライアントの自我は、様々な理由によって未成熟であり、歪んでいたり、傷ついていたり、欠損していたり、不完全な状態です。自己の存在を否定され、主体性を抹殺され、人間でないものにされています。そんな人達が「私は人間だ」と叫ぶ場所が分析場面です。

被分析者はセラピィーを通して、自己の様々な側面に気付き、自己に統合していきます。その結果、自己決定能力が高まり、物事の判断に迷いや葛藤がなくなるのです。
精神分析は、自己を知ることの喜びと成長をもたらします。

インテグレーターはクライアントの援助者であり、伴走者です。クライアントの意志を大切にしますので、強制したり、無理強いすることはありません。
自分の人生は、自分で決めていくと、強い意志と勇気を持って進むならば 必ず 自己探求の喜びと幸せを自覚し、自らの意志で未来を切り開いていくことでしょう。

△TOP

4、「精神分析」と「カウンセリング」の違い


「精神分析」も「カウンセリング」も共に受容と共感、理解と尊重を基本とし、傾聴することを大切にしています。
ただ「カウンセリング」は「精神分析」のように、無意識を意識化する「分析」はしません。
「精神分析」は行動の変化を説明する学説です。そしてその変化を「心理学的に説明可能」とみなし、行動を決定するものは「無意識的」なものとしています。この無意識に気付き不都合な部分は書き換え、統合する方法なのです。

△TOP

5、研究所紹介/料金/予約方法など

所在地 面談場所

郵 便:258-0026
住 所:神奈川県足柄上郡開成町延沢585
駐車場:完備(来所前にご連絡下さい)
電 話:0465-27-3758(ファクシミリ兼用)
携 帯:090-2210-8864

営業日 月曜~土曜
ご事情によっては定休日でも面談に応じられる場合があります。
営業時間 9:00~20:00
ご事情によっては上記以降の時間に応じられる場合があります。

料金 時間

<予約方法>

セラピーは完全予約制です。電話、メールにて予約して下さい。
日時は完全予約とし、予約の変更は一週間前迄を原則とします。
尚 予約の受付時間は9:00~20:00までです。
(注 セラピー中は電話に出る事が出来ませんので折り返し連絡させていただきます)

<料金>

精神分析(基本分析料)1セッション 時間45分~55分 10,000円
初回のセラピーは診断を含めて70分~75分とし基本分析料+50%割増料となります。

<キャンセルについて>

予約の変更は1週間前迄を原則とします。
キャンセルの場合、前々日は分析料の50%、前日は70%、当日分100%を負担していただきます。

△TOP

6、その他(特別セラピーなど)

<特別セラピー>

電話セラピー

遠方の場合、または何らかの理由で、直接対話が不可能な場合は、電話によるセラピーも行うこともできます。あくまでこの方法は非常時やむを得ない場合の特殊なセラピーです。
時間 完全予約制です。
1セッション 時間45分~55分 10,000円
(通話時の通話料金等はクライアント側でお持ち頂きます)

<秘密の厳守>

被分析者の個人情報に関すること、もしくは他言されたくない秘密は、守秘されます。また症例として言葉や文字で表現する場合は、必ず匿名とするか、一部変更し、個人的事実そのままを表現しないこととします。

<治療の終結>

治療の集結は治療目的を達成し、分析家とクライアントが共に終結の合意を持った時とします。

<治療予後の大切さ>

分析は終結後の精神の定着と持続を見守る予後の重要視します。治療の目標を達成したことが、すべての終わりでなく、その後の精神の定着と発達を見守っていく必要があり、年に1~2回の分析を受けられて、それらの状況を分析することが、望ましいです。

<治療の再開>

終結後も必要であれば、何度でも分析を受けることが出来ます。その都度治療目標を設定し、同様の分析を受けることが出来ます。

分析は、自己探求の場であり、自己発見のドラマであり、自己完成への道程です。この道を選ばれることにより、あなたは自らの尊厳にきっと気づかれ、有意義な人生を送られることでしょう。

△TOP

7、地図(Google map)


大きな地図で見る

△TOP

8、Webマガジン月刊精神分析&分析家ネットワーク



より大きな地図で インテグレーターマップ を表示

 精神分析(セラピー)を受け、インテグレーター(精神分析家)を目指し理論を学んだ人たちが、東北・関東・関西を中心に実際にインテグレーターとして活動しています。  夏には、那須で恒例の「分析サミット」が開かれ、症例報告・研究などの研修会も行っています。  私たちインテグレーターを紹介します。(敬称略)  メールに関して、☆を@に変換したメールアドレスにメール送信願います(スパムメール対策)

△TOP

Copyright (C) kichikawa-mtl. All rights reserved.
Powered by Movable Type 4.21-ja