ストーカー殺人事件(逗子)タイトル画像

0、動画資料

△TOP

1、はじめに

今月は、逗子ストーカー殺人事件をテーマに取り上げます。

私が初めてストーカーと言う言葉を知ったのは高校生の頃(今から35年前)、OBCラジオ大阪の深夜放送:サタディ・バチョン(毎週土曜日の深夜枠で放送:パーソナリティは浜村淳さん)の映画紹介のコーナーであった。

浜村淳さんの映画紹介には一定の評価があって、笑福亭鶴瓶師匠曰く「映画自体より、浜村さんが紹介する映画紹介の話の方がおもろい」・・らしい。

私が覚えている映画紹介の件(くだり)は、変質者の男が、女性に執着し、女性が帰宅したマンションに照明が灯ることで、女性が住んでいる部屋を特定し、忍び込み、女性が常用している電動歯ブラシを勝手に使用し自分の歯を磨く・・・そんなシーンがあるという。

番組中で浜村さんが紹介したのは「ストーカー」stalkerと言う映画であった・・と記憶している。

語源解説

英単語のストーカーの語源は、ストーク:stalkで、辞書には【他動詞】1、〈敵・獲物などに〉忍び寄る; そっと〈...の〉跡をつける.用例:The hunter stalked the bear through the woods. 猟師は森中クマの跡をつけた。・・とある。

ストーカーと言う言葉が世に広まる前は、たぶん、変態だの変質者と称されていた類の輩(やから)である。

もし自分がそんな変質者に付きまとわれたらどうなるか?そんな事考えたくもない。しかしながら、現代社会においては「ストーカー規制法」なる法律まで制定され、ストーカーがらみの事件の報道も珍しくない。今回、取り上げる「逗子ストーカー殺人事件」もその一例である。

逗子デザイナー刺殺、探偵使って詳しい住所入手

読売新聞 11月11日(日)10時2分配信
神奈川県逗子市のアパートで6日、デザイナー三好梨絵さん(33)が刺殺された事件で、自殺した元交際相手の小堤英統(こづつみひでと)容疑者(40)が事件前日、探偵業者から三好さんの詳しい住所を入手していたことが10日、捜査関係者への取材で分かった。
逗子署が2011年に脅迫容疑で逮捕し、逮捕状を読み上げる際、三好さんの住所の一部を小堤容疑者に伝えていたことが分かっているが、10年12月までに、逗子市在住であることは把握していた可能性が高いことも判明。県警は、逮捕状の情報が住所特定にどう影響したか調べている。
捜査関係者によると、小堤容疑者は事件の数日前、三好さんが暮らす「逗子市小坪」の番地などを調べるよう探偵業者に依頼。事件前日に探偵から回答があり、翌日、事件を起こしたとみられる。
最終更新:11月11日(日)10時2分


次ページで加害者と被害者の紹介をしているが、どちらも殺人者や刺殺される人にはみえない。事件が起きなければ、非常勤高校教諭とフリーのデザイナーさん・・世田谷と逗子市で平穏に暮らしていた筈なのに・・。
今回の月刊精神分析では、ストーカーを精神分析的視点で考察するとどうなるか?みなさんと一緒に考えてみましょう。

平成25年01月31日 月刊精神分析編集部 A

ご意見ご感想は、lacan.fukuoka@gmail.com までお願いします。

追伸(蛇足)OBCラジオ大阪の深夜放送:サタディ・バチョンは、日曜深夜の「鶴瓶・新野のぬかるみの世界」同様、青春期の私に多大な影響を与えたラジオ番組であった。パーソナリティの浜村淳さんの語りは大変面白く「広い世の中にこんなことあるんやね」と言う感じで、毎週番組を楽しみにしていた。番組のアシスタントの木村早苗さんの実家が「とん平焼き」をされている事も覚えている。今でもそのお店が営業されているかは定かではない。

△TOP

2、登場人物

小堤英統

小堤英統(こづつみひでと)
1973(S47)年11月06日生まれ
現住所:東京都世田谷区等々力5-30-4
無職元高校教師(都内や沖縄の高校に非常勤で勤務:現代社会を担当)
8年前バトミントンサークルで三好梨絵さんと出会い交際
三好(旧姓:柴田)さんと婚約するものの一年余りで別れる
その後、鬱病を発症。自殺を企てる。
「お前だけ幸せになるのは許さない」と被害者にメールを送りつける
2010年春頃「ぜってー殺す」とメールを送りつける。
2010年06月01日脅迫罪で逮捕 警察の「逮捕状の読み上げ」の際、結婚後の新しい姓:三好と、新住所:逗子市小坪六丁目を知る。
情報集めにYahoo知恵袋を活用
Yahoo知恵袋使用ID:
takeishi_satoru
bitch_shibarie
takeshi_hukumoto
2011年11月05日探偵社からの通知で三好さんの所在を知る。
2011年11月06日犯行後、首吊り自殺
犯行日は小堤英統容疑者の40歳の誕生日だった。 享年40歳

-----------------------------------------
三好梨絵

三好梨絵(みよしりえ)
旧姓:柴田
ペンネーム:大箸テコ
大箸テコのネームでフリーデザイナーとして活動する。
デザイナーとしてのプロフィール(独身時代)
「三十路まっしぐらの独身ライター。スピリチュアルからエクササイズまで様々な自分磨きメソッドにハマった経歴を持つ、自他共に認める自分磨きマニア。現在、オンライン講座セレクトショップ"好きを学ぶ"【スキまな】の開店準備中!」
大箸テコ 現住所:神奈川県逗子市小坪6-11-6
元彼のまとわりつきをNPO法人ヒューマニティーのカウンセラーに相談
2008年結婚。姓が三好に変わる。
結婚後、都内から神奈川県逗子市小坪へ転居
逗子警察署に元彼のストーカー行為を相談。 2011年06月01日元彼は脅迫罪で逮捕されるものの警察の「逮捕状の読み上げ」の際、結婚後の新しい姓:三好と、新住所:逗子市小坪六丁目を加害者に知られてしまう。
2011年11月06日自宅アパートにて元彼に刺殺される。
享年33歳

-----------------------------------------

惟能創理(いのうそうり)
日本初のインテグレーター(精神分析家)
編集部Aのスーパーバイザー 。

1951(S.26)年 埼玉県熊谷市に生まれる
1992(H.04)年 大沢精神科学研究所設立
1992(H.04)年 道越羅漢(みちおらかん)となのる
2008(H.20)年 LAKAN精神科学研究所に名称を改める
2008(H.20)年 惟能創理(いのうそうり)に改名する
著書紹介:
月刊精神分析 2009年01月号 運命は名前で決まる
月刊精神分析 2010年01月号 心的遺伝子論 産み分け法

-----------------------------------------
迎意愛近影

迎意愛(むかいあい)
精神分析家。シニフィアン研究所(埼玉県上尾市)主宰。
1954年和歌山県生まれ
2011年10月より埼玉県在住。二女の母。
奈良教育大学卒業するも、教師にならず、営業職に就く。結婚、義母の介護。
物心ついた時から生きる意味を問いかけ、38歳の時、精神分析に出会う。
精神分析により、自己を知ることで、生きる意味を見出せると確信し、惟能創理氏に師事する。
女であることの素晴らしさと重要性を痛感し、自らも精神分析家(インテグレーター)となる。
自らの体験と「オールOK子育て法」を引っさげ、女たちよ賢明であれと全国を行脚するべく奮闘中。

連絡先:signifiant1@gmail.com

-----------------------------------------
安朋一実近影

安朋一実(やすともかずみ)
精神分析家。ラカン精神科学研究所(滋賀県大津市)主宰。
1958(S.33)年4月22日生まれ。
出身:滋賀県大津市。二女の母。
神戸親和女子大学児童教育学科(兵庫県神戸市)卒業。
会社勤務の後、結婚し専業主婦になる。
二女の子育てに悩み惟能創理先生の精神分析治療を受ける。
インテグレーター(精神分析家)養成講座を受講の後、独立開業。
現在、新進気鋭の分析家として、引きこもり不登校の子供を持つ母親を全力で支援している。
同研究所は「京都府ひきこもり支援情報ポータルサイト」の支援団体として登録。
メルマガ発行:子育てメールマガジン 育児法 引きこもり 家庭内暴力 非行 不登校
連絡先:lacan.msl@gmail.com
QR-CD





-----------------------------------------

編集部A(へんしゅうぶえー)
月刊精神分析(げっかんせいしんぶんせき)編集部員。
ラカン精神科学研究所福岡支所
1963(S.38)年3月12日生まれ
出身:福岡県福岡市。
コンピューター会社のシステムエンジニア。食品工場の生産管理業務に従事。
飲食店の経営、飲食店の営業職、旅客運送乗務員を経た後、月刊精神分析編集部。
宗教色の強い家庭に生まれ育つ。
中学校1年生の時にクラスの数人からいじめられ転校した経験がある。
二十代の頃、原因不明の疾病に苦しむが転地療法にて完治した経験から、心の作用に興味を持つ。
ひょんな切っ掛けから「精神分析」の世界を知り、約三年半色々な書籍を読み漁る。

現在「月刊精神分析」の編集に関わりながら、惟能創理先生のセラピーとインテグレーター養成講座を受けている。

性格分析:自己分析、コンピューターのSE(システムエンジニア)をしてきただけあって、緻密な作業ができるA型(血液型)人間である。自分の部屋はちらかっていても許されるのだが、漫画本の1巻から・・はきちんと順番通り並んでいないと気が済まない。物事は手順を考えて、1から順番に進めていく。よって「適当にやってみて駄目でした」という事は出来ない人で、やるからには成果が出ないとかっこ悪いと感じ、失敗を恐れるタイプである。
連絡先:lacan.fukuoka@gmail.com

△TOP

3、二人の出会いと事件への経緯

H16年 2004年頃
バトミントンサークルで知り合い交際スタート(8年前)。
小堤英統(32歳)柴田梨絵(25歳)。
2年程で別れる。2人は都内在住。

H18年 2006年頃
小堤容疑者からのメールが頻繁に届き始めた。「お前だけ幸せになるのは許さない」。柴田さんが、当時住んでいた東京都内の最寄りの警察署に相談すると、メールが途絶えたという。

H20年 2008年夏     
被害者は結婚して逗子市へ転居。苗字も三好姓に変わる。

H20年 2008年秋    
小堤容疑者が身内を装い被害者の勤務先へ電話。

H22年 2010年12月09日 
逗子署が小堤容疑者の家族を通じ注意したところ、自殺を図って入院。メールは止まった。小堤容疑者はこの頃、三好さんの結婚を知った(小堤容疑者の母談)。

H23年 2011年春    
「ぜってー殺す」とのメールを三好さんに送りつける。

H23年 2011年05月
小堤容疑者はYahoo!知恵袋で執拗に情報収集
質問内容に「逗子市」「お寺」「10月13日のお祭り」が頻繁に出現する。

多分、小堤容疑者は三好さんが10月13日に近くのお寺の祭りに参加したという記事(ブログ?)を入手して、その情報から三好さんの住まいを探そうと試みたのだろう。

ちなみに三好さんの住まいは逗子市の西方に位置し、鎌倉市材木座6-17-19の浄土宗光明寺に隣接している。

光明寺 十夜法要会

当山第九世観誉祐崇上人が、後土御門天皇の勅命により明応四年(1495)清涼殿において引声阿弥陀経・引声念仏による法要を勤修したことで、十夜法要をつとめることが許されました。十月十二日より十五日に至る間、盛大に行われています。沿道には植木店や露天など並び、堂の内外は、参拝の人の群れでうずまります。

img12.jpg

(Googleストリートビューで探すとこの様な立派な光明寺が確認できた。さすが鎌倉である)

H23年 2011年06月01日
小堤容疑者は逗子署に脅迫容疑で逮捕される。この時、小堤容疑者は、被害者の住所(逗子市小坪6丁目)と新姓(三好)を知る。

H23年 2011年09月   
小堤容疑者に対して、懲役1年、執行猶予3年の有罪判決。

H23年 2011年10月から12月にかけて
小堤容疑者はYahoo!知恵袋で執拗に情報収集
質問内容に「小坪六丁目」が頻繁に出現する。やはり、小堤容疑者を逮捕する時に逮捕状の読み上げで「逗子市小坪六丁目の三好梨絵に対する脅迫容疑・・」とストーカー被害者の個人情報を漏らしたのは当局の失態と言わざるを得ない。

H24年 2012年03月下旬からH24年 2012年04月上旬(20日間)に計1089通に上る嫌がらせメール送信。「精神的慰謝料を払え、婚約不履行だ」。三好さんは警察に相談するものの「ストーカー規制法に当たらない」といわれ、動いてくれない・・とカウンセラーに打ち明ける。

H24年 2012年04月からH24年 2012年10月にパトロールを計146回行った(逗子警察署)

H24年 2012年06月
被害者は「メールが来なくなったので静観したい」との上申書を逗子警察署に提出。

H24年 2012年07月19日
三好さんは大箸テコの名前で、第8回未来トルソCafeでプチ講話(新しいサイトの立ち上げ)

H24年 2012年07月25日
逗子警察署が三好さんに再確認した際にも、三好さんは「メールが来てないので大丈夫」と話した。

H24年 2012年11月05日
小堤容疑者は探偵社を使って三好さんの詳細な住所を確認。

H24年 2012年11月06日
刺殺事件発生。被害者は6年間に渡るストーカー行為の後、刺殺された。

H24年 2012年11月08日
加害者宅家宅捜索。

△TOP

4、逗子市ストーカー殺人事件マップ

事件当日、小堤英統容疑者は、世田谷区から電車でJR逗子駅へ移動、逗子駅からバスで小坪まで移動、その後、途中サンクス(コンビニエンスストア)に寄り、神奈川県逗子市小坪6-11-6の三好さん宅へ、その後、アパートの無施錠の一階の窓から侵入したとされる。電車とバスを使用する移動方法もYahoo知恵袋で問い合わせをしていた。

小堤英統容疑者のリサーチの痕跡

逗子市在住の方に質問です。 逗子駅から小坪六丁目や光明寺方面に行くバスはありますか?
takeishi_satoruさん
質問日時:2011/11/10 18:09:20

事件が起こったのが2012/11/06で、この質問日が2011/11/10であるから、小堤容疑者は、事件のほぼ一年前には、三好さんの所在を粗方知っており、そこへの移動方法も調査していた事になる。多分、一年前に脅迫罪で逮捕された時の逮捕状の読み上げの歳、三好さんが隠していた住所を警察が逗子市小坪6丁目まで読み上げてしまったから。

小堤英統容疑者は事件前日の11月5日、探偵業者に三好梨絵さんの所在調査を依頼し、同日中に回答を得ていました。事件当日の6日には、JR逗子駅まで電車を利用し、さらにバスで三好梨絵さん宅付近へ向かったことが、IC乗車券の利用履歴などで分かっている。

逗子市在住の方に質問です。
逗子駅から小坪六丁目や光明寺方面に行くバスはありますか?
さきほど京急バスのホームページを見たのですが、分かりませんでした。
逗子市在住の方が、見てくださることを願いつつ...。
宜しくお願いします。

ベストアンサーに選ばれた回答
singaporecheck2さん

第一中学校のあたりかと思いますが、以下の路線を利用することになります。
鎌40 鎌倉駅~小坪~逗子駅・新逗子駅(光明寺・飯島・小坪など下車、朝には鎌倉駅~小坪という鎌41があります)
あるいは、逗29 逗子駅~亀が丘循環(南ケ丘団地入口下車)

Googleマップで保存できるルートは車で移動した場合のルートであるが、参考にマップ上に保存しておく。


より大きな地図で 逗子市ストーカー殺人事件マップ を表示

△TOP

5、ストーカー殺人襲撃への道

img13.jpg小堤英統さんの自宅(東京都世田谷区等々力5丁目30-4)から三好梨絵さんのアパート(神奈川県逗子市小坪6-11-6)までの移動方法をGoogle地図の「ルート・乗換案内」で調べた。いくつかのルートが提示されるのだが、小堤さんが寄ったであろうサンクスのすぐ近くのバス停:南ヶ丘団地入口を経由するルートを選択した。わずか1時間44分で移動できるらしい。費用は1,030円、移動時間は(14:33-16:17)。さすが首都圏は交通が発達している。小堤さんは怪しまれない様にダンボール箱を抱え、他所から荷物を運んでいる人を装っていたらしい。犯罪者が宅配業者を装って玄関を開けさせようとする手口はベーシックなものである。
img05.jpg

移動例(Google地図による)

東京都世田谷区等々力5丁目30-4(自宅)をスタート。
*地図周辺を眺めてみると、近くには田園調布だのお金持ちが集まっていそうな地名が飛び込んでくる。img09.jpg

手前ではなくて、奥の住宅が小堤英統さんの自宅。さすが世田谷、立派な家が密集していそうなのだが、振り向くと下の写真の通り家の前は「畑」だったりする。世田谷はJRの駅がない区らしい。世田谷と言っても田舎者の私が思うより無機質な都会ではなくて意外と田舎なのかもしれない。

img10.jpg

奥沢駅 まで歩く
約 20 分 (1.7 km)

img11.jpg

上の写真が奥沢駅周辺の様子。バーミヤン(レストランチェーン店)があったり警視庁玉川警察署奥沢駅前交番があったりする。小堤さんはこの駅から逗子市を目指したのだろうか?
奥沢駅 (1 番線)
東急目黒線
150円
各停 日吉行
14:54 - 15:01 (7 分、 4 駅)

武蔵小杉駅 (3 番線)
JR横須賀線
690円
各停 久里浜行
15:11 - 15:53 (42 分、 9 駅)

逗子駅
逗子駅(バス) まで歩く
約 1 分(7 分で乗換)

逗子駅(バス)
逗29
190円
バス 逗子駅行
16:00 - 16:13 (13 分、 11 駅)

南ヶ丘団地入口(バス)
img06.jpg小堤さんが事件直前に入ったコンビニ(サンクス)。このページの右上にはってある防犯カメラが映した映像はこのコンビニの入口の映像。店のマットの配置や向かいの八百屋の様子も一致する。この写真の正面奥に南ヶ丘団地入口のバス停がある。小堤さんはコンビニに寄った後、下の写真の正面の道を上っていった。上って左手に目指す三好さんのアパートがある。img08.jpg

神奈川県逗子市小坪6丁目11-6 まで歩く
約 5 分 (300 m)
下の写真が三好梨絵さんが住んでいたアパート。一見アパートにみえないが実際は三所帯が住んでいる。Googleストリートビューでチェックした映像なのだが、不思議な事に隣(小坪6丁目11-5)の家にぼかしがかかっていてお隣りの様子が確認できない。まぁ隣は事件とは無関係なのでどうでもいいのだが、隠されると見たくなるのが人間の心理ではある。

img07.jpg

△TOP

6、精神分析的まとめ

この事件でも、今更ながら「母」の存在の大きさを思い知らされた。

小堤英統(こづつみひでと)容疑者(既に自殺)とはどんな人だったのだろうか?元高校教諭(都内や沖縄の高校で現代社会を教えていたらしい)であるから、それなりの大学を卒業したのだろうし、Googleストリートビューで小堤さんのご自宅を拝見したのだが、都内世田谷区に立派な一戸建てのお住まいをお持ちである。今風に言えば所謂「勝ち組」である。

普通に大学を出て、非常勤であるが高校教諭として勤務し、32歳でバトミントンサークルで知り合ったデザイナーの柴田梨絵(しばたりえ:刺殺され既に死亡)さん、当時25歳と楽しい恋愛期間(一年余り、二年弱?)を過ごした筈なのになぜに、出会いから8年の歳月を経て(他者と結婚した)女性は刺殺され、男性は首吊り自殺をするに至ったのか?

小堤容疑者の母親(68)は7日、報道各社の取材に「1人で死んでくれれば良かった。相手の人も巻き込んでしまい、本当に申し訳ない」とやつれた様子で語った。母親によると、小堤容疑者は三好さんと別れた時にショックを受け、三好さんの結婚を人づてに知って恨むようになった。一方で、うつ症状が悪化し「 生きていても仕方ない」と言って3回自殺未遂を起こしたという。

二人が破局した理由は定かではないが、普通に恋愛したカップルが、自身の進む方向性の違いや、性格の不一致を認知し、関係を解消し、次のステップに進むのはごく当たりまえのことである。失恋当初は誰しもが喪失感に苛(さいな)まれ、傷心するのは仕方ない事である。その時は辛くてしようがないが・・。

その時、周りの人々が言う決めセリフはこうである。

次にもっと素敵な人がみつかるわよ。世の異性はあの人だけではないんだから。

心の痛みも時が癒し、次の新しい出会いに期待するのである。

・・・が、しかし、今回の事件の加害者:小堤英統さんの場合はそうはならなかった。なぜか「柴田梨絵」さん、結婚後の名前は「三好梨絵」さん・・に執着してしまった。「俺が求めているのは梨絵だけ。他(代替)はありえない。」・・と。

精神分析的になぜ小堤英統さんが柴田梨絵さんに固執してしまったのか?説明(推測)しよう。

精神分析の「精神発達論」の中に必ず出てくるフレーズが「母の内在化」である。人は新生児としてこの世に産まれてから即、母親の庇護下で成長する。心も体も。実は赤ちゃんはお母さんのお腹にいる時から母の感情を感じ取っていると言う説があり、厳密に言うと、胎児の時から既に成長は始まっている。よく「子供の胎教(体内教育)」と言うのはこの事である。

何から何まで母にしてもらわないと一日足りとも生きられない弱い存在の赤ちゃんは、常に、母との関係性において精神を発達させていく。自分は何でもできるんだと言う・・所謂、万能感(ばんのうかん)は、三歳児になるまでの母との関係性において子どもに内在化される。

常に母親が子供に眼差(まなざ)しを向ける、子どもをだっこする。常に子供の要求に応える「オールOK子育て法」は、その根拠を精神発達論に求めている。

今回の事件の主役:小堤英統さんは、本来内在化する筈の「母」を、他者である柴田梨絵さんに求めたのである。

如何(いか)なる理由があろうと、母はこの世にただ一人。唯一無二であり、絶対的な存在なのだ。「母を訪ねて三千里」マルコはイタリアからアルゼンチンへ母を訪ねて旅をする。昆虫物語 みなしごハッチも全編を通して普遍的な母と子(息子)の愛情を描いている。

男は常に「マザコン」であると言う事実。マザーコンプレックス。コンプレックスは複合観念体の事である。つまり、複雑な感情の集合体の事。もちろん成人した男が何かにつけて「お母さん、お母さん」と母にコミットしたり、母親の言いなりになるのは病的なマザコンであるが、冷静に考えてみれば、男が赤ちゃんとして産まれた瞬間から、初めて長きにわたって一緒に過ごす異性は間違いなく「母」なのである。例外的に、生まれてすぐ母親と別離するケースもあるかもしれないが。その母に対して、なにかしらの複雑な感情を持たない筈はないではないか?

小さな子どもが母親に向かって「ママ、ママみてて」と常に母の眼差(まなざ)しを希求するのは、母に自分の存在をしらしめて、かつ認めて(受け入れて)欲しいからである。
その大いなる母を「柴田梨絵」さんに求めた小堤英統さん。梨絵さんとの破局は彼に大いなる喪失感を与えたにちがいない。多大な喪失感は人を「うつ状態」に追いやる。

takeishi_satoruさん

法律や判例では、婚約についてどのうに解釈されているのでしょうか? お互いが、結婚を前提に付き合っていて、職場や友人など周囲にも、そのことを公表しいました。 ただ相手の親には、まだ挨拶ができていない状態でした(相手の実家が地方だった為)。また、結納なども行なっていませんでしたが、お互い、指輪の交換は済んでいました。 婚約は、基本的には当事者間の意思の合意によって成り立つと聞いたことがあります。 また、民法では口約束でも法的拘束力が生じるとも聞いたことがあります。 これだけの状況がそろっていても、婚約は成立していないのでしょうか? また、このような状況を相手が、一方的に破棄してきた場合、相手に対して損害賠償などは請求できないのでしょうか? 法律や判例に詳しい方、宜しくお願いします。 補足:さっそくの回答ありがとうございました! この件に関して、私は鬱病となり職場の傷病休暇の期間を使い切り、職場を解雇されました。 解雇されなければ得られていたはずの賃金分も請求することは可能でしょうか? 質問日時:2011/11/7 15:19:53

小堤英統さんはYahoo!知恵袋で、別れ(婚約破棄)が原因で「鬱病」になり「職場を解雇」されたと訴えています。何かのきっかけで小堤さんの無意識:コンプレックス(複合観念体)・・マザコンが刺激され、他の男から三好と姓が変わった梨絵さんの奪還を試みます。
警察が脅迫の容疑で小堤さんを逮捕する時に、新住所の一部を知らしめてしまった為に、より一層、小堤さんの無意識:コンプレックスは刺激されます。執拗なYahoo!知恵袋への書き込みをみれば「あぁもうすぐやらかすな」と察しはつきます。

探偵事務所から報告のあった翌日、小堤さんは、都内世田谷区等々力5-30-4から神奈川県逗子市小坪6-11-6のアパートへ電車とバスを乗り継いで向かいます。刃物持参で・・最初から梨絵さんを殺害(他の男から奪還)し、自分も死ぬつもりでした。テレビのニュース映像では夥(おびただ)しい血痕がアパートのアルミサッシから垂れて壁に付着していました。梨絵さんの致命傷は首を切られての出血性ショック死。

小堤さんは、無施錠の一階の窓から室内に侵入し、梨絵さんを刺殺した模様。不意に無施錠の窓を開けて乗り込んで来た人間の顔をみたら、数年に渡って執拗にストーカー行為を続けた元彼で、男の手に刃物が握られていたら・・・悲鳴をあげても、もう手遅れ。警察が提供したという緊急信号発信装置も、逗子警察署のパトロールも何の抑止力にもならなかった。まるで映画のシーンのようではありませんか。

小堤英統さんはどんな気持ちで、他の男と結婚した元カノを刺殺し、元カノとその主人のアパートのテラスで首を吊ったのでしょう。ちょっと考えただけで狂気の世界だと想像できます

この事件においては、警察もストーカー規制法も無力であったわけですが、この様な悲惨な事件を回避する方法はなかったのでしょうか?

小堤さんは通院しながら投薬治療で欝(うつ)の症状を抑え、唯一無二の母を元カノに投影する行為を抑制し、よい母を内在化する精神分析(セラピー)を受ければ、狂気の選択をする必要はなかったのではないでしょうか?悲しみは悲しみとして受け入れ、モーニングワーク(喪中の儀式)を施し、心を癒せば、次へのステップも見込めたのではないでしょうか?

残念でなりません。無意識に操られた人間は恐ろしい。

ラカン精神科学研究所の安朋一実(やすとも かずみ)先生の考察安情共恵近影

小堤容疑者の母親(68)は7日、報道各社の取材に「1人で死んでくれれば良かった。」

この母のコメントに冷たさを感じる。

「相手の人も巻き込んでしまい、本当に申し訳ない」

といい、他人を巻き込み自殺した息子を世間に詫びる気持ちなのか? それにしても「一人で死んでくれれば良かった」というのはいかがなものか。 失恋に悩み苦しみ、うつ症状が悪化し「 生きていても仕方ない」と言って3回自殺未遂を起こした息子を知らないはずはない。 人は、自分を理解してくれる人、せめて理解しようとしてくれる人がいるだけで救われることがある。 小堤英統容疑者にとって、それが母や父であったなら、ストーカー更に殺人・自殺にまでは至らなかったのではないか。

対象喪失とは、愛着を持った対象を失うこと。
うつの契機となる原因に対象喪失があげられる。

刃物で相手を刺すという行為は、受け入れて欲しいという願望とみられる。
ナイフが自分で、相手の体内に入っていく(刺す)は、=受け入れられること。
実際にある人が言った、「ナイフで刺すということは、受け入れられることだ」と。
そしてその行為は体内化され一体となる、それは愛の行為に等しいといえる。

小堤容疑者も、柴田さんに自分の想いを受け入れて欲しかったのだろう。
彼女がもう既に結婚し、他の男性の妻となっても、必要に追いかけた。
そこには執着心、粘着気質がみられる。

女性を刺し殺すことで彼女はもう誰のものでもなく、自分が独占できる存在になるという意味がつけられてとしたら、小堤容疑者は子ども時代に母を独占できなかったと考えられる。
子ども時代に母を振り回し、母を独占することが大事である。
それが出来ないと、大人になってから周りを振り回す。
それが高じれば、恋愛関係で相手を束縛するという行為に至るかもしれない。
精神的に成長したなら、生後間もなくから始まる「分離個体化の過程」を経て、肉体と共に精神的に親と分離していく。
そすると、私は私、あなたはあなたという意識、概念が生まれる。
更に自己を確立した上で、互いを認め尊重して交流することが出来る。
そういった精神の発達は、まず母親がいかに適切に子どもに関わり世話するかである。
それらが不十分であったり欠けると、精神の発達は未熟なまま留まり続け固着する。
肉体の時と精神の時は同じように時を刻まない。
肉体だけは時とともに成長しやがて老いていくが、精神は子どものまま、いや赤ちゃんのまま成長しない。
つまり肉体の年齢と精神の年齢は一致しないのである。

精神の発達・成長が如何に大事かをまた思う。
そのための母親、父親の対応や役目の大切さを知らなければ、また同じような悲劇は繰り返されるだろう。


△TOP

7、おわりに

今月の月刊精神分析はいかがでしたでしょうか?秋葉原無差別殺傷事件の加藤智大君は携帯電話の掲示板に事件を起こすに至る自分の気持ちを書き残していました。もちろんストレートな言語ばかりではなく、オブラートに包みながら、わかる人ににはわかる暗号化したり、カモフラージュしたりしながら・・。今回のストーカー殺人事件(神奈川県逗子市)は、元高校教諭がフリーデザイナーの元彼(既婚)の居所をネット場の無料掲示板(Yahoo!知恵袋)を利用して捜そうと試みたり、警察が逮捕状の読み上げの際に、ストーカー被害の被害者の住所を伝えると言う失態を演じたり、加害書の方は、挙句の果には探偵まで雇って詳しい住所を調べ上げ、都内から神奈川県逗子市小坪まで殺しに行くというトンガった事件でした。

人は心を病むと本当のとんでもない事をしでかします。もし、あなたが何かしらの薬を服用しなければ心の平安が保てない状況なら、ぜひ精神分析家のセラピーを受ける事をお勧めします。人の心は縁に触れて動き出します。

ご意見ご感想は lacan.fukuoka@gmail.com でお待ちしています。

平成25年01月31日 月刊精神分析編集部A

△TOP

8、Webマガジン月刊精神分析&分析家ネットワーク



より大きな地図で インテグレーターマップ を表示

 精神分析(セラピー)を受け、インテグレーター(精神分析家)を目指し理論を学んだ人たちが、東北・関東・関西を中心に実際にインテグレーターとして活動しています。  夏には、那須で恒例の「分析サミット」が開かれ、症例報告・研究などの研修会も行っています。  私たちインテグレーターを紹介します。(敬称略)  メールに関して、☆を@に変換したメールアドレスにメール送信願います(スパムメール対策)

△TOP

付録:Yahoo!知恵袋の痕跡


報道から引用

小堤容疑者は三好さんの住所を探るため、昨年秋から三好さんの以前の勤務先に身内を装って電話したほか、インターネット掲示板に三好さんの夫の名前を挙げ「昔、お世話になった方を捜しています。詳しい住所が分かりません。ご存じの方がいらっしゃったらmailで連絡して下さい」などと書き込んでいた。

上記のインターネット掲示板とはYahoo!知恵袋の事である。読者の皆さんも「調べ物をしよう」とGoogle検索した時に、偶然ヒットしたYahoo!知恵袋の質問と回答を参照した経験がある筈だ。

小堤容疑者は、そのYahoo!知恵袋に複数のIDを登録し種々の情報を入手しようとしていた様だ。私が確認した小堤容疑者が使用していたIDは「takeishi_satoru」「bitch_shibarie」「takeshi_hukumoto」の3つである。本当はあともう一つあったのだが、三好さんのご主人の実名を質問板に記入していたので、管理者から不適切なIDとみなされ現在は既に削除されている。

特に「bitch_shibarie」はbitch:【名詞】《俗語》 尻軽女,あばずれ女,意地悪女; あま,女。の意味で、shibarieは柴田梨絵(しばたりえ):三好さんの旧姓の略語となっており、別れた交際相手を侮蔑するネーミングとなっている。

私は、上記の3つのIDのYahoo!知恵袋の質問内容、日時、キーワードをすべてエクセル表に書き出し、並び替え分析を試みた。

まるで、秋葉原無差別殺傷事件の時、加藤智大受刑囚が書き残した携帯電話の掲示板サイトを発掘する様な作業だった。

今回の事件は加害者の小堤容疑者は自殺してしまっているので対話によって、彼の無意識:コンプレックス(複合観念体)を探る事はできない。残念ながら彼の心のひだひだ、心の闇を彼が残したドキュメントから推測するしかないのだ。

私は分析の為に、彼が3つのIDの分けて書き残したすべての質問を同一の表に転記し、日付で並び変えた。

まず、質問が始まるのが、2011(H23)年05月から。5月31日までに90件もの質問をしている。この春「ぜってー殺す」との脅迫メールを送りつけている。三好さんにしてみれば、2008(H20)年には結婚して苗字も変わり、神奈川県逗子市で新生活を始めていて、小堤容疑者なんぞは既に遠い過去の人なのである。ところが、小堤容疑者は三好さんが「逗子市」に転居している事を嗅ぎつけており、10月13日に祭りが開催される寺などをヒントに執拗に三好さんの居所をリサーチしている。

小堤容疑者は6月1日以降「Yahoo!知恵袋」パッタリと質問しなくなる。なぜかと言うと、当日、小堤容疑者は神奈川県警逗子署に脅迫容疑で逮捕されるからだ。

小堤容疑者が「Yahoo!知恵袋」の利用を再開するのが、2011(H23)年09月下旬。そして、10月04日の質問には初めて「小坪」と言う地名が登場する。

bitch_shibarieさん

逗子市に在住の方に質問です。 小坪六丁目にあるお寺は何というお寺ですか? 宜しくお願いします。 質問日時:2011/10/4 14:23:34

ストーカーで脅迫容疑で逮捕された小堤容疑者。そんな彼に執行猶予がつき、被害者の住所が小坪六丁目ですよと教えてしまったからさぁ大変。それ以降、年末まで毎日の様に「Yahoo!知恵袋」への質問が続く。

質問内容に「鬱(うつ)病」「統合失調症」「婚約に関する法的解釈」「住宅地図」「探偵への仕事の依頼」・・など、事件に直結するキーワードが散見される様になる。

bitch_shibarieさん

鬱病と傷害罪について教えてください。
一方的な婚約破棄によって鬱病が重篤化した場合、相手を傷害罪として訴えることはできますか?
また、婚約破棄によって受けた不利益について損害賠償を請求することはできますか?
あまり法律に詳しくないのですが、宜しくお願いします。
質問日時:2011/10/30 12:05:18

bitch_shibarieさん

探偵業者の方に質問です。 探偵業者の方は、携帯などからターゲットの居場所を特定する際に、どのような手段を活用しているのでしょうか? 例えば、携帯電話の番号を変更したとしても、居場所を特定できるのでしょうか? また、先日、インターネットの記事で見たストーキングアプリ【creepy】などを利用しているのでしょうか? 最近、ストーカー行為を受けているので、その実情を知りたくて質問してみました。 探偵業者の方、または実際にストーカー行為をしてる方、宜しくお願い致します。 質問日時:2011/5/22 18:15:25

精神科(心療内科)に通院し、投薬治療を受けていたのだろうか?

takeishi_satoruさん

統合失調症について質問です。 友人が統合失調症で、最近、陰性症状の鬱、希死念慮および被害妄想などの症状が顕著にあらわれています。 このような症状は薬を増量すれば落ち着くのでしょうか? また職場での人間関係などが被害妄想につながっているようなのですが、やはり仕事を続けることは難しいのでしょうか? 職場を変えれば症状が好転することも有り得るのでしょうか? 宜しくお願いします。 質問日時:2012/2/14 11:51:41

下の書き込みは殺人の後の自殺を予見している。

takeishi_satoruさん

犯罪について質問です。 例えば、殺人事件を犯した犯人が、逮捕される前に自殺してしまった場合、その後の事件の処理はどうなるのですか? 自殺してしまったので起訴もできないでしょうから...。 ふっと疑問に思ったので質問してみました。 宜しくお願いします。 質問日時:2011/12/4 15:33:37

下の書き込みは自身の減刑の可能性に言及している。

bitch_shibarieさん

刑法について質問です。 刑法39条に『心神喪失者の罪はこれを罰せず。心神耗弱者の罪はこれを減刑す。』とありますが、どれくらいの状態を心神喪失または心神耗弱とするのですか? 統合失調症だと心神喪失または心神耗弱に分類されるのでしょうか? 宜しくお願いします。 質問日時:2011/10/29 10:46:54

下の書き込みは事件の前々日の書き込み。既に探偵社から三好さんの住所が通知された後の書き込みだろうか?犯行予告ともとれる内容である。

takeishi_satoruさん

最近、一人暮らしを始めて自炊するようになったのですが、包丁が安物だけに切れが悪くて困っています。 包丁って東急ハンズみたいなホームセンターに行けば売っていますか? それとも問屋街に行かないと買えないのでしょうか? 問屋街だとしたら何処の問屋街が商品が充実していますか? 料理に詳しい方、よろしくお願いします。 質問日時:2012/11/4 12:15:33

△TOP

付録:事件発生時報道集

神奈川・逗子のストーカー殺人事件

アパートで男性首つり、死亡女性に刺し傷...逗子

2012年11月6日(火)19:17 読売新聞

6日午後3時過ぎ、神奈川県逗子市小坪のアパートで、通行人から「男性が首をつっている」と110番があった。

逗子署員が駆けつけたところ、ベランダで男性が首をつった状態で死亡し、居室で成人女性が血を流して死亡しているのが見つかった。

逗子署の発表によると、男性と女性はいずれも30歳代くらい。女性には刃物で刺されたような傷があり、近くからは刃物が見つかった。県警は殺人事件の可能性があるとみて捜査を始めた。

現場は、JR横須賀線逗子駅の北西約2キロの住宅街の一角。


逗子の共同住宅に男女の遺体 女性を刺し自殺か

2012年11月7日(水)00:49 朝日新聞

6日午後3時10分ごろ、神奈川県逗子市小坪6丁目の共同住宅で、2階の出窓の柵にひもをかけて男が首をつっているのを通行人が見つけ、110番通報した。

逗子署が調べたところ住民の三好梨絵さん(33)が1階のベッドのわきで血を流して倒れており、そばに血のついた包丁が落ちていた。男は東京都世田谷区等々力5丁目の小堤英統容疑者(40)で、2人はまもなく死亡が確認された。

署は小堤容疑者が三好さんを刺して自殺を図った疑いが強いとして、容疑者死亡のまま殺人容疑で送検する方針だ。


逗子2遺体、ストーカー男が女性刺殺後に自殺か

2012年11月7日(水)14:34 読売新聞

神奈川県逗子市小坪のアパートで6日、男女の遺体が見つかった事件で、逗子署は、東京都世田谷区等々力、 小堤[こづつみ]英統[ひでと]容疑者(40)が、このアパートに住む元交際相手の三好梨絵さん(33)を刺殺した後、自殺した疑いが強まったとして、被疑者死亡のまま殺人容疑で書類送検する方針を固めた。

同署幹部によると、小堤容疑者は2011年春、「ぜってー殺す」とのメールを三好さんに送りつけたとして同署に脅迫容疑で逮捕され、同年9月、執行猶予付き有罪判決を受けた。しかし、その後もメールは続き、同署はストーカー規制法に基づく警告を出していた。

今年3月下旬からの約10日間には、「精神的慰謝料を払え、婚約不履行だ」などと書いたメールを1089通も送信。同署は、ストーカー規制法違反容疑で捜査したが、三好さんが6月、「メールが来なくなったので静観したい」との上申書を出したため、打ち切っていた。同署幹部は、4~10月にアパート周辺のパトロールを146回行っていたとしている。


元交際相手を刺殺、自殺容疑者は窓から侵入か

2012年11月8日(木)07:36 読売新聞

神奈川県逗子市のアパートで6日、元私立学校非常勤講師小堤英統容疑者(40)(東京都世田谷区)が元交際相手の同市小坪、デザイナー三好梨絵さん(33)を殺害して自殺した事件で、小堤容疑者が無施錠の部屋の窓から土足で侵入し、三好さんを襲ったとみられることが7日、県警への取材でわかった。

三好さんの体には多数の刺し傷や切り傷があり、県警は小堤容疑者が強い殺意を抱いていたとみている。

司法解剖の結果、三好さんの死因は首などを刺されたことによる失血死と判明した。県警幹部によると、小堤容疑者は、無施錠だった1階リビングの窓から土足で侵入。三好さんを襲った可能性が高いという。

また、小堤容疑者はメールやインターネットの掲示板などで三好さんの居場所を 執拗に捜し、元勤務先にもメールを送って住所を聞き出そうとしていた。三好さんに相談を受けた逗子署は、携帯電話の番号とメールアドレスを変更するよう求めたが、三好さんは「仕事に支障が出る」と断ったという。

県警は、三好さんに緊急用の通報装置を渡してアパート周辺に防犯カメラを設置。今年4~10月にパトロールを計146回行ったという。「できる限りの措置をしてきたが、捜査を通じて今回の結果が生じた経緯を確認したい」としている。県警は、小堤容疑者が三好さん宅を特定した経緯を調べるため、8日にも小堤容疑者の自宅を捜索する方針。


逗子女性殺害、ストーカー元交際相手宅を捜索

2012年11月8日(木)15:04 読売新聞

神奈川県逗子市のアパートで6日、デザイナー三好梨絵さん(33)が殺害された事件で、県警は8日午前、殺人容疑で、自殺した元交際相手の元私立学校非常勤講師 小堤英統容疑者(40)(東京都世田谷区)宅の捜索を始めた。

県警によると、小堤容疑者の嫌がらせ行為は、今年3月下旬から約20日間に1089通のメールが送りつけられて以降、事件が起きるまで確認されていない。県警はこの間にストーカー行為がなかったかどうかや、三好さん宅を特定した経緯などを調べる。

県警幹部によると、三好さんは小堤容疑者からの嫌がらせについて、別れた後の2006年頃に警視庁に1回相談していたという。

県警には3回相談。最初は10年12月9日で、逗子署が小堤容疑者の家族を通じ注意したところ、自殺を図って入院し、メールは止まった。小堤容疑者の母親(68)によると、小堤容疑者はこの頃、三好さんの結婚を知ったという。


つきまとい6年、殺害防げず 逗子の被害者、4回相談

2012年11月8日(木)16:12 朝日新聞

神奈川県逗子市で女性が元交際相手の男に刺殺された事件で、女性は事件前に計4回、男のつきまとい行為を警察に相談していたことがわかった。男は6年にわたり執拗(しつよう)にメールを送る行為を繰り返していたが、事件当日、突然、女性宅に現れていた。県警は男が女性の住所を割り出した経緯を調べるとともに、捜査の過程についても検証する。

逗子署によると、殺害された三好梨絵さん(33)が元教員の小堤英統(こづつみひでと)容疑者(40)と別れた2006年ごろから、小堤容疑者からのメールが頻繁に届き始めた。当時住んでいた東京都内の最寄りの警察署に相談すると、メールが途絶えたという。

 三好さんが再び小堤容疑者のメールに悩むようになったのは、別の男性と結婚して逗子市に移り住んだ後の10年12月。相談を受けた逗子署は小堤容疑者の家族を通じて注意し、この時もメールは収まった。


逗子ストーカー殺人 規制法「盲点」浮き彫り メール1000件超でも対象外

2012年11月9日(金)08:05 産経新聞

神奈川県逗子市小坪の集合住宅で、男が元交際相手の女性を殺害後に自殺した事件で、男は3月下旬~4月上旬、1千件を超える嫌がらせメールを女性に送信していたものの、県警はストーカー規制法違反で立件できないと判断していた。同法は電話やファクス、つきまといなどによるしつこい行為を禁じているが、メールについては対象外で、法の"盲点"が浮き彫りとなった格好だ。

県警逗子署によると、事件は6日午後に発生。フリーデザイナーの三好梨絵さん(33)が住む集合住宅に、東京都世田谷区等々力の元教員、小堤英統(ひでと)容疑者(40)が無施錠の窓から侵入して刺殺後、首をつって自殺した。現場には血の付いた刃物が落ちており、同署は容疑者死亡のまま殺人容疑で小堤容疑者を書類送検する方針だ。

2人は平成16年ごろから交際。2年ほどで別れた後、三好さんに嫌がらせメールが届くようになった。昨年4月に「刺し殺す」などと脅すメールが送りつけられ、三好さんから相談を受けた同署は緊急通報装置を貸し出し、6月に脅迫容疑で小堤容疑者を逮捕。7月にはストーカー規制法に基づく警告を出し、9月には監視カメラを設置した。

しかし、今年3月下旬から4月上旬に再び、計1089通に上る嫌がらせメールが送りつけられたため、三好さんが同署に相談。メールには「結婚を約束したのに別の男と結婚した。契約不履行で慰謝料を払え」などと書かれていたが、脅迫的な文言もなく、県警は立件を見送っていた。

4月上旬以降はメールが届かなくなり、同署は三好さんから「静観したい」との申し出を受けたが、自宅周辺で頻繁にパトロールを実施。7月に再確認した際にも、三好さんは「メールが来てないので大丈夫」と話していたという。

三好さんは計4回警察に相談していたが、県警は「法律に基づいて、できる限りの対応はした」と強調した上で、三好さんが殺害された結果を重視し、対応の在り方について協議。一方で「法律ができたのが12年でメールへの想定が甘く、法律が時代に合わなくなってきたのかもしれない」と指摘している。

 県警は8日、世田谷区の小堤容疑者の自宅を家宅捜索し、ストーカー行為の詳細や三好さん宅の住所を特定した経緯を調べている。

 ■警察庁「大きな検討課題」 県警立件できず

平成12年に施行されたストーカー規制法は、拒む相手に連続して電話やファクスすることを禁じている。しかし、嫌がらせを目的とした連続したメールの規制はなく、警察庁の片桐裕長官は8日の会見で、「連続メールは(現行法の)規制の対象外。今後、法律にどう位置づけるか、大きな検討課題」と、法改正にも言及した。

同法では、自宅や職場などでのつきまといや待ち伏せ、面会・交際の要求のほかに、連続した電話、ファクスなどをストーカー行為として規制している。しかし、同法施行時はまだメールが広く普及しておらず連続メールを禁じる規定はなく、この点は死角となっていた。

メールであっても、文面に交際や面会などの「義務のない要求」や「乱暴な言動」などがあれば、ストーカー行為にあたるとして規制対象となる。

しかし、神奈川県逗子市の事件のように「慰謝料を払え」などの文面は規制対象外で、摘発できないという。

警察庁によると、平成23年の全国のストーカー行為の認知件数は1万4618件で、警告は1288件、同法違反容疑での摘発は205件だった。

【用語解説】ストーカー規制法

恋愛感情のもつれなどから相手につきまとうなどのストーカー行為に、警告や罰則などの規定を設けた法律。罰則は6カ月以下の懲役または50万円以下の罰金。行為そのものをやめさせたい場合には被害者の申し出で警察が警告したり、都道府県公安委員会が禁止命令を出す。禁止命令違反は1年以下の懲役または100万円以下の罰金と規定されている。


「住所、男に言わないで」逗子刺殺、署に女性が要望

2012年11月10日(土)07:31 朝日新聞

神奈川県逗子市で女性が元交際相手の男に刺殺された事件で、逗子署が昨年6月に脅迫容疑で男を逮捕する前に、女性から「結婚後の姓や住所は言わないでほしい」と要望されていたことがわかった。しかし、逮捕後に逮捕状の関連資料を読み上げる際、署員は女性の名字や住所を男に告げていた。県警は対応が適切だったか調べる方針だ。

同署によると、元教員の小堤英統(こづつみひでと)容疑者(40)=東京都世田谷区等々力5丁目=が今月6日、逗子市小坪6丁目のフリーデザイナー三好梨絵さん(33)宅に侵入。三好さんを刺殺し、自殺したとみられる。

三好さんは小堤容疑者と別れた約2年後の2008年に結婚して姓が変わり、逗子市に転居したが、小堤容疑者には隠していた。昨年4月、小堤容疑者から「刺し殺す」などと書かれたメールが届いたとして同署に相談。その際、「仮に逮捕する場合でも、名前や住所は言わないでほしい」と要望した。


逗子ストーカー殺人 逮捕状読み上げ、住所など漏れる 神奈川県警

2012年11月10日(土)08:05 産経新聞

神奈川県警逗子署が昨年6月、小堤英統容疑者を脅迫容疑で逮捕した際、逮捕状に記載された三好梨絵さんの結婚後の名字や転居先の市名などを読み上げていたことが9日、分かった。

県警などによると、三好さんは平成20年、別の男性と結婚し逗子市内に転居。県警は昨年6月1日、三好さんに対する脅迫容疑で小堤容疑者を逮捕した際、結婚後の名字などを読み上げた。同6日には、三好さんの夫から「(小堤容疑者が)すでに妻の名前を知っていると検察の事務官から聞いた」などと連絡があった。

小早川明子さんによると、三好さんは「警察が新しい姓を伝えてしまった」と憤っていたという。

小堤容疑者は三好さんの住所を探るため、昨年秋から三好さんの以前の勤務先に身内を装って電話したほか、インターネット掲示板に三好さんの夫の名前を挙げ「昔、お世話になった方を捜しています。詳しい住所が分かりません。ご存じの方がいらっしゃったらmailで連絡して下さい」などと書き込んでいた。


逗子ストーカー殺人 執行猶予中に大量メール...「警察動いてくれない」

2012年11月10日(土)08:05 産経新聞

神奈川県逗子市で元教員の男が元交際相手でデザイナーの三好梨絵さん(33)を刺殺後に自殺した事件で、三好さんが男から大量のメールを送られた際、女性カウンセラーに「警察が動いてくれない」と不安を何度も訴えていたことが9日、カウンセラーへの取材で分かった。

三好さんから相談を受けていたのは、ストーカー被害者らを支援しているNPO法人「ヒューマニティ」の小早川明子理事長。三好さんから初めて連絡があったのは、三好さんに脅迫メールを送ったとして県警逗子署が脅迫容疑で小堤英統(こづつみ・ひでと)容疑者(40)を逮捕した直後の昨年6月だった。三好さんは「(小堤容疑者が)起訴されるかどうかが心配」などと悩んでいたといい、小早川さんは、起訴されるように捜査当局に継続して訴えることや、起訴されなかった場合の対応をアドバイスした。

小堤容疑者は同署からストーカー規制法に基づいて警告を受け、脅迫罪で起訴され、同9月に懲役1年、執行猶予3年の有罪判決を受けた。しかし、今年3月以降、三好さんに大量のメールを送りつけてきたため、小早川さんに「どうすればいいのか分からない」と相談。執行猶予中の行為だったこともあり、小早川さんは三好さんに再度、警察に行くように助言した。

三好さんはその後、小早川さんに再度電話し、「警察に相談しても、ストーカー規制法に当たらないといわれ、動いてくれない」と不安を打ち明けたという。

小早川さんは「ストーカー行為をしている男から1日に何通ものメールが送られてきたら、不安になるのは当然。執行猶予中の行為でもあり、法律に触れないので何もできなかったという警察の対応には問題があると言わざるを得ない」と話した。

△TOP

付録:三好梨絵(大箸テコ)さんの痕跡

被害者の三好梨絵さんは「大箸テコ」の名前で、フリーデザイナーとして活動していた。H24年2012年11月06日に刺殺される僅か四ヶ月前の2012年7月に都内で開催されたイベントでプチ講話と称して「新しいサイトの立ち上げ」について語っている。以下その告知である

未来市場創造会イベント情報

子供たちに残したい世界を生み出す市場を作るためのイベント

未来トルソCafe第8回「スキまな」主宰大箸テコさん&コミュニケーション・カフェ代表笠井成樹さん
<未来トルソCafe第8回のご案内>
プチ講話 「スキまな」主宰大箸テコさん&コミュニケーション・カフェG M Cafe(仮)代表 笠井成樹さん
未来市場創造を、
京橋の実験スペース「kyobashiTORSO」で語り合う
月に一度のCafe「未来トルソCafe」の第8回開催のお知らせです。
アルコールとおつまみを肴に、参加者同士楽しくお話ししましょう。
ひとりで来ても良いけど、
未来市場創造会をまだ知らないお友達を誘うのももちろん素敵。
仲間を増やしていろんなプロジェクトを実現させましょう。
今回のプチ講話はおふたりのかたに語っていただきます。
まずひとりめはワークショップを紹介するサイト「スキまな」を
オープンする主宰者大箸テコさん。
大箸さんは未来市場創造会を立ち上げの時から関わっていただいてます。
今回新しいWebサイトを立ち上げると言うことで、
その概要について語っていただきます。
ふたりめはコミュニケーション・カフェG M Cafe(仮)を立ち上げる
Webデザイナーの笠井成樹さんです。
いままでにないコミュニケーションCafeとはいったいどういうものなのか、
それを語ってもらいつつ、なぜそのcafeを立ち上げるのか、
その理由となっている現代社会について語っていただきます。
プチ講話の後にはみなさんに「スキまな」や
コミュニケーション・カフェを使ってどんなことができるのかとか、
それが必要とされる現代社会について
ビールを飲みながら語り合っていただきたいと思います。
未来トルソCafeでは、こんなことが起こります。
◇未来市場を実際に創造していく本気のビジネスパートナーとつながる
◇あなたと同じ問題意識や未来の展望を持つ人と仲間になる
◇かつて出会った(けどそのままになっていた)あの人との再会
また、せっかくお忙しい皆さまにお越しいただくので、
これまでの講義の「その後」や
これから開催予定の講義の「予告」などの役立つお話も用意します。
ゲスト講師にきっちり講演していただく
「未来市場創造会×kyobashi TORSO」と同時並行で、
「未来トルソCafe」を定期開催し、
人と人の化学反応を誘発して行くつもりです。
もちろん、最終目的は
【「未来市場」を創造し、ビジネスとして実現させていく】こと。
それでは、未来トルソCafeでお会いできますことを
楽しみにしております!
____________________________
未来トルソCafe 第8回
日時  2012年7月19日(木) 開会19:00 閉会21:30
場所  kyobashiTORSO
     http://www.design-inc.co.jp/access/index.html
     東京都中央区京橋3-3-11京橋サウス2階
     株式会社ディー・サイン内
参加費 2,000円(軽い飲み物・おつまみ代を含みます)
<ざっくりプログラム>
 19:00 スタート
 19:20 プチ講話開始
 20:15 プチ講話終了~楽しい懇親会
 21:30 クローズ
■この未来トルソCafeへの参加は【要予約】です■
お申込 http://www.tokyoworkshop.com/modules/eguide/event.php?eid=20
(お名前とメールアドレスを入力するだけでお申し込みできます。)
お問い合わせ 未来市場創造会事務局 info@futuremarketcreation.com
HP   http://www.futuremarketcreation.com/

△TOP

Copyright (C) LACAN MENTAL SCIENCE Lab. All rights reserved.
Powered by Movable Type 4.21-ja